【NP氏の本棚】ブログ開設7周年の御礼。

 本日、2016年5月4日をもって、当ブログ「NP氏の本棚」は開設7周年を迎えました。3月末には総来訪者10万人を超え、長年のご愛顧をいただいておりますことに、改めて感謝を申し上げます。

 本当にありがとうございました。

 さて、Twitterを開設して以降、案の定ブログの更新頻度がさらに下がってしまったのは申し訳ないのですが、実際のところ記事になり得るネタがツイートの方で消費される状態になってしまっているので、この点は今後何とか改善していきたい点ではあります。


 また私の活動の中心が「Novelsm@ster紹介」から「ミリオンライブの徳川まつり紹介」に完全に移ってきてしまっていることも自覚はしているのですが、あくまでも自分の原点はノベマス紹介だと思っているので、ノベマスの紹介自体をやめるというようなことは、今のところ考えていません。




 もともと私は2007年の5月の連休ごろに、ニコニコ動画でみたアイドルマスターのPVがきっかけでこの世界に入り、その後もエスカレートするアイマス熱の高まりによって、その年の12月に「ニコラスP」名義でPVPデビューしてしまった、というのが経歴の始まりです。

 ただ処女作以降、一本一本の動画作品を「作り続ける」という行為自体が半年ほどで苦痛になってしまい、2008年にはアイマスそのものから完全に離れていた時期もありました。

 しかしそのころでも、自分の作品を紹介してくださった当時のニコマスブロガーの方への感謝の気持ちは強く持ち続けていて、2009年に入りふたたびアイマスへのモチベーションが復活してきた際、「かつて自分の受けた恩恵を後々の世にまでフィードバックしたい」という気持ちから、今後は製作者ではなく、アイマスに関わる製作者の方達を支援できるような立ち位置で関わりたいと考え、この紹介ブログ「NP氏の本棚」を創設しました。

 一方で、PV作品については、どうしても「製作者の目線」で見る癖が抜けず、作品の粗探しをするようになってしまい、もはや純粋に「ファン目線」で見ることが出来なくなってしまったことから、紹介のターゲットを製作歴のない「ノベマス(あるいは広義のテキスト系アイマス二次創作)」に絞り、「製作者の目線と、見る専の目線を両立し、その橋渡しとなれるようなブログ」を志向することとしました。
 もともと物語を読むことは好きでしたから、最終的にこの立ち位置が一番自分には合っていたように思います。


 ブログタイトルを「ニコラスPの本棚」ではなく「NP氏の本棚」とし、半年ほど本来のP名を伏せていたのは、いったんPVP時代の経歴をリセットし、ブロガーとして再出発するとともに、「わかる人が見れば正体がわかる」程度のニュアンスを残しておくという目的がありました。

 ニコラスPとしての略称を「NP氏」としたのは、語感を整えるとともに、「話しかければニコマスの有益な情報を提供する『NPC(non player character)』」という意味合いとかけて、基本的に「裏方」としてサポートに徹するという意味で付けたものです。

 「本棚」というのは、字義通り「ノベマスを蒐集する保管庫」という意味合いを主に表したもので、今採用しているブログテンプレートを探し出してから、ようやくブログ全体の体裁が整いました。

 当時の私はいろいろ考え過ぎてた感がありますが、個人的には自分のやりたいことを端的に込めることが出来たと思っているので、このブログ名はとても気に入っています。




 さてさて、今になって冷静に考えると、このブログの創設の経緯や、ブログタイトルの由来をきちんと言葉にしたのは、今回が初めてのような気がします。

 今日、ノベマス紹介自体の頻度は下がりましたが、相対的にミリオンライブの二次創作イラストや、同人誌作品の紹介・感想記事は増えているため、その辺りにブログ創設時の目的がいくらか引き継がれているものと自分では考えていますが、どうでしょうか。

 また「自分自身が心から感激したもののみを記事として扱う」という姿勢は、開設以来貫くことが出来ていると思っているので、その点についてもぶれずに続けていければと考えています。


 その昔、私の剣術の師匠から、「この修業を、まずは十年続けてみろ」という言葉をいただいたことがありました。その剣術の方はブログ歴より先に10年を超えましたが、確かにまとまった年数の経験を得ることで、色々なことが目に見えるようになり、大変よい勉強となりました。

 このブログも、自分としては「最低10年続けていく活動」として始めたものでもありますから、少なくとも2019年の今日を迎えるまでは、この場にあり続けたいと思います。

 今後とも、私自身が納得の出来る記事を厳選して世に出していけたらと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。


2016年5月4日 ニコラスP
 



追伸

 先日のBMDイベントですが、無事に徳川まつりで14位に入賞できました。ご支援いただきました皆様、本当にありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト
.04 2016 ニコラスP comment2 trackback0

comment

Vinegar56%
遅ればせながら、ブログ開設7周年、おめでとうございます!

昨年は、ノベマス対談にお声を掛けていただいたことを始め、ひとかたならぬお世話になり、貴重な体験をさせていただきました。あらためて御礼申上げます。

ブログ名の由来、創設の経緯、興味深く読ませていただきました。ブログ名というのも、単純なようでいて、書き手としての自分をどう定義するか、に直結するものですから、名付ける側としてはいろいろな思いがこもるものですよね。自分が楽しんでいるブログの書き手は、どういう経緯、どんな考えでもってこの言葉を選んで自分の名前としたのだろう、と思いをめぐらすのもまた、ブログと出会い、ブログを読む時のひとつの楽しみかと思います。

ノベマスを語るためにスタートしたブログでありながら近頃はどちらかというと別のことを、というのは私の場合、まったく他人事ではありませんが(笑)、ノベマスブログに限らず、興味・情熱の移り変わり、それに伴う活動の変質、というのはどこにでも、だれにでも起こる現象でもあります。

そこで、今この瞬間に楽しいと思えること、夢中になれることを書いているんだからそれでいいじゃないか、と思う気持ちがある一方で、自分は初志から曲がっているのではないか、やるべきことを出来ていないのではないか、という負い目、ひっかかりのようなものが、私の内にはありますし、NPさんの内にもあるのではないか、と勝手に想像します。

義務感、責任感だけで何かをやろうとしたところで、楽しくなくて窮屈になるばかりで、第一とても続くものではありません。けれども一方で、そういう自分自身に対する負い目、疑問のようなものをまったく感じなくなって、ただ自分はいま楽しい、自分はこれでいい、と思うだけで生きていくのもまた、さびしいことなんだろうと思うのです。

自分自身の内にある疑問、矛盾を片耳で聞きながら、いま自分が本当にやりたいこと、すべきだと思うことを見定めて紡いでいく。それは、興奮と勢いだけでは持たない、長く続けてきて、長く続いていく活動だからこそのあり方であり、楽しみなのでしょう。10年目を目指して、これからNPさんがどんな "好き" を、どんな "やりたい" を描かれていくのか、いち読者として楽しみにしております。

2016.05.08 16:42
NicholasP(NP)
Vinegar56%様

 熱いお祝いコメントいただき、ありがとうございます! こちらこそ、昨年はノベマス語りの企画にご賛同いただき、ありがとうございました。
 Vinegar56%さんにご協力をいただいたおかげで、昨年は大変有意義なブログ活動が出来たと思っています。

 ブログ名についてはこれまで明確に語ることはしていなかったのですが、何となく今回は語ってみたいなという気持ちになった感じです。ブログタイトルに色々な意味を含ませているという点では、Vinegar56%さんもまたそうなのではないかと思いますが(意味深)、やはり自分の言論の分身たるブログのタイトルというのは、如実にその人の考え方なり、志向なりを示すものだと思います。
 この「NP氏の本棚」というブログタイトルは、割と直感的にワードとして思いついたのですが、すぐにその思い付きを補強する要素が見えてきて、「これしかないな」と思って確定したタイトルです。色んな意味で、自分のやりたい内容を最も端的に表せたんじゃないかなと思っています。

***

 かつて私がブログを開設するにあたって、最も気を付けたことは「文章製作をマラソンと見立て、連載するにあたってはペース配分に気を付ける」というものでした。
 これは私が最も尊敬する推理小説作家の高木彬光氏が、雑誌インタビューで新人作家に宛てたコメントとしてそのようなアドバイスをしているのですが、本人の言葉通り、脳梗塞などの大病を経てなお74歳で亡くなる直前まで作家活動を続けた方なので、その教えにあやかろうと思ったわけです。

 私の場合「創作の義務感にかられて」何かを生み出し続ける、というのは、すぐに息切れするということを動画制作時代に経験していたので、ブログ連載においてはどの記事も「全力疾走はせず、ほどほど」のところで切り上げるというスタンスを徹底しました。開設当時、すでに様々なニコマスブログが熱量の多い記事を書く一方で、短期間の活動で終わってしまうケースをたくさん目にしていたので、ペース配分だけは絶対厳守して、ブログ連載そのものを継続させることを最優先した形です。
 今にして思うと、そのスタンスを最初期に構築していたからこそ、現在まで連載を続けられたのかなと感じます。もし動画制作より先にブログを開設していたら、もっと短期で活動を終えていた可能性が高いです。

***

 やはり7年も経つと自分の興味関心も移り変わっていくものですが、「ジャンルに固執しない」「興味関心を幅広く持つ」「そのうえで自分の専門領域を堅固な基盤にする」といったことも高木彬光から教わったことなので、私の場合はベースをノベマス紹介に置きつつ、自分自身がその時に本心から好きだと思える内容を記事にすることに、違和感なく集中出来た感じです。
 特に、徳川まつりが好きになってから、研究することの楽しさに気付けたり、ブログで記事を書くこと自体がさらに面白くなってきました。

 なので、今後も今の姿勢のまま、特に変わらず(主として追いかける物は変わるかもしれませんが)、柔軟な思想で続けていく、ということが出来れば私は万々歳かと思っています。

 どうぞ、これからも末永くお付き合いいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

2016.05.09 23:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/985-09c70657

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者