スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【徳川まつり誕生祭2016】 ミリオン・ファイブカード!!

徳川まつりさん、誕生日おめでとう!

5本のバラの花言葉 徳川まつり

※去年の誕生祭記事はこちら

 みなさま、本日2月4日はアイドルマスターミリオンライブのキュートなお姫様・徳川まつりの誕生日です。まつり担当Pである私、NPとしましては、この日を迎えることほど待ち望んでいたことはございませんでした。
 
 1月31日のミリオン3rdライブ・名古屋公演における、徳川まつり役・諏訪彩花さんのご活躍と、2月1日に更新されたバレンタインガシャでの登場の興奮冷めやらぬ中ではありますが、今日は私も総力を挙げてこの子の誕生日を祝福したく、記事を書いてみたいと思います。


【徳川まつりプロフィール】
まつりプロフィール




【Ⅰ:本企画記事について】

 さて、2016年のまつり姫誕生祭を迎えるにあたり、だいぶ前から、自分のブログでどのようなアプローチの記事を書こうかと、ずっと考えてました。そこでたどり着いた一つのアイディアが、「私自身が徳川まつりのどんなところを『好きだ!』と感じているのか?」を、一度いくつかの要素に集約し、整理してみることで、彼女の魅力をクリアに描き出すことが出来ないかというものでした。

 実際のところ、私もここ最近、自分だけがテンションをあげて「まつりが好き好き」としか言ってないな、という反省があります。なのでこのブログをふらっと訪れた方が記事を見た時、「この人は徳川まつりという女の子が好きみたいだけど、要するにどこが良いの?」という肝心なところが、イマイチ理解されにくかったのではないか、と気にしていました。

 そこで本企画では、

①私が徳川まつりに感じている魅力を、「5つの要素」に集約させる。

②その5つの要素を代表すると思われる、まつりの登場カードを1枚ずつ紹介する。

③各カード紹介毎に選んだ理由をコメントすることで、彼女の魅力を分析する。


 というルールを通し、まつりの魅力をなるべくわかりやすい形に整理して分析していきたいと思います。

 ただ単に「徳川まつりベストカード5選」としてもよかったのですが、少しひねりが足りないかなと思ったので、ポーカーにおける最強の役「ファイブカード」にちなみ、「そのアイドルの魅力を表す究極の5枚」を選ぶというニュアンスを込め、この企画タイトルを名付けました。

 シンプルに「担当アイドルのカードを5枚選んで、カード毎に選んだ理由を書く」だけなのですが、これが意外と奥が深く、選んでいくだけでこれまで漠然と感じていたまつりの良いところが、具体的なイメージとしてまとまっていくことが実感されました。
 「考察」となると製作のハードルが高くなってしまいますが、この方法だと誰でも簡単にアイドルの分析が出来、かつ新たな気付きがあり、しかも担当のプレゼンも出来るという点で、とても便利な手法なのではないかということを提案します。


※ロイヤルストレートフラッシュの方が上という意見もあるのですが、ファイブカード!のほうが語感がよいですよね、ということで採用






【Ⅱ:私の選んだファイブカード】

 前置きが長くなりました。
 それではさっそく私の選んだ5枚のカードを提出してみたいと思います。
 ここまで書いておいてなんですが、まつりのカードテキストのネタバレを一切自重しない記事になっているので、その点はご承知おきください。

 記事本編は、以下の折り畳み先よりご覧いただけると幸いです。

ミリオンファイブカード一覧


 さて、私が今回の記事で取り上げた「まつりの魅力」は次の5点です。

①「カワイイ」を体現したヒロイン
②超人的な能力
③抜群のスタイルの持ち主
④Pに対する厚い信頼感
⑤「素のまつり姫」が見せるいじらしさ


 正直なところ、まつりの魅力というのは、いくつもの要素が奇跡的バランスで成り立っているという印象が強く、この5つだけをもって「徳川まつり」の全体像をカバーできているとは私も考えていません。ミリオン3rdライブのパンフレットで、徳川まつり役・諏訪彩花さんがおっしゃっていた「まつりちゃんの魅力はなかなか一言では言い表せません」という言葉の方が、むしろ真理だと思います。

 ただ、ある程度シンプルな形にまとめて入口を決めておかないと、徳川まつりという複雑なキャラクターの内面に迫ることが出来ないと考え、あえてこの5点に絞りました。

 では、一枚ずつカードを見ていきましょう。




①「カワイイ」を体現したヒロイン
ノーマル徳川まつり
『本当にまつりが、みんなの姫になれるのです? わー、こんなに素敵なプロデューサーさんがいればまつりの未来はわんだほー! なのです。』

 徳川まつりというアイドルを一言で表すならば、とにかく「カワイイ!」というシンプルな言葉に極まるでしょう。

 内側にくるんと巻かれた髪の毛、ふんわりとした印象を与える洋服のセンス、「ほ」「~なのです」という特徴的な口調、キラキラした瞳、口元に添えられた人差し指、身に付けた小物やアクセサリーのセンスの良さ……

 全体的に曲線で構成されたデザインは、見るものに彼女の柔らかさと温かさを印象付けます。


 まつりのデザインは、カードのシリーズを通してアクセサリーやファッションセンスを含めた総合的な可愛さの演出がなされており、いわば男性が好む可愛いさ(スタイルの良さや顔立ち)というより、女性が好む可愛いさ(ファッションセンスや言動)の感性に基づいて設計されたキャラクターのように思います。まさに女の子らしさの塊といえる造形であり、まつり担当Pに女性が多いことも頷けると言えましょう。

 まつりはカードやイベントでのセリフなどから、「自分が人からどう見られるのか」を、写真写りなどを始め徹底的に研究している節があります。プロフィールの特技に「演技」が含まれていることからも推察される通り、彼女のファッションや言葉遣いは天然というよりも、全てまつり自身の手によって設計された「カワイさ」であり、綿密に組み立てられたものと考えられます。「まつり姫」というキャラ付けのインパクトも、まつりが考える「理想的でかわいい女の子」像を演出するためのものといえるでしょう。

 「徳川まつり」と「まつり姫」の在り方に関しては、それだけで長文の記事がひとつ立つテーマなので今回は言及しませんが、まつりを語るうえで「カワイイ」という在り方は、とても大事な要素であると思います。

 今回、まつりの「一番かわいいカード」を選ぶのには難儀しましたが、全ての始まりといえる「ノーマルカード」を選びました。
 
 原点にして、まつりの魅力の神髄が表現された一枚と言えましょう。




②超人的な能力
②太鼓の達人 徳川まつり
『ほ? プロデューサーさんも、まつりの達人姿が見たいのですね。…画面? 見なくても大丈夫です。リズムは、姫の体にきざまれているのですよ…!』

 徳川まつりは可愛い、ということを散々語ってきましたが、そもそもアイドルマスターというゲームは可愛い女の子が綺羅星のごとくひしめく梁山泊のような作品。その中でも抜きん出た「何か」がなければ、注目されることは難しいとも言えます。

 まつりがミリオンライブの中で注目されるようになったきっかけのひとつは、おそらく野球イベントやサッカー、サイクリングイベントなどで、超人的な身体能力を見せたことがあげられるでしょう。
 何しろ野球初心者と言いながら、わずかな時間で野球のノウハウを吸収しホームランを打つ、サッカーでは無回転シュートを放ち大活躍という、超人的な能力を発揮しています。

 その実力はゲームでも発揮されるらしく、UFOキャッチャーの景品を一瞬で取り尽くす、金魚すくいの金魚をすくい尽くして出禁になる、などまつり伝説には事欠きません。

 また彼女は才能に恵まれているだけでなく、アイドルシンフォニーイベントにおいては、「徹夜で楽器の練習をしていた」ことが他のアイドルから証言されるなど、大変な努力家であることもわかっています。


 こうした超人的といえるまつりの魅力をよく表したのが、この「SR太鼓の達人 徳川まつり」です。

 このカードは太鼓の達人とコラボした一枚なのですが、最高難易度の全良フルコンボでなければ出ない高スコアを叩きだし、超然と済ました雰囲気に達人の気迫を感じる一枚です。


 まつりが素晴らしいのは、その類い稀なる才能を誇ることなく、しかも多くの場合、他者のためにその実力を振るうということでしょう。例えば金魚を取りつくした一件も、自分のためではなく、妹のために行ったことですし、野球やサッカーイベントでも、チームのために力を発揮した結果でした。

 自らの優れた才能を、自分のためでなく、他者のために惜しみなく活かし尽す。
 その在り方は、まさに私の憧れるヒーロー像そのものであり、彼女こそヒロインとしての愛らしさと、あらゆる難事を突破するスーパーマンの二面性を併せ持つ、至高のキャラクターと言えましょう。

 それが私が彼女を信奉する、大きな理由のひとつです。




③抜群のスタイルの持ち主
③水着徳川まつり
「ほ? まつり、こんなにお肌を出す格好は、初めてなのです。おかしかったら教えてほしいので、よ~く姫を見つめててくださいね。
…ね?」


 まつりは普段、ゆったりとした服装をしているので、なかなか気づかれにくいのですが、実はかなりのスタイルの持ち主です。

 プロフィール上の数値は、身長163㎝、体重44kg、スリーサイズは85-59-85という、見事なスタイルをしています。これは、かの765プロのベストプロポーションの一員として知られる星井美希が、身長161cm、体重45kgでスリーサイズが86-55-83、シンデレラの十時愛梨が身長161cm、体重46kgでスリーサイズが86-58-88であることを考えると、かなりのスタイルであることがわかるかと思います。

 基本的にミリオンのカードでは、まつりは露出の高い衣装を着ることは少なく、そのボディラインが見られる機会は貴重と言えます(私はそこが奥ゆかしくて好きなのですが)。

 そんなまつりにおいて、唯一の水着カードがこの「HR浜辺のプリンセス 徳川まつり」です。「SRセクシークロコダイル」や「SRデビル降臨」と並ぶセクシー系の絵柄なのですが、このカードはイチゴをモチーフにした水着の可愛いらしさと、身に付けているアクセサリーへのこだわりにまつり本来のキュートさが表現されることで、品の良いイラストとなっています。

 普段身に着けている、ふんわりとしたロリータ服の下に、艶やかな肢体が秘められている、というのも見逃せない彼女の魅力だと思うのですが、皆様いかがでしょうか。




④Pに対する厚い信頼感
④ばっちりメイクアップ 徳川まつり
『ほ? …まだメイク中なのに、まつりに会いたくなってしまったのです? でももう少しだけ、いい子で待っていてほしいのです。 …ね?』

 アイドルマスターというゲームは、アイドルとプロデューサーの関係性の中に、ドラマが生まれる作品であると言えます。この作品に登場するアイドルは、出会った当初はツンツンしている子もいれば、最初から親愛度の高い子もいるので、その辺りで担当アイドルにはまり込むきっかけが異なってくることでしょう。

 まつりはどうでしょうか。
 彼女とのファーストコンタクトである、自己紹介セリフは次のようになっています。

【公式サイトのVisual→徳川まつりのアイコンを選ぶと、まつりの自己紹介ボイスが試聴できます(http://bandainamcoent.co.jp/cs/list/idolmaster/million_live/)】

 ……なんというか、出会ったその瞬間からプロデューサーのことを信頼してくれていますね。なぜ、まつりが初対面のプロデューサーにここまで信頼を寄せてくれるのかは考察の余地がありますが、とにかくまつりのセリフはプロデューサーに対して優しいものばかりであり、不満や文句を言うということが滅多に無い、という特徴があります。

 逆説的な考えですが、人間は「自分に好意を寄せてくれる他者を好きになる」傾向があると言われますから、まつりのように綺麗な女性からこれだけ優しい言葉をかけられたら、誰しも彼女に心を奪われてしまうことでしょう。


 そんなまつりとの親密さを象徴するのがこの「SRばっちりメイクアップ」です。
 ウエディングの仕事の一幕を映したカードなのですが、イラストだけを見たら、「結婚式前の新婦の控え室に、新郎が待ちきれず顔を覗かせた」というシチュエーションが想像されてしまう、ロマンティックな一枚です。

 そもそも、いくら担当プロデューサーとはいえ、化粧中の姿を、しかも着替え前の薄手の服だけを着ている所を見られて、なおこうして笑顔で迎えてくれるというのは、よほど信頼されていることの証明ではないかと、私は思います。
 
 まさに、まつりのプロデューサーに対する、厚い信頼感を示したカードといえるのではないでしょうか。





⑤「素のまつり姫」が見せるいじらしさ
⑤放課後徳川まつり
『楽しいお祭りだったのです、プロデューサーさん。ほ? 最高に盛り上がっていたのです? それは、ぶらぼー!です。 …頑張ったかいがあったね。』

 最後に、まつりの魅力を語る上で外せないのは、時折見せる「素の表情」ではないかと私は思います。そしてこのことは、多くのまつりPの方にも納得していただけるのではないかと考えています。

 まつりは、普段から可愛いらしさを全開にアピールする言動が特徴なので、その辺が好みでないという人も珍しくはないでしょう。
事実、私も始めてミリオンライブで出会った時の印象はあまり良くなく、まさか自分がここまでドハマリするとは想像もしなかったくらいです。

 私がまつりを好きになったきっかけは、1stライブでの諏訪彩花さんのパフォーマンスであったり、夏祭りイベントの時に見せた周囲への気配りだったりといくつかあるのですが、決定的だったのが、彼女の飾らない言葉で発されたセリフを見たときでした。

 普段の「~~なのです」というハジけた言葉使いではなく、非常に物静かで穏やかな言葉は、「アイドル・まつり姫」との劇的なギャップとして表現され、我々の心に突き刺さります。
 
 この「SR祭りのあと」は、そんなまつりの素の表情が、広く世に知れ渡るきっかけとなった伝説の一枚。夕陽の差し込む教室の、どこかノスタルジーを感じる空間の中、ポツリとつぶやかれたセリフに、衝撃を受けた方もいらっしゃることでしょう。

 カワイさ全開、能天気で超人的実力者という、濃いキャラクターの裏に隠された、繊細で優しく、賢い女性の素顔。ギャップ萌え、と言ってしまうと実に陳腐ですが、これほどの絶妙な二面性を兼ね備えたキャラクターが生まれたことに、ひとつの奇跡を感じます。





 以上、私の選んだ徳川まつりの「ファイブカード」でした。皆様いかがでしたでしょうか。

 本当は自分のスマホの待ち受けにしている「SR麗しのスノークイーン」「SR姫の宝物」、そして最新カードの「SR5本のバラの花言葉」などなど、選びたいお気に入りのカードは山ほどあるのですが、あえて絞ったことで整理がつきました。

 正直なところ、私としては自分の徳川まつり観が正解かどうかということよりも、こういった記事を読んでくださった方が、まつりの事を考えるきっかけを作れれば、という想いで記事を書いています。
 この記事が、皆様にとって、徳川まつりやご自身の担当アイドルの事を見つめなおすきっかけとなれば幸いです。


 また来年のまつりの誕生日を、皆様と楽しくお祝いできることを、心から願っています。


2016年2月4日 徳川まつり担当プロデューサー
NicholasP

 

関連記事
スポンサーサイト
.04 2016 徳川まつり comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/979-8ffac9fa

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。