【企画記事】 徳川まつりのロマン観 ~まつりの思想に触れる印象的なセリフ10選~

 さて、まずは私事で恐縮ですが、わたくし、本日9月12日に誕生日を迎えました。この一年間、またよろしくお願いします。

 いつも、この日は何らかの記念記事を残そうとしているので、今年はどういうテーマにしようかと考えたのですが、結論としては「自分自身が楽しめる徳川まつり記事を書こう!」という、極めて個人的な趣味に回帰してみることにしたので、ひとつ、ストックしていたネタの中から書いてみたいと思います。

***
【番外】ライブシアター徳川まつり

 これまで当ブログで何度も記事に取り上げている、アイドルマスターミリオンライブの徳川まつりさんですが、以前、彼女の誕生日をお祝いする記事として、まつりの魅力を「5つの要素」に分解して紹介するという企画を立てたことがありました(参照:【徳川まつり誕生祭2016】 ミリオン・ファイブカード!!)。

 この時の記事では内容を簡略化するため、「5つの要素」に採用しなかった項目がいくつかあるのですが、そのひとつが「徳川まつりのロマンティシズム」というテーマでした。

 まつりは普段、「ほ?」とか「はいほー!」という口癖と、「~なのです」で語尾を終える独特の「まつり姫言葉」でしゃべるのが印象的ですが、時折彼女の口から妙に詩的だったり、空想的な表現が飛び出すことがあります。

 この時のまつりは、キャラとしての「まつり姫」の面と、素の「徳川まつり」の面の、ちょうど中間のようなテンションで話していることが多く、その瞬間に彼女の「思想面の本音」を、我々に聞かせてくれるように思います。

***

 本日の記事は、そんな徳川まつりの発言の中でも、とりわけ「ロマンティックさを感じさせるセリフ(注・私の独断と偏見による判定)」をコレクションして悦に浸るとともに、その中に示された彼女の「思想」にも迫ってみようという企画です。

 徳川まつりというアイドルの魅力を知る上において、非常に有用なセリフの数々かと思うので、まつりPの方もそうでない方も、関心のある方はぜひ目を通してくださるとありがたく思います。

 以下、折り畳み先よりご覧ください。

 



①ライブバトル終了時
①表情アイコン

「お星さまが、勝利を授けてくれたのです! プロデューサーさんも、お星さまに感謝するのです。」

→ライブバトル勝利時のセリフのひとつ。ミリオンのゲーム中では、たまにアイドル達の「勝敗」についての考え方が言及されるのですが、まつりの場合はこのセリフに表れている通り、「勝つこと」に対しては前向きでありながらも、とても謙虚な姿勢を見せます。
 己の得た勝利におごり、手柄を吹聴することなく、勝ちへの感謝の気持ちを「お星さま」に向けて表現するというところに、彼女の人格の良さが表れていると感じるのですが、いかがでしょうか。


②SR 5本のバラの花言葉 徳川まつり カードセリフ
②5本のバラの花言葉 徳川まつり

「バラは、本数によって花言葉が変わるのです。5本のバラの花言葉は、「あなたに出会えて、心からうれしい」…私も、同じ気持ちだよ。」

→私を含め、多くのまつりP達を撃沈させたと思われる名セリフ。花言葉、といういかにもロマンティックなメッセージを合間に挟みつつ、プロデューサーに強い親愛の情を示してくれるセリフとなっています。まつりの素直な感情がわかるとともに、自分の気持ちに花を添えて贈るという、愛らしい行動が描かれたカードテキストです。


③SR 願いをこめて 徳川まつり カードセリフ
③願いをこめて 徳川まつり

「灯籠を流すと、姫の願いも海に届くような気がしますね、プロデューサーさん。 …ほ? 何を願う…ですか? …大切な仲間と、貴方の幸せ…かな。」

→カードの絵柄と相まって、いつもよりもセンチメンタルな印象を与えるセリフです。願い事を聞かれたときに、ナチュラルに仲間たちとプロデューサーへの想いを口にするという、他者への気遣いをみせるのが実にまつり「らしい」と思います。まつり自身のための願いも叶うと良いよね… と見る側も祈らずにはいられない言葉です。


④SR 麗しのスノークイーン 徳川まつり カードセリフ
④麗しのスノークイーン 徳川まつり

「ラストはしめやかに、心を込めて歌うのです、プロデューサーさん。大切なファンと、私の雪を温かく溶かしてくれる、優しいあなたのために…。」

→上記の「SR 願いをこめて」のセリフと通じるところがありますが、向こうが「夏」の情景であったのに対し、こちらは「冬」の情景であることから、また違ったセンチメンタリズムを感じさせてくれるセリフです。
 自らの雪を溶かしてくれる…という表現は、たぶん直に言われたら本当にドキッとするに違いないものだと思います。まつりの表現力が非常に優れていることを示した言葉ではないでしょうか。
 そしてこういったシチュエーションでも、きちんとファンの事にも目を向けているところが、彼女のアイドルとしての職業意識の表れだと感じられます。


⑤HR 砂浜とサングラス 徳川まつり  カードセリフ
⑤砂浜とサングラス 徳川まつり

「お日さまというスポットライトを浴びて、姫が海にさんじょー! なのです。 …海は、誰かの涙…。悲しみの数だけ、輝…ほ? ランチタイムなのです?」

→ここまでロマンティックなセリフを次々と披露してくれていたまつりですが、なんとこのカードでは喋っている途中でロマンキャンセルを食らうという、ちょっと面白いシチュエーションとなっています。シリアスだけでなく、こういうコミカルな状況にも溶け込めるのがまつりのキャラクター設計の上手いところだと思いますね。




 ここから後半戦です。

⑥SR ぱわほー!モニタージャック 徳川まつり カードセリフ
⑥ぱわほー!モニタージャック 徳川まつり

「ほ? 雪が降ってきました… ふわふわでキラキラなのです。神様も姫のことを応援しているのです。」

→ふわふわ、キラキラというのは、まつりの好む表現であり、彼女を理解する上で重要なキーワードです。何よりステージイベントの真っただ中に降り始めた雪に対して、「神様が自分の事を応援してくれている」とポジティブな解釈をするのは、まつりの感性の純粋さと、心根のやさしさが実によく表れていると思います。
 雪が降ってよろこぶのは子どもだけ、とも言われますが、まつりのような純粋な物の見方を、自分も忘れずずっと持っていたいものです。


⑦最高潮!メトロポリスライブ
⑦最高潮!メトロポリスライブ

「みんながいるから、姫達はキラキラになれるのです。誰もいなければ、夜と同じで真っ暗なのですよ。」

→①でまつりが勝利に対して非常に「謙虚」な態度をとっていることを話しましたが、このセリフもそれに準じるものと考えます。アイドルの輝きとは、それを認めてくれる人々がいなければ、あるいはそれを支えてくれる仲間や人がいなければ成立しえないと考え、周囲の人々を思いやる気持ちが示されたセリフであると私は思いました。
 まつりは外見的にはキャラが濃く、我を押し通すようなタイプにも見えますが、その言動の端々からは「共存共栄」の思想を感じさせるものが多く、そこに彼女の根本的なあり方が示されていると感じます。


⑧アイドル強化合宿 オフショットBEST2
⑧アイドル強化合宿 オフショットBEST2

「みんなの花火が川面に映って、お星さまが落ちてきたみたいなのです。ほら、一緒に手を伸ばせば、拾えるかもしれないのです。」

→合宿の一幕ですが、とてもロマンティックな情景描写です。「一緒に手を伸ばせば拾えるかもしれない」というまつりの誘い文句が、とても心憎いですね。まつりの繊細な感性が発揮された瞬間だと思います。
 こういったセリフがまつりの口から思いがけず飛び出してくるので、彼女のセリフを集めていると、いつも新鮮な魅力を発見できること間違いなしです。


⑨親愛度400セリフ(念のため反転)
⑨親愛度400セリフ

姫の心に咲くお花を、丁寧に手入れしてくれる方がいるのです。いつか姫…いえ、私もその方の心に花を咲かせます。 ね、プロデューサーさん。

→親愛度達成セリフのため、念のため反転させています。
 まつりのセリフの中でも、特に好きなもののひとつで、プロデューサーへの強い尊敬の念を見事にあらわしたセリフだと思います。「花」を例えの引き合いに出すところに、まつりの女性的な、あるいは少女的な物事の見方の美しさが感じられるのではないでしょうか。まつりの揺れ動く「姫」と「素」の表情が垣間見られるのもステキなセリフです。


⑩納涼!アイドル夏祭りin港町 BEST3
⑩納涼!アイドル夏祭りin港町 BEST3

「プロデューサーさん、人生とは何だと思いますか?…ほ? 重い荷物なんて持ちません。人生とは、まつりなのです。…一緒に楽しみましょう?」


→徳川家康の有名な遺訓へのオマージュがささげられた名セリフ。まつりならではの言葉ということが出来るでしょう。遺訓のニュアンスを引きつつも、まつり独自の見解が表現されており、彼女の人生観が端的に示されたものになっていると思います。

 ここまでの10のセリフの中でも、あるいは今回採用しきれなかったセリフの中でも、まつりはしばしば「一緒に」という言葉を使っています。また仲間や、周りの人達のことに言及する頻度も高いです。

 まつりは一見、一人で何でもできそうな万能キャラという風に見えますが、彼女自身は、物事の成功は多くの人間のサポートがあってこそ実現できるものだ、という思想を持っているように感じられます。私見ですが、まつりがこういった考えに至ったのは、自分の実力で出来ることと、その限界をわきまえているからではないかと考えています。
 自分ひとりの限界を把握出来ているからこそ、自らを支えてくれる「プロデューサー」という存在を頼りにし、尊敬してくれているのではないでしょうか。




 いかがでしたでしょうか。

 当初は自分の誕生日の楽しみ用に、まつりのロマンティックな表現のセリフを抜き出してにやにやしようというだけの内容だったのですが、そういったセリフを抜き出してみると、思いのほか彼女の思想面があらわれている言葉が多く見つかり、執筆途中で方向性を変えていくことになりました。
 
 今回の記事が、徳川まつりの、奥深い魅力を見つける手がかりになれば、この上なくうれしく思います。

 
関連記事
スポンサーサイト
.12 2016 徳川まつり comment2 trackback0

comment

zoome700
初コメント失礼します。Twitterの方も含めていつも楽しく拝見しております。そして誕生日おめでとうございます!

まつり姫には、どうもキャラと素の二面性という単純なものではなく、それらをブレンドしたような中間があるのではとぼんやり思っていましたが、たまに見せる詩的なまつり姫こそがその中間である、という考えには目を見張るものがありました。
まつり姫のことはどうしてもキャラと素の二項対立で考えてしまいがちですが、本当はまつり姫自身はそれほど二つを分けているつもりはないのかもしれません。素の時もキャラの時も、守られる側の姫的な要素と守る側の騎士的な要素を合わせ持っているのには変わりないと思いますし。

NPさんのように上手くまとめられませんが、とりあえずまつり姫の「あなた」呼びは素晴らしい、とそれだけは声高に言いたいですね…!
2016.09.12 01:35
NicholasP(NP)
>zoome700様
コメントいただきありがとうございます。また誕生祝いのお言葉もうれしく思います。「あなた」呼びは本当に素敵ですよね。


まつりの表情というものは非常に多面的で、それゆえ捉えどころのない不思議さが魅力ではないかと考えているのですが、今回、まつりのロマンティシズムを表現したセリフを集めていくうちに、姫と素の中間的な表情があるのではないかと気づきました。

まだまだ仮説段階ではありますが、同意してくださる方がいらっしゃると私としてもありがたく思います。


個人的には、目下のところ「まつりの成長」というテーマに関心があり、彼女の新しい可能性をさらに突き進めて研究していくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。
2016.09.12 13:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/992-0d780c41

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者