スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2013年上半期20選+1(ノベル・架空中心セレクション)

 ニコマスファンによる半年に一度の祭典、20選の季節が今期もやってまいりました。今回は皆さん、どのような作品を選出されるのでしょうか? 自分の20選を作る時もワクワクしますが、他の方達の選出リストをめぐる時も時間を忘れて楽しんでしまいますね。
 
 さて、「NP氏の本棚」が始まって以来、ノベマスや架空戦記などテキスト系の作品のみで20選を構成するというルールを続けてきましたが、7回目の参加となる今回、初めてPVから1本作品を選出しました。私の20選としては例外中の例外というべき選出ですが、過去3年間守ってきたルールを破ってでも入れたかったお気に入りがひとつあったのです。

 もちろん、それ以外はテキスト系を中心とした選出であることは変わりませんので、半年間のノベ・架空戦記・卓M@sなどを振り返る参考にしていただけたら幸いです。

****************************************************************
基本レギュレーション
・対象は2013年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・ブロマガ・マイリストなどで公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

****************************************************************

ニコマス20選投票所・2013年上半期ポータルへのリンク(http://nicomas20sen.blog.fc2.com/blog-entry-8.html#comment)

 2013年上半期、私の選んだ20作品(+1)はこちらの名作たちです。

 

                 

****************************************************************

1 NO iDOLM@STER, NO LIFE.

ぎょP

・「NP氏の本棚」史上初となるPVからの選出は、ぎょPの「NO iDOLM@STER, NO LIFE.」となりました。
・歌詞のイメージを忠実に表現したダンス、オールスターであることを活かした大胆なカットのつなぎ方、そしてアイドル達のタテ方向の動きを多用して生み出すシンクロの気持ちよさ等々と、かつて私がPV製作に励んでいた頃に夢想し果たせなかった「理想解」と言うべき映像美が、ここにありました。何より、アイドル達の表情が生き生きしていて、とっても楽しい。これ重要です。
・そういった感慨もあって、本作を「ノベマス紹介ブロガーのNP」の選としてではなく、「MAD-PVPのニコラスP」の選として、今期20選に加えたいと思います。。



2 【Novelsm@ster】凍京バラッド。(1)

WilyP

・私の今期20選の中で、MVPとして推したいノベマスがこちら。
・とある冬の季節を舞台とし、亜美と真美が素敵な少女へと成長していく連作短編シリーズ。凍てついた冬の空気感を演出する映像を背景に、人々の熱い魂が描かれた作品です。
・短編シリーズとはいえ内容が非常に濃く、「久々に読み応えのあるノベマスシリーズに出会いたい」という方には全力で推薦したい逸品となっています。。
・ストーリー中では、亜美真美を中心として様々なテーマが複数同時に走っており、読み返すとまた違った発見や楽しみ方ができます。さらに子供社会と大人社会の様子を並列的に描きつつ、その二つの社会にまたがる存在として亜美&真美を配置することにより、作中のテーマ性を一段と深く掘り下げているように感じました。
・WilyP自身によるブロマガ「凍京バラッド。解説」も合わせてどうぞ。


3 ウサギのジャンプは月まで届く【Novelsm@ster】

ひゅんP

・アイマスには72ネタとかあずささんの迷子ネタといった、いわゆる「お約束」のネタが数多く存在します。そういったお約束事に対し、全く新しい解釈を加えることで深いストーリーを生み出す事に成功したノベマスが、一定数存在します。本作も、まさにその系譜に連なるノベマスであり、ひゅんPならではのユニークな着眼で再解釈した、「永遠の17歳」安部菜々の物語となっています。
・この作品を見てからというもの、私はわりと本気でウサミンを見る目が変わりました。たぶん、相当影響力の大きい作品になっているんじゃないかと思います。


4 【ノベマス】新人アイドルとプロデューサー【短編】

ハリアーP

・これまで私にとってハリアーPのナンバーワン作品は「がんばれ!秋月プロ」だったのですが、本作によって約2年ぶりにトップが更新されました。数あるハリアーP作品の中でも、出色の短編ではないかと思います。
・普段表で好き勝手なことばかりしているハリアー春香ですが、とあることをきっかけに裏方の人たちの苦労について思いをめぐらす事に。
 ここでまともな悩み方をしていれば普通の人なのですが、いつもの如くとんでもない悩みの解決策を思いついてしまいます。さっそく伊織を巻き込んで大暴走を開始するのですが…… 運命とは面白いもの。春香の暴走が思いがけない出会いをもたらすのでした。
・パワフルなギャグと、しんみりとしてしまう感動シーンとのバランスが、これ以上ないほど黄金率で配分された短編。ハリアーPを追いかけてきたファンにとっても、忘れられない一作となったのではないでしょうか。


5 サンキューユッキ 36点差のビハインドから

フュージョンP

・2012年から気に入っていた作品ですが、前回の20選では入れられなかった本シリーズ。しかしここにきて集大成と言うべき回が来たので、堂々選出となりました。
・「生っすかサンデー」にミリオンライブ陣営より参戦し、プロ顔負けのピッチングを見せた永吉昴。
 野球アイドル同士、アイデンティティーがかぶると言う致命的ピンチ(?)に陥った我らがユッキですが、なんとPの計らいで昴と生放送で直接対決をすることに。親友・村上巴との特訓を乗り越え、シリーズに登場したオールスター達の見守る中、ついに姫川友紀の大勝負が開幕します。
・シリーズ名物の野球選手要素を全開にしつつ、スポ根物としての熱さも兼ね備えた36話。この話が最終話となってもおかしくないないほど、サンユキが積み重ねてきた面白さを炸裂させた回となっています。


6 アイドル・プラネット 1話(前編)

ラヴォスP

・「クロノマスター」シリーズのラヴォスPが手がける、SFアイドルロマンです。
・未来の月面都市を舞台とし、宇宙に進出した人類と地球に残った人類との軋轢を乗り越えて、アイドル文化を根付かせるべく奮闘する人々を描いた群像劇。宇宙進出時代という舞台装置を最大限活かした、力作となっています。
・少々訳ありらしい「水瀬」プロデューサー、地球出身の普通のアイドル春香、月で生まれ低重力下障害を負った貴音、そして病気治療のため月に移り住んでいた真美、この4人がメインキャラという印象ですが、「宇宙に住むすべての人々がこの物語の主役」という言葉通り、他アイドルやモブキャラにも十分な見せ場が用意されています。



7 【卓m@s】キャッキャウフフな冒険録1-1【SW2.0】

はるぅ氏

・「ギャルゲ卓」の異名を持つ新進気鋭の卓M@sシリーズ。可愛らしい自作イラストも魅力的で、もちもちと柔らかそうなエルフあずささんの立ち絵などたまりません。
・卓M@sとしては珍しくPがGMではなくプレイヤーとして参戦している本作。Pを中心とした、春香、美希、あずささんのハーレムパーティぶりを楽しむのがこの作品の見どころかと思います。
・投稿ペースも早く、作品作りもしっかりしていて安定感のあるシリーズです。新しい卓M@sをこれから追いかけたいという方にピッタリではないでしょうか。


8 【モバマス】棟方愛海のおっぱい裁判

ヤスミツP

・直球ストレートなタイトル通り、女性の双丘に目が無いモバマスの問題児・棟方愛海があらゆる胸の難事件を解決するコメディ。場所を問わず何故か出現する裁判所を舞台とし、有能な検察・橘ありすと、全く使い物にならない弁護士・フレデリカ達との迷裁判ぶりが楽しい作品です。
・作者のヤスミツPはモバマス系のノベマスを精力的に発表されている方で、現在も次々と新作を世に送り出しています。彼の勢いのある作風が大変魅力的ですね。愛海の強烈な個性と相まって、楽しみの詰まった良作となっています。


9 【Novelsm@ster】アイドルも楽じゃない【ミリオンライブ短編】

おしるP

・モバゲーのシンデレラガールズに比べると、まだまだ二次創作の数が少ないグリーのミリオンライブですが、少しずつ作品の数は増えていっている印象です。本作はそんなミリオンライブのルーキー、豊川風花嬢を主役に抜擢した先駆的ノベマスとなっています。風花のほがらかな雰囲気とナイスバディの組み合わせは、なかなか強力な武器です。
・風花はあずささんより年上なので、あまり765プロアイドル達の「後輩キャラ」というイメージを植え付けにくい印象ですが、そこは流石のおしるP、仕事上の先輩となる千早との関係性をごく自然に描き出しています。アイマスDSの時にすでに765→876の先輩後輩関係は描かれていましたが、ミリオンライブが出たことでこうした関係性はもっと描かれるようになるかもしれません。


10 【Novelsm@ster】 やけぼっくい 10年後の我那覇響 【短編】

むろP

・少女時代に経験した淡い恋の思い出から10年。トップアーティストとして有名になった響の元に、かつて思いを寄せていた男性からの手紙が届きます。そして響の恋は再び燃え上がるのですが……。
・突然の出来事に、トップアーティストらしからぬ初心なリアクションをしてしまう響がマジ可愛い。
・むろP作品では人の世の無情がテーマに取り上げられることが多い印象ですが、ただ単純に暗いお話に終始するのではなく、かならず希望のあるメッセージも描いてくれるところに魅力を感じます。
・にしても、この作品に出てくる男性がボミガの「彼」を連想させてる作りになってるのは上手いなと思いました。男性が「彼」に似ているからこそ、後半のインパクトがより強まった印象があります。




11 【Novelsm@ster】ノベル『くるm@ster』 春香編

カルノ北P

・毎回、クルマにまつわるエピソードを題材に、ひとりひとりのアイドルとの関係を描いていく連作短編。謎のマスコット生物「はるかっぱ」さんの可愛さと、大学ノートに色鉛筆で描いたような独特のインターフェイス構成が斬新で魅力的です。
・1作1作の再生時間は非常に短く、気軽に見ることが出来る上、内容は充実していて飽きさせません。自然にクルマの知識も増えるかも。
・全アイドルに加え、何と社長の回などまで完備されている熱の入れよう。あなたの愛するクルマと、アイドル達の組み合わせが生み出す珠玉の掌編をぜひお楽しみください。今回はあえて春香編を選びましたが、どのアイドルの担当回も粒よりの名作ぞろいです。



12 【百合m@s】春香と絵理の不定形恋愛極限式【はるえり】

キマシP

・第7次ウソM@sにてデビューした期待の新鋭キマシP。その名の通りガチ百合系の作風を得意とするPですが、土台となるノベマス製作の腕前は抜群であり、すでに処女作からベテランP並みに洗練されたスタイルを確立しています。今後、大きなヒット作を生み出す予感がしますね。
・20選に選ぶ一品をシリーズのどれにするかで迷いましたが、「春香×絵理のカップリングを数学的に証明する」という前代未聞のアプローチに挑んだ本作を選ぶことにしました。中盤のちょっと知的な会話が、終盤でバカップルトークへとぶっとんでいく展開が見ものです。
・ちなみに春香と絵理が親密な関係になった理由は処女作にてしっかりと描かれており、こちらを見ているとその後の連作短編シリーズをより楽しめるかと思います。
冷静に考えると、春香と絵理の組み合わせって割りとレアな気が……


13 【Novelsm@ster】天海春香が生きると決めた日

天下P

・過去の20選にもピックアップした天下Pの「天海春香が死のうと決めた日」の続編に当たる作品。否、続編というよりは前作と二作一組な姉妹作といったほうが良いかもしれません。前作とセットで見られることを強くお勧めします。
・作中では前作から1年後の様子を描いていますが、リアルの投稿日もほぼ1年後であり、その間の春香の精神的な成長が表現されているところに感動を禁じ得ません。
・成長したのは春香だけではなく、天下P自身のノベマス製作の腕も劇的に向上していることが、二つの作品を見比べるとよくわかります。というか、そもそも「死のうと決めた日」が天下Pの初ノベマスだったんですよね…… あれからもう1年、時間の流れは平等ではありますが、とても早いものです。


14 【ノベマス】元気でいてよウサミン星人

覆面作家P

・上で紹介したひゅんPのウサミン作品が「コロンブスの卵」的な発想で名作の域に達したとするなら、覆面作家Pの本作はウサミンの「公式設定」をとことん真っ正直に突き進めることで名作となったノベマスと言えるでしょうか。
・ここしばらくはシンデレラガールズを題材にしたノベマスを作り続けている覆面作家Pですが、彼の描く「一般の女の子が、アイドルへと変わる瞬間」の捉え方が、ことごとく私のツボをついてきます。
・健気にがんばる安部菜々が、とてつもなく愛おしくて切なくなる、そんな心境にさせてくれる作品です。ウソM@sに覆面先生が出展した「バックスキップ17歳!」も、ある意味別の切り口で本作と同じテーマを描いた作品と言えるので、ぜひセットでお勧めしたい作品です。


15 【モバマス】アイヤールのシンデレラ Session2-1【SW2.0】

土下寝P

・シンデレラガールズの凛、蘭子、きらり、楓さんがプレイヤーとして活躍する卓M@sシリーズ。かつての王道ファンタジーの雰囲気を色濃く残した期待の架空戦記であります。改変イラストもみんな凛々しくて可愛い。
・全開の2012年下半期20選に入れられなかったので、今回念願の選出をすることが出来ました。現在はまったり更新中とのことで、先のセッションが今から待ち遠しいです。
・ゲストキャラとして千早も活躍しており、GMのプロデューサーもいい味を出しています。4人のフレッシュな冒険物語を今後も楽しんでいきたいですね。



16 【モバマス】 “楓告白ビギニング” 【高垣楓】(修正版)

陽一P

・陽一Pによる楓さん3部作の最終章と言うべき作品。私はモバマスだと楓さんスキーなので、本作のラストで狂喜しました。楓スキーはもうこの作品でいろいろとゴールしていいと思います。
・少女のような無邪気さと、大人としての女性らしさ、おまけに駄洒落好きのオヤジ属性まで三位一体に併せ持つ反則キャラであるところの楓さんですが、その魅力を存分に引き出す陽一Pの実力は素晴らしいものがあります。楓さんのフリーダムな発言に的確なツッコミを入れていくPの姿を見ていると、3部作の第1話からずいぶんと関係性が変わってきたんだな、と言うことがよくわかりますね。


17 【Novelsm@ster】クロイ×ナターリア 第1話

若燕P

・業界最大手の誉れも高い961プロダクション率いる辣腕・黒井社長。ところが、せっかく育てたアイドルたちは、復活したスーパーアイドル・日高舞によってボコボコにやられてしまうのでした。負け続きの現状を打破するべく、海外に人材を求める黒井社長だったのですが……。
・モバマスのパッションアイドル達の中で私が一番好きなブラジル娘「ナターリア」が登場。持ち前のペースで黒井社長を振り回すだけでなく、エキゾチックな容姿と無邪気な性格で魅了します。それにしても黒井社長とナターリアを組み合わせがびっくりするくらい合うのが驚きですね。ペースを乱されまくる黒井社長がなんだか可愛らしく思えてきます。



18 犯罪者たちのドラマティック 1話

風上P

・2013年、登場アイドルのほぼ全てが何らかの犯罪者という本作により、強烈なインパクトを与えた風上P。もっとも、犯罪に手を染めていると言いながら、みんな極悪人になりきれていないところに、彼女達の捨てきれない優しさが表れている気がしますが。
・ノベマスとして大変手の込んだ構成がなされており、緊迫感のある画面作りと、大胆な実写動画の組み合わせによって、サスペンス映画的な雰囲気を演出しています。また、本作は最終話(5話)に至るまで伏線がそこかしこに張られているため、第1話から順に見ていくとニヤリと出来るかと。
・陽気な悪党達の、スリリングでドラマティックな人生。こういうアプローチが出来るのも二次創作たるニコマスならではの醍醐味かと思います。



19 【のべます】四条貴音のなにげないホリデイ

クローゼットP

・従来のノベマスでは見られなかった斬新な表現技法を確立し、精力的に活動されているクローゼットP。縦書き、横書き、さらにコミック風の吹き出し演出などをハイブリッドに組み合わせ、文章と映像表現の総合芸術たるNovelsM@sterの、まさに面目躍如というべき作風を完成させています。そんな彼のハイクオリティさを象徴する作品がこちら。
・貴音のとあるオフの一日を追いかけた短編作品。私生活が謎めいている貴音ですが、「ああでも確かに貴音ならこんな休日を過ごそうとするかもしれない」と思わせる作りは、クローゼットPの貴音に対する深い観察が生み出しているものと思います。
・なにげないホリデイ、だけれども大切な一日。765プロの仲の良さを堪能できる素敵な一作です。



20 大喜利やってチュっしてはああああああああん!

onihitokuchi 氏

・2013年初頭に突如彗星のごとく現れた作品。バラエティ番組風のテンポの良さでアイドル達の大喜利を描いたコメディとなっています。
・インターフェースの構成といい、クオリティの高いイラストといい、処女作離れしたレベルの作品となっていますが、作者のonihitokuchi 氏が投稿した作品は今のところ本作のみです。別に何かの作品制作を行っていた方なのかもしれません。
・後半に行くにつれて暴走していくアイドル達の珍回答も見ものですが、序盤の言動から引っ掻き回し役かと思われたDIO様プロデューサーが、意外と常識人だったのが面白かったですね。





サムネ1選

【NovelsM@ster】ハルカナメモリー第1話「その、瞳に映りしものは」

ゆゆまこP

・やわらかな手描きイラストを用いつつ、王道のアイドル成長物語を描いた作品。本当は20選のほうに選びたかったのですが、残念ながら枠を使い切ってしまったので、泣く泣くサムネ1選のほうにねじ込みました。
・スカウトのため新人オーディションを訪れた高木社長と主人公P。優秀なアイドル達が次々とスカウトされていく中、主人公はある一人の少女に心を奪われます。かくして、アイドル候補生・天海春香とPのトップアイドルへの道が始まるのでした。
・新米Pと新人アイドルの二人三脚というアイマス原作を髣髴とさせる作りは、王道であるだけに難しいものと思います。その王道に真正面からチャレンジしている本作を、私は応援しています。



関連記事
スポンサーサイト
.08 2013 ニコマス20選 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/870-d845b546

プロフィール

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(23)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。