2月4日は徳川まつり生誕祭

 ミリオンライブの中で、私が今最も注目しているアイドルです。

IMG_3366.jpg
 
 本日2月4日はアイドルマスターミリオンライブの徳川まつりの誕生日となります。ノベマス紹介を生業とする当「NP氏の本棚」としては、彼女のノベマスを紹介することで、誕生祭の記念記事としたいところなのですが、残念ながら、今現在、まつりが主演しているノベマス自体がほぼ存在しておらず、納得のいく特集を組むことが出来ませんでした。
 
 とはいえ、ミリオンライブも順調に知名度を上げてきていますし、イラスト界隈のほうではまつりの作品も続々出てきているみたいなので、今後、彼女を題材とした作品が増えていくのは間違いないでしょう。担当Pのプロデュンヌ率が高いアイドルの一人とも言われるだけに、非常に可愛らしい子ですし、考察すればするほど奥の深いバックグラウンドを持っていますから、ぜひともノベマスの世界でも活躍してほしいと、切実に願っています。

IMG_2930.jpg

 さて、この「徳川まつり」という子は、初期のミリオンライブにおいて「イロモノ枠」として見られることも多かった、非常に個性的なアイドルであります。第一印象で、ちょっと引いてしまったプロデューサーさんも多いかもしれません。
 「ほ?」や「~なのです?」といった特徴的な言葉を使い、素っ頓狂な言動で自らを「姫キャラ」アピールする様は、確かに、私も初見で目が点になったくらいなので、むしろミリオンに触れたことのある方なら、記憶に残りやすい子であるとも言えます。

 そのぶっ飛んだ言動ゆえに、長らく誤解されがちなアイドルではありましたが、ここ最近のイベントで、たまに見せる素直で飾らない、常識的な言動、いわゆる「素のまつり姫」が広く知られるようになったことで、その評価は大いに改まってきていると感じます。
 私もはっきり言って初期は敬遠していた側だったのですが、転機が訪れたのは「SR祭りの後・徳川まつり」の入手時でした。

 IMG_3081.jpg
「楽しいお祭りだったのです、プロデューサーさん。ほ?最高に盛り上がっていたのです?それは、ぶらぼー!です。…頑張ったかいがあったね。(カードコメントより)」

 もともと親愛度200達成のセリフなどでも、いきなり飾らない態度になることは知られていたのですが、彼女のパーソナリティが広く見直されるきっかけになったのは、やはりこのカードの登場からだと思われます。イラスト自体の完成度も非常に高いですね。

 また夏祭りやサイクリング、サッカー大会などの、各種イベントでのセリフを通じて、まつりが周囲の人間を気遣う能力に優れていることが示されるようになり、「この子、意外と優しくて気配り上手な女の子では?」というイメージが広まったことは、良いプロモーションになったことでしょう。

 さらに天才的な才能を持つ「強キャラ枠」でありながら、その力を自分のためではなく、周囲のアイドルを引き立たせることに使ったり、妹を喜ばせるために発揮させたりしているのには、私としては大変好感を覚えます。


 アイドル考察論華やかなミリオンライブですが、徳川まつりに関する考察はまだ前例が少なく、未知の要素や謎も多い子です。彼女の場合、特にセリフを注意深く追っていかないと、その魅力に気付きにくい子でもあるので、彼女のパーソナリティを多くの人に知ってもらえるような出来るような作品の登場が待望されます。

***
まつりサッカー

 徳川まつりはいろいろなキャラクター要素がてんこ盛りな子ですが、その中でも特に大きな特徴があることが知られています。すなわち、「異常なまでの身体能力の高さ」です。
 
 劇中で語られているエピソードをざっと列挙するだけでも

【大激闘!765プロ野球!より】
「野球に関しては。本当に何も知らないのです・・・」と言いつつ、
・バットを出したら、ボールが当たってホームランになった
・「偶然」トリプルプレーをやってのける
・同じ変化球は二度通用しない

【開幕!春のサイクリングレースより】
自転車は普段そんなに乗らないと言いつつ、
・馬だと思って乗れば何でも乗れるとの発言(実際乗りこなしている)
・鼻歌交じりに、汗もかかずに他の選手を追い抜く(貴音の証言より)

【激闘!NAMCOアイドルサッカーフェスより】
 サッカーはよく知らないと言いつつ、
・フワフワシュートなる技術(どうも無回転シュートのことらしい)でハットトリックを決める

 といったところでしょうか。
 驚異的なのは、どの競技でもほとんど経験がないと言っているにもかかわらず、異様なまでのパフォーマンスを発揮していることでしょう。

 ただし、まつりの言動を見る限りでは、ただ単純に身体能力が高いというわけではなく、記憶力・集中力・観察力といった「学習能力」が極めて高いことに加え、自らのイメージ通りに身体の動きで表現する、いわば「身体操作能力」に優れているが故に実現できるパフォーマンスのようです。

「1回の裏で、だいたいコツはつかんだのです。姫、覚えるのは早いのですよ?」、「打順が回ってこないときは、野球が得意なみんなのプレーを見ています。ぱわほー!なプレーを見て、姫はぐんぐん育つのです。…ね?」といった、 野球大会でのセリフがその象徴と言えるのではないでしょうか。

 そうだとしても、驚異的な能力であることには変わりありません。
 徳川まつりはどうやってこの能力を獲得しえたのか、というのも大きな謎ですね。

***

よもさか氏(ニコニコ静画のミリオンライブタグで一番好きなイラストです。)

 765プロダクションを中核とするアイドルマスターの世界観を、横に広げていったのがシンデレラガールズだとするならば、縦に掘り下げる方向性を示したのがミリオンライブであると、私は考えています。
 
 徳川まつりという、特異的な個性を持ったアイドルを許容できる、今のアイマスの懐の深さは素晴らしいものだと思いますし、ミリオンに触れていない方にも、ぜひとも未知の魅力的なアイドル達がたくさん控えていることを知ってもらいたいなと、切実に思っています。

 


関連記事
スポンサーサイト
.04 2015 徳川まつり comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/922-fb3b2354

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者