スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【総来訪者10万御礼】書を見つけに町へ出よう

 2016年3月28日に当ブログ「NP氏の本棚」は、総来訪者数10万に到達しました。

 2009年5月の開設から、まもなく7年が経とうとしていますが、これほど長い期間、記事を書いてこられたことは自分でも驚きですし、また見に来てくださった方々のおかげで続けてこられたことをありがたく思います。

 このブログ開設時の主旨は、単にノベマスの紹介ブログにとどまるというものではなく、広い意味で自分が見つけた「素晴らしいと思えるもの」をコレクションし、整理して収めておく場所にしたいというものでした。だからこそ、ブログタイトルに「本棚」という言葉を銘打ったわけです。

 そういう意味では、私のブログでの立ち振る舞いは今も昔も変わっていないつもりなので、よろしければ、これからも末永くお付き合いただけたら嬉しく思います。




 ふらりと立ち寄ったお店で探してたものが見つかった喜びというのは、筆舌に尽くしがたいというお話し。
 

まつり同人三冊


 先日、とある中古同人誌の取り扱い店に立ち寄ったのですが、偶然にも探していた貴重な本(徳川まつり本)が手に入りました。

 いずれも過去1~2年以内くらいに発行された作品ですが、同人誌の流通の形態上、1回でもイベントでの入手を逃すと、後日委託されるもの以外は手に入りにくくなるのが世の常です。特にミリオンライブに関しては、私が本格的にのめり込むまでに時間がかかったため、過去に発行された名作の存在を知ることが出来ても、手元に置くことが出来ないという悔しさを抱えていました。

 そんな中、こうして探していた本がまとめて見つかったことを、本当に嬉しく思います。

 もともと私が学生の時分、都内の古書店を渉猟して貴重書を見つけるのを趣味にしていた人間なので、お店に出向いて「幻の名作」みたいな本を見つける喜びは、何よりも代えがたいことです。



 せっかくなので、感想を執筆がてら、各作品の紹介など。

①恋した彼女は姫にあらず (話:ヒロマさん、絵:四隅さん、発行日:2013年12月)
DSC_0086.jpg

 徳川まつりPコミュニティにおいて、「バイブル」との呼び名も高い作品です。以前から本書の存在自体は知っていたのですが、私がミリオンライブに傾倒するよりも前に発行された作品のため、今日まで入手の機会に巡り会えませんでした。

 表紙を見ていただけたらわかる通り、非常にイラストのクオリティが高く、しかも2013年12月という時点で、これほど深く「徳川まつり」を掘り下げた作品が存在していたことに驚嘆しました。

 2013年当時、まつりの「素の表情」は親愛度セリフなどで浸透しつつあったようですが、広くミリオン界隈に認知されるようになったきっかけは、2013年10月末の「開催!アイドル学園文化祭」で「SR祭りのあと」が出た頃なのかなと思われます(リアルタイムで観測していなかったので、あくまで推測ですが)。
 これに対して、本作は2013年9月13日にすでに元となるコピー本が頒布されていたらしく、非常に先見性を感じさせます。

 本編のお話しはまつり視点で進行しますが、最後に視点がP側に写り、終幕を迎えるという構成です。この視点を変えてのオチのつけ方が素晴らしく、抜群の読後感を演出しています。タイトルの意味も、最後まで読むと本当のニュアンスがわかる仕掛けになっていますね。

 まつりの表情の描かれ方も豊かで、とびっきりの笑顔から、アンニュイなものまで、短いページ数の中にあらゆる角度からアプローチがなされています。

 再販の可能性は絶無と聞いていたので、半ば入手は諦めていましたが、今回手に入れることが出来たことを喜ばしく思います。

***

②チョウジョウイルミモーション (ビ助さん、発行日:2014年11月2日第2版)
DSC_0087.jpg

 徳川まつりをセンターに、ロコ、松田亜利沙の3人がユニットを組むお話し。3人の非常にパワフルな感情表現に加え、物語のテンポが抜群によく、ジェットコースター感のある爽快なコミックスに仕上がっています。こちらも1年以上前、2014年の作品で、初版は14年9月15日です。

 ミリオンライブの面白さの一つは、ユニットを組ませることによる可能性の広がりであり、この点についてはミリオン稼働から3年たった今でも開拓の余地が残されていると思う領域です。今回のユニットは、3人ともそれぞれにパワーのある子たちで構成されており、まつりをリーダーに最強のユニットとしてまとまっていく様が実に愉快ですね。

 まつりはリーダーとしてお姉さんのような落ち着いた表情を、ロコは自分のアーティスティックな才能を全開で発揮する様を、亜利沙はアイドルへの愛の深さとプロデュース力を示す様を、それぞれバランスよく描いていて、各々の魅力を最大限引き出しているように感じられます。

 本作も存在だけはそれなりに知っていたのですが、手に入れる機会はないと思っていました。 今回こうして自分のコレクションに迎えられてよかったと思える、至高の一冊です。

***

③ヒメサマノリボン (すがるこさん、発行日:2014年11月30日)
DSC_0088.jpg

 私が特に信頼しているまつりPにして、物語性豊かなを作品を上げていらっしゃる、すがるこさんの作品です。実は本書に関しては過去に発行されていたこと自体を知らなかったため、書店で見つけて驚きました。

 手に取ると、まずはチャーミングなまつりの表紙が目を惹きます。リボンをほどいた姿に素の「徳川まつり」を、シルエットに描かれたリボンに「まつり姫」としての在り方を、それぞれ一枚絵の中に表現されているのかな、と私は感じました。

 本書のストーリーは、徳川まつりの「人間味」に迫った意欲作。まつりはあまりにも万能の強キャラと思われているせいか、しばしば彼女にはPは不要ではないかとか、アイドルとして成長の余地がないのではないかと言われることがあります。

 しかし彼女もまた19歳の女の子。まつりが壁にぶつかるとしたら、それは何なのか? 

 そのテーマへのアプローチとして、「周りのアイドル達が、急激に成長していく様子をまつりが見たらどう思うか」、「『まつり姫』という生き方を変化させることへの躊躇い」に焦点を当てたことは、とても鋭い視点だと思います。

 まつりPとして、本書を手元に置くことが出来た幸せ。
 徳川まつりと、彼女を囲むアイドル達への温かく優しい目線を感じられる作品です。

***
 
 今回見つけて来た作品は以上です。

 どの御本も名作なのはもちろんのこと、中古品ではありましたが購入時点での保存状態がとても良く、前の持ち主の方達が大事に扱っておられたことがわかります。

 このブログでたまに特集しているアイマス同人誌紹介では、なるべくリアルタイムに、新刊で出たものを中心に取り扱っていきたいところですが、たまにはこうして過去の名作を紹介するのも良いかと思いました。

 これからも、素敵な作品との出会いを心待ちにしたいものです。
 
関連記事
スポンサーサイト
.31 2016 徳川まつり comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/983-303ca604

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(23)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。