スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2014年上半期20選+2 (ノベル・架空限定セレクション)

 今年もやってまいりましたニコマス20選。例年通り、「NP氏の本棚」では、ノベマス・架空戦記などのテキスト系作品オンリーの20選を公開しています。

 今期のテキスト系20選ははかなりの激戦区となりましたため、久しぶりに「20選の最終選考まで残した作品リスト」も公開したいと思います。
 特に今回は30作品目あたりから先に絞るのがきつく、「ああ、あれも入れたいし、こっちも外せないし、あれも(ry」の無限ループ状態となってました。
 苦心の末、22作品までは絞ったのですが、「もうこれ以上どんなに心を鬼にしても削れん!」という結論に達したため、「20選+サムネ1選」に加えて、番外付記としてもう1作品を付け加えて提出したいと思います。
 当然、22作品目は20選の公式集計にカウントされませんが、私としてはもうこの22作品で今期の選出が完成した感が強いので、このまま発表することとしました。

 かなり悩んだ分、濃密な内容の選出ができたと思います。加えて、20選には入れられなかったものの最終選考まで残した作品群の豊富さも見ていただけたら、今期の激戦ぶりが十分に示せるのではないかと。

 それでは、今期も私の20選にお付き合いください。



基本レギュレーション
・対象は2014年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

【20選運営ブログ】
ニコマス20選投票所:2014年上半期ニコマス20選ポータル(http://nicomas20sen.blog.fc2.com/blog-entry-13.html)

※NP氏の本棚では独自のルールとして、ノベマス・架空戦記などのテキスト系作品のみを選出しています。

01
【Novelsm@ster】クイズにテンポよく間違えろ!!

おしるP (原案:ましんめいかーP)

 おしるPのノベマスと言えば、「ARIAの音楽が流れて、ゆったりとした時間が流れて……」というイメージが強い印象があります。
 しかし本作はそうしたイメージを大きく塗り替え、おしるPの作風の広さを知らしめた、まさに新境地というべき作品です。もともとはましんめいかーPの没ネタから生まれたそうですが、作風の違う2人のPのイメージが反応しあい、ハイテンポとマイペースな雰囲気を兼ね備えた、特殊なコメディ作品へと昇華されています。

02
サンキューユッキ 106通りの打線を組んだ

フュージョンP

 今期、人気絶頂の中にあって、これ以上ないタイミングで完結した「サンキューユッキ」シリーズ。姫川友紀の躍進に絶大な影響を与えたとも評される本シリーズですが、今回はあえて最終回ではなく、個人的に気に入っている106話を選出しました。
 人見知りが災いし、他者との距離の詰め方を絶望的に滑ってしまう水谷絵理と、そんな彼女を意外なほど大人な対応で受け入れる友紀(いつもの畜生ぶりは何処へやら……)。
 お互いそれぞれ「制服」を身にまとうキャラクターでありながら、まったく真逆というべき性格を対比させて描く手腕が実に見事です。

03
THE iDOL M@STER Love For you!第01話

ボン太くんP(新人)

 わーすごいしんじんがあらわれたなー(棒)
 ええと、ノベマスPは免許更新制であるという新事実をはじめて知りました。
 
 冗談はさておき、ノベマス界の大ベテラン、ボン太くんPの送り出した名シリーズ「Love For you!」の第1話です。さすがにこれまでの創作歴の厚みを感じさせる、極めてハイクオリティな作品であり、まるで自分自身がアニメーションの世界に飛び込んでしまったかのような臨場感さえ感じさせる、ダイナミックな演出がちりばめられています。

04
七尾百合子のナゾトキ90秒 #1『女には向かない職業』

ヤスミツP

 ヤスミツPの良作ノベマスは多々あるのですが、今期を代表するとなれば本シリーズを上げる以外の選択肢はないように思います。

 ミリオンスターズが誇る本の虫・七尾百合子が、毎回90秒という制限時間の中で、古今の名作ミステリの紹介を行うシリーズ。私も学生時代、ミステリに傾倒していた時期があったので、こういった紹介作品は大好物です。
 また、本の感想を際限なく語りまくってしまう、という百合子の悪癖設定を、90秒という制限時間を設けることで人に伝わりやすくまとめさせるというアプローチは、ストーリー的にも世界観的にもマッチしていて、見事な演出と唸らざるをえません。

05
聖來「Pさんってアタシのこと、女として見てないよね?」①

平蜘蛛P

 本質的にはファンアートであるニコマスにおいて、対象となるアイドルの魅力をいかに引き出すかは重要なコトです。
 そういう意味において、本作は平蜘蛛Pの「俺は水木聖來が好きなんじゃ!」という魂のメッセージがガンガン伝わってくる作品であり、ファンアートの鑑というべきものに仕上がっていると思います。

 作風としても、画面から飛び出さんばかりのアップ描写で聖來さんの表情をとらえており、見ているだけで自然に彼女への好感度があがっていくような作りをしています。
 まさに、シンプルにして純粋なアイドルの魅力を引き出したノベマスと言えるでしょう。

06
【卓M@s】シンデレラが奏でる『うたかぜ』パート1-1【ウタカゼ】

里|ω・)P

 すでに大々的にシリーズが展開されている楓さん&ニナチャーンの「ウタカゼ」シリーズですが、今回はこちらのセッションを選出しました。古今の卓M@s動画の中でも、際立ってTRPGを始めるまでの導入が自然であるというのが素晴らしいです。TRPGを始める理由は様々ですが、こんなステキな導入もありなんだなあと感動しました。

  仁奈ちゃんの語る冒険への意気込みが年相応に愛らしく、またそれを見守る楓さんの「残念じゃない」お姉さんぶりも大変に魅力的です。冒険に必要な心とは、こんなにも無邪気で純粋なものだったのですね。

07
いおりとみきの しゃかいかけんがく すぱこんけい♪

ひかぽんP
 
 日本の理化学研究所に実在するスーパーコンピュ-タ「京」を、伊織と美希が見学に訪れるという、リアルな取材に基づいた作品。

 まず演出技術のクオリティが尋常じゃなく高いことに度肝を抜かれましたが、加えて「世界最先端のスパコン」という難解な代物を、NHK教育番組並みのわかりやすさで解説する手腕にも脱帽です。
 
 いおみきの旅行風景が味わえるノベマス&旅M@sとしても秀逸ですし、教養講座としても優れている、実に高度な作品です。随所に詰め込まれた小ネタの数々を見つけるのも面白く、理系の方にも文系の方にも、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

08
高垣楓の事情

つきみP

 楓Pだけを殺すノベマスかよォ!(CV:塩屋翼)
 
 モバマスの25歳児・高垣楓さんとプロデューサーの恋愛模様を丹念に描いた作品。楓Pならずとも、彼女の魅力に溺れそうになるステキなノベマスです。 
 楓さんの大人な一面と、子供っぽい一面の描き分けが実に丁寧ですね。二人の関係性が微笑ましく、そして羨ましくもあります。また助演として登場する輿水幸子&幸子Pの立ち位置も目立っており、総じて出てくる人々全員を好きになっていく作品です。
 
 私の人生にはあり得ないことでしょうが、もしアイドル、というか芸能界に生きる人と恋愛することになったら、おそらくこのシリーズの最終話に示された解答に辿り着くのが現実的なのではないでしょうか。

09
【多田李衣菜】目指せクールの一番星【Twilight Sky】

おぱマP

 オーディションで見事に落選した多田李衣菜と、彼女に声をかけた如月千早の物語。この二人、音楽に対するスタンスが違えども、丸くなった千早とであれば意外にウマが合うような気がするのですが、本作を見ていてその考えを再確認できました。

 ロックにも博識な千早を前に、あっさりと地金をさらす李衣菜が妙にほっとけない可愛いさです。なるほど、これが新ジャンル「にわか可愛い」なのかと思うと、李衣菜のポテンシャルの高さには無限の可能性を感じますね。

 李衣菜と千早の絡ませ方が実に見事であり、お互いの少女らしい側面を引き出しあっています。文句なしの良作として、今期20選に推薦したい作品です。

10
【Novelsm@ster】「とあるCo事務所の休日談話」

geography 氏

 橘ありすと結城晴の他愛もない口ゲンカが、ひょんなことから胸の成長に関する悩みにシフトしてしまい、お互い気まずい雰囲気に。
 そこは事務所の年上メンバーに相談してみようと、トライアドプリムスの3人のところへ向かうのですが、これを皮切りに事務所のメンバーを巻き込んだ、一大女子トークが幕を開けるのでした。
 
 女性の二次性徴にまつわる悩みを、R-18的な要素一切なしに、真正面から描くというノベマスとしては大胆な領域に踏み込んだ作品です。こういう作品があるということが、ノベマスの懐の深さを大いに示していると思いますし、またこういったテーマをきちんと取り上げるという画期的な試みには、大いに協賛するところであります。




11
乃々が反抗期になった

ここのえ氏

 普段から人付き合いが苦手なことで知られている森久保乃々ですが、本作の乃々はなぜかPに対して冷たい態度をとり続けます。文字通り、反抗期のようになってしまった乃々の様子に、ついにPは全てを投げ打って平謝りするのですが・・・・・・
 果たして、彼女の冷淡な態度の裏に隠された真実はいかに?

 いつもは本音を隠している女の子が、何かのきっかけで想いの内を吐露する瞬間。それは言葉にできなかったエネルギーの奔流となって、視聴者に訴えかけてきます。

 ここのえ氏は本作が初投稿との事ですが、現在もコンスタントに良作を投稿されており、今後の更なる活躍が期待される、2014年要注目の方です。

12
Novelsm@ster 記憶交差点 「晴れのち笑顔&時々携帯電話」 ~part ①~

青猫99P

 様々な人間の記憶が集まる不思議な図書館。そこに住まう1匹のネコと、司書の千早が人々の記憶を紐解いていく幻想的なシリーズです。現在のところまだ第1シリーズの第1話のみの投稿ですが、今後さらに展開されていく予定のとの事。
 
 第1シリーズは伊織編となっており、誰もが絶賛するスーパーアイドルとなりながらも、恐らくは、ただ一人の男性のためにその身を削って上へ上へと駆け上がり続ける姿を描いた物語となっています。現在の担当Pは伊織を親身に見ていますが、あくまでも彼は想い人とは異なる「仮のP」であり、伊織から想いを向けられるわけではありません。
 そんな二人のすれ違いの中、伊織のアイドル人生になにやら大きな転機が訪れたようで・・・・・・
 
 実に続きが気になる終わり方で締められた第1話。青猫99Pは本作が初シリーズながら、ノベマスとして高い水準の完成度をすでに獲得されており、この1話だけでも十分すぎるほどの見応えがあります。

13
【ミリオンノベ】百合子はうちの妹【前編】

そーろーP

 そーろーPならではのギャグテイストと、シリアスなストーリーが融合した名シリーズ。続編やスピンオフも短期間に作られており、本作の反響の大きさが良くわかります。
 主人公の七尾君は、七尾百合子の実兄という設定。本と妄想好きの、世話のかかる痛い子だと思っていた妹が、とあるきっかけからアイドルを目指すことになり、兄として七尾君は複雑な気持ちを抱くことに。しかし、百合子の所属した事務所は、どうも何かの裏があるようで・・・・・・。

 本作は主人公・七尾君の熱血ぶりもさることながら、助演の福田のり子、某メタルギアのスネークのそっくりさん等、脇役の活躍も熱い作品です。
 現在のノベマス界きってのエンターテイナー、そーろーPの魅力がたっぷりと詰まった贅沢な作品。文句なしにお勧めできるので、ぜひとも味わっていただきたいと思います。

14
【卓M@s】高槻やよいとミリオンズ14!Session0-1【SW2.0】

あーるだっしゅ氏

 ミリオンスターズの14歳メンバー、すなわち春日未来、最上静香、伊吹翼、矢吹可奈、望月杏奈らが、GMやよいの導きでソードワールドの世界を旅する、期待の卓M@sシリーズ。すでにセッション1は短期集中連載で完結しており、セッション2のスタートが待ち遠しい作品です。
 
 こうして集まった14歳組を見てみると、実にミリオンの中心的メンバーがずらっと揃っていますね。作中にはまだ未登場ですが、志保とひなたも登場の予定との事。さらにGMがやよいであり、しかもミリオン14歳組の先輩としてリーダーシップを発揮していくなど、劇場版以降のアイドルマスター展開のトレンドを取り入れているといえるかもしれません。
 
 TRPG動画としての展開が非常に丁寧で、ソードワールド初心者にも優しい設計。フレッシュなミリオンの子達の大冒険に、今から胸がときめきます。

15
【ひなた】ミリオンショートショート 「くまさぶろう」【天空橋様】

ココイチP

 誰もいない事務所ですやすやと眠る木下ひなたの元にやってきたのは、ミリオンスターズきっての強烈な個性を持つ天空橋朋花。純朴なひなたと、ドS気質の朋花という、一見水と油な二人ですが、驚いたことにとてもお互いを信頼しあっている様子。
 本作の鍵を握るのは、ひなたが見ていた子供向け番組「くまさぶろう」。この番組を仲介に、ひなたと朋花のほほえましい空間が展開されます。
 
 私にとっては何かと毒気の強い印象がある朋花ですが、ひなたの陽だまりのような性格と溶け合うことで、とても親しみやすい女の子として描かれることに成功していると感じます。

16
【ノベマス】輝け!ミツボシガールズ!

マリンカリンP

 現在のノベマス界のトップエースは誰かと聞かれれば、まず候補に上げたいのはマリンカリンPであると、私は考えています。
 彼の今期20選作品としては、「【制作講座】ノベマスをもっともっと楽しんで作れるようになる動画」とどちらを選出するか迷いましたが、最終的にはシナリオとしての面白さを重視し、こちらを選びました。
 ダグトリオプリムスの活躍した旧シリーズでの経験値を得て、本作はテンポ、ボケ&ツッコミの鋭さ、ギャグの質など、全ての面において洗練され尽くしたコメディノベマスとなっています。

 畜生アイドルと化した島村卯月の計略により、最強アイドル・玲音と激突する羽目になってしまった本田未央。果たして彼女たちのドタバタな戦いの明日はどっちか? 何度見返しても面白い、今期コメディ枠の横綱というべき作品です。

17
志保と仲良くなりたい可奈

ヒカリツカサ氏

 冒頭、いきなり大音量で再生される可奈の調子っ外れな歌声に、強烈なインパクトを受ける作品。可奈の音痴設定は知っていましたが、中の人の音痴風の演技がすさまじい。そんな冒頭につられて見てみると、その中身は王道というべき、かなしほの微笑ましい関係を描いたノベマスでした。

 志保にうっとおしがられても、とにかくめげずに志保と友達になろうとする可奈。そのどこまでも前向きな姿に、とても好感を覚えます。
 非常にシンプルな作りのノベマスですが、それだけに二人の関係性をとことんまでフォーカスして描かれた作品です。

18
映画『あおいとり』第一話【Novelsm@ster】

エコーP

 2014年に突如流星のごとく現れた名作ノベマス。タイトルどおり、まさに映画的というべき映像構成はすばらしいの一言であり、ストーリーへの引き込みの強さが半端ではありません。エコーPの今後の作品がとても楽しみです。

 やや擦れた精神状態の千早が、人語を解する「青い鳥」の導きによって、真実の幸せを探しにいくという、幻想的な物語。とにかく人を食ったような話し方をする青い鳥ですが、彼(?)の導きはホンモノで、様々な幻燈を経て、千早はシアワセに向かって歩き続けるのですが・・・・・・。
 
 シリーズはつい最近完結したばかりであり、話数も全4話とコンパクトにまとまっているため、今からでも追いかけて遅くない作品です。エコーPもまた、2014年注目株として大いに期待されます。

19
ある透明な愛のうた 前編

天下P DAT3P

 天下Pの引退作品。
 本作については、すでに当ブログで詳細な感想記事をあげていますので、お手数ですがそちらをご覧ください。
 もうそちらで語り尽くした感があるので、本記事では多く語りませんが、私としては今期20選のMVPとして、本作を推したいと考えています。

 記憶を失った千早が、再び自分を取り戻すまでを描いた作品にして、 ノベマスとしての表現の美しさの極限に迫った一作。ぜひご覧になってみてください。

20
矢吹可奈ちゃんが可愛くて作った動画

相談P

 相談Pの「○○が可愛くて作った」シリーズはどれも外れ無しの面白さですが、とりわけ本作の構成の完成度が高かったため、20選にピックアップしました。

 ある日、春香と千早の世間話を偶然立ち聞いてしまった矢吹可奈。2人の話題は「ユニットを組むなら誰がいい?」というテーマであり、その中で憧れの千早から「矢吹さんとは合わないんじゃないかしら」という言葉を聴いてしまい、ショックを受けます。
 それでもめげない可奈は、千早とデュオを組むのに見合う「オトナの女性」となるべく、事務所の年長組み勢に相談を持ちかけるのでした。無論、千早の言葉の本当の意味に気付くことなく・・・・・・。

 可奈の相談を受ける年長アイドル達の反応が様々で面白く、とくに最後の一人の語る言葉が意外にも心に響くものであり、見ているこちらもびっくりしました。

 こうしてみると、劇場版基準では春香、ミリオン原作基準では千早に憧れる設定の可奈ちゃんは、後輩キャラとして超優秀であると感じますね。



サムネ1選
【Novelsm@ster】中二の志保でも結婚したい 第1話

若燕P

 20XX年、世界はロリ婚の炎に包まれた・・・・・・

 突如として女性の結婚可能年齢が引き下げられた世界を舞台に、あの手この手でPと結婚しようとする北沢志保(14才)と、そのライバル達の奮闘を描いたラブコメディ。
 それにしても、ここまではっちゃけた志保を見られるとは。むしろ普段がまじめなだけに、こういうギャグ作品では落差がネタになりやすいのかもしれません。

 ちなみに当ブログでサムネ1選を選ぶ場合、サムネのインパクトで選んでいるというよりも、20選に収まりきらない名作をとにかくねじ込むための枠という意味合いが強いです。そのため、サムネ1選といっても実際は内容で選んでいます。
 ベテラン・若燕Pの世界観を堪能できる、現在連載真っ只中のシリーズです。



番外付記
【立ち絵付】佐久間まゆの恋愛捜査網!

シロP ヒースP

 このブログではいつも20選の「20作品+サムネ1選」というルールを遵守していますが、今期はどうしても22作品から削りきれなかったため、本作ををそのまま残しました。当記事の22作品目ということとなり、公式の集計には反映されませんが、あえて記載します。

 お仕事先にP不在という知らせに、不満を表する佐久間まゆ。そんな彼女に事務員・ちひろさんは「今日仕事先で会うアイドルの中に、Pに恋愛感情を抱いている人物がいる」とけしかけ、仕事に向かわせます。
 ところが仕事先で合う子達はみな年下のロリっ子ばかりであり、まゆを困惑させます。
 果たして、本当に彼女たちの中に、Pに好意を抱いているライバルは存在するのでしょうか?

 シンデレラ勢の中でもヤンデレクイーンとして立場を確立しているまゆですが、彼女なりに真剣にPのことを考え、自分を厳しく鍛え上げている姿が示されていて、ちょっと怖いながらもピュアな女性としての魅力が描かれています。
 なんだかんだでまゆって可愛いんですよね。言動は怖いのですが、意外と人を傷つける方向には向かわないのではないか、という印象があります。

 

  
 いかがでしたでしょうか今期の20選。選出してみるとシンデレラとミリオン勢の躍進が際立っていると感じます。特に劇場版公開以降のミリオンライブ系作品の増加は顕著かと。
 個人的にはこの流れには肯定の立場であり、ノベマスの世界観がさらに豊かになることが期待されますし、実際ミリオン勢の興隆によって今までにないアプローチのノベマスが増えつつあります。

 他方、本家765プロも負けておらず、高水準の作品が現在も投稿続けています。2014年に入り、アイマスを取り巻く環境は大きく変わってきていますが、Novelsm@sterはその中にあって、新しい変化を取り入れ、更なる深みを増しつつあると、私は感じています。

 さて、下半期ではどのような名作に出会うことができるのでしょうか。今から本当に楽しみですね。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
.07 2014 ニコマス20選 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/898-51ccc439

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(23)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。