スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

無題

 私が「NP氏の本棚」を開設して8年ほど経ちますが、記事のタイトルに「無題」とつけたのはこれが最初です。

ミリオンライブ

 いま手元に近々公開しようと思っていた記事の草稿があります。コンセプトは「ミリオンライブゲーム内の徳川まつりのテキスト」と、「ミリオンライブ・シアターデイズ内の徳川まつりのテキスト」を比較検討し、ふたつのゲームのテキスト描写の違いや共通項を探ることで、ミリオンまつりとミリシタまつりの「橋渡し」になるような記事を書く、というものでした。

 しかしながら、この記事の執筆はしばらく保留することになるだろうかと思います。


 このブログをよく訪れてくださる方であれば、おそらくはすでにお聞き及びと思いますが、今日10月30日にGREEのソーシャルゲーム「アイドルマスターミリオンライブ」より、将来的なサービスの終了が告知されました。

更新停止に関するおしらせ 

 一報を聞いた時に感じたのは、いつか訪れる現実についに向き合わなければならない時が来たのか…… という想いと、ずしりと胃の腑に来る重い感覚でした。自分としてはこれまでのミリオンライブに関わる諸活動の中で、いずれ「その時」が来るまでに尽せる限りのことは尽くしたいと思って動いてきたつもりですが、そうは言っても、やはりまだ「その時」は来て欲しくなかったというのが本音です。いつの間にか、日常の中にミリオンライブがあることが当たり前になっていたと言えるかもしれません。


 アイドルマスターという作品にはそこそこ昔から関わってきたとは思いますが、どちらかというと私は長年アイマス二次創作の愛好家寄りという立ち位置にいたので、本格的に公式の動きを追うきっかけになったのはミリオンライブのおかげであると考えています。

 いや、それ以上に「徳川まつり」というキャラクターに出会ったことが私にとっては大きな転機でした。NovelsM@sterの紹介ブログとして方向性を確立したこの「NP氏の本棚」が、ある時を境にまつりの考察記事を主流とする内容に変わったという一事をもってしても、その影響の大きさは計り知れなかったと思います。
 徳川まつり考察などを起点に、今まで接点の無かった素敵な方達とのご縁が生まれましたし、いろいろ勉強させてもらえる機会も得ることが出来たのは、本当にありがたいことでした。

 ミリオンライブはそういう意味でも、自分にとってアイドルマスター第二の出発点と言える存在だったと思います。


 今後ですが、私が深い思い入れを寄せるGREEミリオンライブが終了するという現実に直面した以上、私なりに出来る限りを尽くして何らかの記録を残していきたいなと考えています。
 特に、せっかくブログというアーカイブ性の高い媒体を扱える以上、GREEミリオンライブにおける徳川まつりの軌跡を、よくよく後世に残すようなことが出来ないかと構想しています。ゲーム本編のテキストデータなどが公式サイドでアーカイブ化されるのが理想ですが、ゲームに触れて得られた「生の感情」などはユーザーサイドで記録を残していくのも大事だと思いますし。

 シアターデイズは健在なので、総体としての『アイドルマスター・ミリオンライブ』の世界が存続するという点は大事にしていきたいと思いますが、それはそれとしても自分なりのやり方でミリオンライブのことを語りたいと考えてます。

*** *** ***

 今日の記事はまったく事前構想などなく、文章を書いていれば具体的な次の行動を起こせる程度には考えがまとまるだろうという気持ちで書き始めたものとなります。この記事のタイトルが「無題」なのも、書き始めた時点での自分の気持ちをひとまとめにする言葉が思いつかないので、というのが理由でした。

 記事を書き終えて、かなり気持ちも整理されたので、今後はまた自分の成すべきことをやっていきたいと思います。
 
 
.30 2017 アイドルマスター comment0 trackback0

Walking in the Rain ~ISF04とロコ展を訪れて~

 台風の接近により雨足の強い一日でしたが、蒲田で行われたミリオンライブの同人即売会イベント「ISF04(同日開催:CSF・インマス)」と、東京アートラボにて開催されていた「ロコ展」を見に行って来ました。



 ISFには第1回目から欠かさず参加していますが、運営サイドの方々のオペレーションが優れていることで信頼が厚く、年々盛況ぶりに拍車がかかっている印象です。ミリオンライブ関連の二次創作発表の場としてはかなりの存在感を示していると思いますし、モチベーションの高い参加者がどんどん参入することで、出展される作品も充実していっているように感じます。

 次回のISF05は「2018年6月17日」横浜での開催とのことです。

*** *** ***



 ロコ展とは、2015年にミリオンライブ内の伴田路子バースデーコミュで言及された「ロコの個展の開催」を、現実のアートホールを借りて実現しようという有志の方達による企画です。
 企画サイドの方たちが映像で会場の様子を残してくださっているので、百聞は一見に如かず、どんな企画であったかはこちらを見ていただくのがベストでしょう。リフトダウン式の入り口が、とても非日常的な体験でした。



 実際にロコが個展を開いた、という体裁で運営されたイベントであり、「空間そのもので二次創作を行う」という、画期的なコンセプトの企画ではなかったかと思います。

 ロコ展の場所はJR蒲田駅の近くであり、京急蒲田駅近くで開催されたISFの会場からは少し歩きましたが、同日同時間帯に開催されたことで理想的なシナジーを生み出したのではないでしょうか。

*** *** ***

ISF04入手作品

 さて、それではISFで入手した作品の感想などを取り急ぎまとめておきたいと思います。
 小説本系は読み終えるのに少し時間をいただきたいと思いますので、今回は先にコミックス系の作品の感想を書いていければと思います。
 折り畳み先よりご覧ください。
.29 2017 アイドルマスター comment0 trackback0

シアターデイズの七日間 ~ミリシタ雑感を簡単に~

 ミリオンライブ・シアターデイズがリリースされて早くも一週間。
みなさま、素敵な劇場の日々を楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

 
『Brand New Theater!』MV

 今まで活動してきたミリオンライブP達も、新しくミリシタから入ってきた方たちも、みな作品を心から楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきて、私も大変嬉しい気持ちになります。2人の新アイドル達も順調に浸透してきているようで、安心する限りです。

 このブログにも、ミリシタの稼働翌日辺りから訪問者数が増えており、どうも「徳川まつり」さんで検索してこられた方が何人もいらっしゃるようでした。過去の自分の記事が、これからまつりを知る人のお役に立てるならば、まさにまつりP冥利に尽きるの一言です。


 さて、当初の予定ではミリシタを始めてしばらくしたら、新アプリで描かれる徳川まつりさんの記事を書くつもりだったのですが、肝心のまつりが未だに入手できないという状態なので、本格的に何かを形にするのは先のことになりそうです。
 もっとも、まつりがまだ来なくとも、ミリシタで描かれるシアターの世界観が本当に心地よく、いろんな子達のパーソナリティに触れることが楽しくて仕方ないので、思ったより焦りはないですね。


 過去に私が書いたまつりの記事は、ブログ内タグの「徳川まつり」で探していただければ、いろいろ出てくると思いますので、よろしければご覧ください。
 ミリシタ時代になっても、やることはブレず変わらず情報を発信し続けていければと思うので、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします。

 追記(7/6):この記事を書いた直後に、Nまつりカードがドロップしました。(ブログを)書けば担当が出る…?

.05 2017 アイドルマスター comment0 trackback0

ミリオンライブ創作の世界で描かれる物語 ~ISF03の感想を添えて~

5月20日に蒲田で開催された同人誌即売会・ISF03に参加してきました。

★IDOL STAR FESTIV@L HP(http://idolstarfes.com/)

 当日の東京は非常に暑かった上に、ISF会場内もかなりの混雑でしたので、参加された皆様も大変だったかと思います。本当にお疲れ様でした。

 アイマス関連の即売会にはこれまでも足を運んでいますが、その中でもISFは運営サイドの対応が非常に細やかという評判をよく耳にします。そういった良い雰囲気もあってか、第3回目となる今回のISFでぜひとも本を出したいという作家さんも増えていたのではないでしょうか。
 今回のISFでも非常に良質の作品が充実していて、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 それでは当日出会った作品の中より、6作品について感想を書いていきたいと思います。
.28 2017 アイドルマスター comment0 trackback0

ミリシタをはじめて徳川まつりに会おう! キャンペーン & ブログ8周年の記念に

 時が経つのは早いもので、今度の5月4日をもってこの「NP氏の本棚」は開設8周年を迎えます。

 ブログで取り上げる内容はさすがに変わってきたものの、自分の好きな物事を文章にして紹介できる場をこうして持ち続けることが出来たのは、とてもありがたいことです。当時、思い切ってブログを開いたこと、本当に良かったと思っています。

***

 さて本日、アイドルマスターミリオンライブの次期新作である、「ミリオンライブ・シアターデイズ」の新情報告知がありました。
 加えて、アプリへの事前登録もスタートということで、ここ数年ミリオンに専心して応援を続けてきた身としては、感無量の一言に尽きます。

 そんな新情報発表の熱に浮かされた勢いで、こんなポスター風のコラを作ってみました。



 タイトルは 「ミリシタをはじめて徳川まつりに会おう!」ということで、2007年のニコマスをご存知のかたはピンと来るかもしれませんが、こちらは2007年12月15日に蔵人Pを震源地としてブームになった「箱〇を買って●●に会おう」シリーズへのオマージュとなります。

箱○を買って如月千早に会おう

蔵人P

ニコニコ大百科:箱〇を買ってシリーズ(解説リンク)

 私はその当時ブームが起きるのをリアルタイムで見ていたのですが、いずれこの作品へのオマージュ的なものを作りたいとずっと考えていました。方向性は少し違いますが、10年越しの課題を提出できたかなと思います。

 今年はミリオンライブがいろいろ展開を広げてくれることが期待できる年なので、引き続き徳川まつりを始めとする、ミリオンの素敵な子たちの探求を続けていきたいものです。



.30 2017 徳川まつり comment0 trackback0

【2017年誕生祭・特集記事】徳川まつりの言ノ葉 ~まつり姫語録~

 あらためまして、本日2月4日はアイドルマスターミリオンライブ・徳川まつりの誕生日です。まさに、まつりPにとっての祝日と言えるでしょう。

5本のバラの花言葉

 さて、例年この日はまつりの特集記事をあげることで、一年のお祝いとするのが私の慣例なのですが、今年はどういう方向性の記事を書こうかと、ずいぶん前から試行錯誤していました。

 去年は「ミリオンファイブカード」と題し、まつりの魅力といえるところを、5つの要素にまとめて紹介するという方法を取りました。

 あれから一年経ち、ミリオンライブにおける徳川まつりの展開を追っていく中で、まつりの魅力が最も効果的に伝わるには、「原典たる公式ゲーム内のイラストやテキストに触れて感動する体験」に勝るものはないのではなかろうか、という考えに至りました。

 実際、私がまつりに注目した最初の理由は、1stライブでの諏訪彩花さんのパフォーマンスがきっかけではありましたが、本格的にまつりPになった原因は、その後のイベント「納涼!アイドル夏祭りin港町」でのセリフテキストの数々に惹かれたからでした。

 また2016年は、勤め先の会社内のアイマスPで集まって飲み会をしたり、LV会場で隣に座った人と話したりするといった交流の機会が多く、その大半はシンデレラガールズでの活動がメインの人たちでしたが、よくよく話を聞いてみるとミリオンのアイドル達にも「ぜんぜん詳しくはないが、曲とアイドルに興味がある」という人達が意外にいて、潜在的にミリオンの子達の魅力に触れるきっかけを待っている人は、思ったより多いのではないかと感じました。

 
 そこで今年のコンセプトは「徳川まつりの魅力に触れる上での一次資料である『公式セリフ群』」の中から、特に彼女の人となりを伝えるテキストを選び抜き、それをそのまま掲載することで、「まつりの言葉のエッセンスに直接触れることができる記事を作ること」、としました。
 合わせて、選んだセリフに私なりの「注釈」を入れることで、よりその言葉の背景に迫れるような試みをしています。


 膨大なセリフテキストの中から、ごく少数を選抜したので、歴戦のまつり担当Pの方には「私の好きなあのセリフが入っていないんだけど?!」と思う方も多いと思います。なので、そういった時はぜひともご自身のSNSで「私はお気に入りのセリフはこれです!」というメッセージをどんどん発信していっていただけたら幸いです。

 それでは、以下折り畳み先から本文をどうぞ。
 

.04 2017 徳川まつり comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(643)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(44)
  • ニコラスP(20)
  • 徳川まつり(27)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)
  • ミリオンライブ・アーカイブス(1)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。