【完成版】2012年下半期20選+1 (ノベル・架空限定セレクション)

【追記②】2013年2月2日
 や、やっと記事を書き終わった……ってもうとっくに20選のまとめ動画来てるじゃないですか、やだーー!
 
 気を取り直して。投稿から1ヶ月近くたってしまい大変お待たせいたしましたが、No11~20までの作品とサムネ一選のコメントを作成しましたので公開します。お待たせしてしまいまして申し訳ありませんでした。
 なお、当初行う予定でした20選のリストに入れられなかったものの最終選考まで残した作品の紹介については、筆者の時間的余裕がないため申し訳ございませんが行わない方針です。

 1月に投稿された作品のほうにもすでに20選に入れたい名作が次々と投稿されており、今後時間が出来たらなるべく最新の作品を紹介していきたく思います。ご迷惑ばかりおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。



【追記①】2013年1月19日
 記事の公開から大変遅れてしまい申し訳ございませんでしたが、ようやく10作品目までの紹介コメントを作成することが出来ましたため、先にNo1~10までのコメントを公開いたします。No11~20およびサムネ1選の紹介記事につきましては、現在仕事の合間に時間を作って執筆しておりますため、もうしばらくお待ちください。

 コメントをお待ちくださっている方々には大変申し訳ございませんが、どうしても20選の推薦コメントは推敲を重ねた文でなければ私も公開に踏み切ることが出来ないため、今しばらくのご辛抱をいただけましたならば幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。


【注】本記事は2012年下半期20選参加用の記事ですが、1月6日現在まだ作品紹介コメントの執筆が間に合っておりません。私事のため1月8日の締め切りまでの執筆も間に合わないと判断しましたため、先に選出作品のみを公開しています。コメントは後日追記する予定ですので、申し訳ございませんがご了承のほどお願い申し上げます。コメント追記時はアナウンスしますので、よろしければご再訪いただければ幸いです。

 また、今回は時間さえ取れれば久しぶりに「20選の枠には収め切れなかったものの、最終選考まで残した作品」の特集も組みたいと思います。



【2012年下半期20選】
基本レギュレーション
・対象は2012年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

【20選運営ブログ】
ニコマス20選投票所:2012年下半期ニコマス20選ポータル(http://nicomas20sen.blog.fc2.com/blog-entry-6.html)

※NP氏の本棚では全てノベマス・架空戦記などテキスト系作品からの選出のみで20選を構成しています。



1.チャリガール! -水瀬伊織の自転車生活始めました①

ajinoriP

・伊織と冴えないおっさん(役として登場するコミックス『アイアムアヒーロー』の主人公・鈴木英雄)が、下町を舞台に自転車を通じて交流する爽やかな成長物語。
・意外にも自転車に乗れないという伊織が、一生懸命乗りこなす練習に励む姿が何とも感情豊かで魅力的です。かつて子供のころ、必死で自転車に乗る練習をしていたころの懐かしさがあります。
・本作は響主役の「響と英雄のクロスバイク始めました」シリーズのスピンオフに当たる作品ですが、響編が旅M@sに近い作りであるのに対して、こちらは『箱入りお嬢様の小さな冒険』を描いたノベマスといった感じがありますね。娘の成長を見守るお父さん気分が味わえる良作です。


2.ブルーデスティニー【Novelsm@ster短編】

NG集P

・卓m@s界から馳せ参じた戦士・NG集Pのノベマス。笑って泣けて優しい気持ちになれる、今期の選出作でもとりわけ美しい作風のノベマスです。
・CDデビュー記念を口実に、春香の自宅へと半ば強引に招待された千早。想像以上に明るい天海家の風景を楽しみながらも、千早はその生い立ちから複雑な気持ちになっていきます。しかし、この日の体験こそが、千早が家族と向き合う大きなきっかけとなったのでした。
・シナリオ、演出、音楽とあらゆる面で隙の無い構成ですが、それ以上に私が一番素晴らしいと思ったのは「この物語の先」にまで千早の人生が続いていくことを示唆したラストシーンの余韻です。WilyP謹製のイラストとあいまって、実に見事なシーンとなっています。



3.シロガネノトリ プロローグ1 (再掲)【DARIUSBURST×IM@S】

略してP

・シューティングゲームの金字塔・ダライアスとアイマスの正統派コラボ架空戦記。メカと女子の組み合わせが嫌いな男子はいません!
・ダライアスとアイマスの豊富なMMDモデルを用い、丁寧なシナリオの元で組み立てたスペースオペラ的作品です。はるちはをメインとする百合要素が重視されているのも売りのひとつですね。
・このシリーズ、実はすでに一度完結しているのですが、諸事情で一旦全て削除され、リメイク版としてプロローグから再投稿が始まっています。旧版に比べて演出面がさらに強化されており、最終回までのリメイクが本当に楽しみです。


4.クロノ・マスター第57話【最終回】

ラヴォスP

・長きに渡るアイドルたちの大冒険もついに完結。クロノトリガーの世界で波乱万丈の体験をしてきたアイドルたちは、最後の敵を倒し現実世界に帰還しますが……
・アイマスとクロノの世界観を巧みにリンクさせた設定が素晴らしかった本作。続編のクロノクロスや後代のリメイク版クロノ等で明らかになった設定も盛り込み、クロノトリガーの世界観を独自の鋭い視点で考察した作品でもあります。古参のクロノファンにも、ぜひお勧めしたい作品です。
・クロマスに関しては、以前このような総力特集を組んだことがあります(「時の運命に立ち向かうRPG (ラヴォスP・クロノマスター特集)」)が、とにかく見応えのある作品でした。完結に至り、本当に喜ばしく思います。



5.”偶像使い”アイドルマスター 第36話「未来」

七篠P

・スーパーロボット対戦OGとアイマスのコラボ架空戦記。アイマス寄りの世界観側にスパロボの要素を取り込んでいるという点が、コロンブスの卵的なアイディアとなっている名作です。こちらも堂々完結。
・ヘッドギア型のゲーム機を装着することで、仮想空間内で自分だけのロボットを操作できると言う設定の下、バトルあり、友情あり、陰謀ありの少年マンガ的な熱いストーリーが展開されます。
・最大の見せ所はスパロボ名物のド派手な戦闘デモを巧みに切り貼りし、オリジナルの戦闘シーンを作り出している点です。上記のストーリーとあいまって、プラモ狂四郎やベイブレードといったホビーバトル物の面白さを再現した作品と言えるかと思います。


6.【ノベマス】裏方の想い

LandyP

・アニマスの映像をベースに、赤羽根Pと小鳥さんのアイドルたちへの想いを描いたノベマス。アニマス後半のとあるエピソード後、入院中の赤羽根Pを小鳥さんがお見舞いに訪れるところから物語りは始まります。
・静止画の切り出し方と再構成が抜群に上手く、まるで原作にこんなシーンがそのままあったのではないかと錯覚させるような作りです。時間がゆったり流れていくような雰囲気も良いですね。
・Pや事務員がいつも何を考え、必死にがんばっているか。アニマスの膨大な描写の中から、あえて花形のアイドルたちでは無く、裏方組みのシーンにスポットライトを当てたという点に、LandyPの目の付け所の鋭さを感じます。


7.ハルカのアトリエ ~ダーレスブルグの錬金術師~ Session0 【SW2.0】

むらたんP

・スイハンジャーシリーズでおなじみのむらたんPが、卓m@s界に新作を引っさげて参戦。ソードワールド2.0の世界の元、新米錬金術師・ハルカとその仲間達の冒険を描いた作品です。
・本作は参加するメンバーが少し変わっていて、かつて公式の企画でやよいと一緒のイラストを描かれた「中子」&「右子」が重要なポジションにいると言う役どころです。そして雪歩のキャラ付けがちょっと斬新? これが新鮮なキャラの絡みを見せてくれます。
・1セッションごとに集中連載すると製作体制をとっており、架空戦記の大ベテランであるむらたんPだけに面白さが抜群に安定しています。


8.【卓M@s】小鳥さんのGM奮闘記R Prologue【ソードワールド2.0】

ブリッツP

・いわずと知れた卓m@s界の大御所・ブリッツPが新たに始めたキャンペーン。現在も毎週末頃に定期連載されており、1週間の楽しみとなっています。ノベマス中心の視聴スタイルだった私が、卓m@sにはまるきっかけとなった作品です。
・この作品から、専属イラストレーターとしてコウサク氏が参戦。他にもだいずPを始めとする有志達が協力し、毎回豪華な作品として仕上がっています。
・王道英雄譚を描いてきたこれまでのブリッツP作品の傾向からすると、本作はダークヒーロー物寄りという異質さがありますが、それもまた他に無い魅力として際立っています。


9.【ノベマス】コーヒー一杯の時間【一話完結】

やる□P

・2012年下半期においてノベマス界の絶大な注目を集めたやる□P。コメディやシュールなギャグが目立つ方ですが、本作ではやる□Pのアイドルマスターへの思い入れを真美の口を通して表現した、温かみの強い作風となっています。
・亜美にも内緒の「大人の時間」を持っている真美、という設定がまた良いですね。といっても夜中にコーヒーを飲むだけという素朴なものですが。でも、そういう時間を持つ大切さは、大人になると改めてかみ締められますね。
・「ちはやさんの人」でおなじみのあごひげックス氏の提供したイラストも、この穏やかな作風と実にマッチしています。なんとも理想的なタッグが実現していますね。


10.【手描きノベマス】秘めた恋心

ゆメーターP
・夢子スキーの最右翼として名を知られる手描きノベマス界の勇者・ゆメーターP。本作は絵理の視点から夢子・涼との三角関係を描いた作品となっています。
・かわいらしい絵柄が印象的ですが、描かれている恋愛模様はかなり真剣で、絵理達の恋の駆け引きが丹念に描写されています。
・なんといってもこの作品、オチというか、最後のシーンまでの持っていき方が本当に見事です。単純な恋愛物というだけでなく、作中でほのめかされた謎が氷解するカタルシスも含んだ名作でした。




※No11以降、コメント執筆中

11.フェルガーナの歌姫 前編

原作:http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1522687
文章:フクロウ
編集:tahiriP
イラスト:くるわP
立ち絵:シロP
OP:せるき~P
音声Mix:ひわいなねこ
校正:どうみてもひつじ にわP

・シルクロードの異国情緒を、装飾豊かな文章で描いた歴史物語。投稿者一覧を見ていただければわかる通り、豪華な制作チームの力が結集した作品です。
・異国フェルガーナ(現在のウズベキスタンの都市)の歌姫として登場する千早と、極東の倭国からやってきた旅人出会いから物語りは紡がれます。二次創作ならではの自由な発想が育んだ作品と言えるでしょうか。
・古アジアの歴史に詳しくない方でも、そのロマンチックな雰囲気だけでも十分楽しむことが出来ると思います。


12.【ノベマス】しらふじゃいかんよ

覆面作家P

・お酒の趣味が渋いのと美人であることを除いては、いたって普通のOLだった高垣楓さん(25歳)。テレビの向こうの世界なんて遠く手の届かない場所、そう思っていた楓さんでしたが……
・ごくごく普通の人がアイドルとして輝き出す、まさにその瞬間を捉えた覆面作家Pの名作。楓さんという個性的な女性の魅力を次々と引き出していく筆力は、見事というより他ありません。。
・楓さんとは年が近いせいか、765アイドル達とはまた違った親近感を感じるんですよね。彼女が765アイドル達の活躍を見て、自分自身を変えていく姿に大変共感を覚えます。



13.もしも涼と○○がいとこだったら

さかちーP

・涼の従姉妹と言えば、当然のことながら律子なわけです。では、もし律子以外のアイドルが涼の従姉妹だったとしたら? そんなアイマスの常識に、真っ向から挑んだIFストーリーとなっています。
・関わるアイドルによってやたらと運命を翻弄される涼ですが、どんな子と組んでもドラマが生まれてしまうのが、彼の主人公としてのポテンシャルを物語っている気がします。意外にも伊織との相性が抜群でしたね。
・しかし従姉妹が誰であれ女装デビューを回避する可能性が絶無なのが涼ちんクオリティ。やっぱり不憫である。



14.【モータースポーツ】街道m@ster 峠の伝説 part0【厨二バトル】

街道P

・デビューするや否や、処女作とは思えない壮絶なクオリティの高さで度肝を抜いた街道P。改めて見返してもすごいインパクトのある作品です。
・テキスト系動画では表現が難しいと思われる「カーレースのスピード感」を、レースゲームの映像を交えた巧みな文章演出で再現しています。しかも、ただ「速い」だけの演出ではなく、緩急を織り交ぜてよりストーリー性のある速度感を表現しているところに凄みを感じますね。
・現在のところ、まだ2作目までしか公開されていないシリーズではありますが、この先の展開が全く読めないので続きがとても気になります。


15.【Novelsm@ster】 アイドル四方山話~第一話~

のすらP

・アイドル駄話シリーズで知られるのすらPの新シリーズ。私はこれまであまりアイドル駄話シリーズを見てなかったのですが、本作を見てのすらPの実力の高さに遅まきながら気付き脱帽しました。安定感のある面白さと言葉遊びが秀逸なコメディです。
・とある事情で現在の765プロ本社ビルから離れた「小事務所」に移ってきたプロデューサー。新人アイドル貴音を迎えるための準備に乗り出すのですが……残念なことにこのプロデューサー、芸能プロデュースは超一流であるにもかかわらず、それ以外が完全にポンコツなダメ大人だったのでした……
・世間を妙に達観しつつも、的確なツッコミを絶やさない伊織が本作のヒロイン格。よくもまあこのポンコツプロデューサーの相手をして心が折れないと思いますが、そこはそれ、伊織なりに彼のことを信頼しているからなのでしょう。


16.お兄ちゃん包囲網! 【ノベマス短編】

まるっこP

・過労で倒れてしまったプロデューサーに、天の授けとも言うべきご褒美をプレゼント。小鳥さんのよからぬ思いつき機転により、お見舞いに訪れたアイドル達がプロデューサーのことをもれなく「お兄ちゃん」と呼んでくれることに。
・三者三様、十人十色のお兄ちゃんコールを楽しめる皆得なコメディ。ところがアイドル達に紛れて、まさかの黒井社長までお見舞いに来ることに。恐ろしいことに子安ボイスによるお兄ちゃんボイスが聞けてしまうのか?
・普段お兄ちゃんと言わない子達がこの呼び方を使うと、妹萌えの属性が無くともなんか良いですね。小鳥さんGJ。


17.アイドルたちの何気ない日常 ~その18~

弓削P

・弓削Pの作品なのでまず例外なく傑作であることは間違いないのですが、その中でも伊織とあずささんがメインとなるお話を弓削Pが描くと、飛びぬけた名回になることが多い気がします。なんというか伊織の人間的な魅力・愛らしさをあずささんが引き出してくれるような描き方をされるんですよね。
・本作はシリーズその17「メロン回」の前日譚に当たるお話。その17は完全なギャグ回でしたが、その背景にはこんな感動的なエピソードがあったのかと思うと、ぐっと来るものがありますね。
・風邪で寝込んでしまった美希のことで、事務所で話し合う伊織とあずささん。普段は滅多に見せない一面をあずささんに見せる伊織が最高にキュートです。伊織が無条件で甘えることが出来る存在って、とても貴重なのではないでしょうか。


18.【Novelsm@ster】 夏夕空 【はるちは】

なかよしP

・投稿直後は見ることが出来ず、下半期マイリスにしばらく積んであった本作。年末年始の休みにようやく見ることが出来たのですが、なぜこの作品をリアルタイムで見ておかなかったのかと本気で後悔しました。この度、期限ギリギリで20選リストに叩き込こまざるを得なかった名作です。
・春香と千早の、切なくも幸せな同棲生活を描いた作品。分類的には百合作品ですが、2人の想いのすれ違いと、本質的に理解し合っている者同士としての丹念な描写は、実に恋愛ものの醍醐味を伝えているかと。
・立ち絵の演出が最小限であり、想像力を働かせて二人の表情を読み取ることで、さらなる感動を味わえる作品。赤と青、2色の色鉛筆調で描かれるビジュアルの美しさにも目を奪われます。


19.【NovelsM@ster】 Deepest_Memories

リィエンP

・アイドルとしては挫折を経験し、現在は一般人としての生活を歩んでいる千早。そんな彼女の元に、かつてのアイドル仲間であった律子が現れます。同じ挫折を共有したライバルと再会したとき、新世代のアイドルをめぐるプロデューサー達の戦いが幕を開けます。
・物語としてはアイマス2の世界観にかなり準拠していますが、大きく異なるのは千早と律子がすでにアイドルを引退して大人になっており、この2人がプロデューサーとなってぶつかるという展開でしょうか。
・映像の奥行きを演出する映画的なビジュアル表現は、昨今のハイクオリティな演出系ノベマス群の中でも十分以上に戦える水準であり、緊迫感のある物語と相まって高い効果を上げています。


20.【Novelsm@ster】「さん」【短編】

おしるP

・おしるPのアイドルを見つめる目はとにかく優しい。本作はそんなおしるPならではテイストを味わうことの出来る名作です。本作は美希を中心に、お互いの呼び方というテーマを通じてアイドル達を描いたハートフルな物語となっています。
・アイドル同士の呼び方というのはノベマス界でも必須知識として抑えておくべき項目ですが、時に「何故この子は○○にはさん付けし、××は呼び捨てなのか」といった原点が抜け落ちてしまいがちです。公式でそう呼んでいるからそうなのだ、と言うのはもちろん簡単ではありますが、時にアイドル間の呼び方を見つめ直すことで、アイドル同士の人間関係を再考察することが出来るように感じます。
・それにしても、美希って呼称に素直な相手への気持ちが出る子なんだなあ……




【サムネ一選】
【ノベマス】 72えもん 【第一話】

青タイツP

・あまりにもインパクト絶大なサムネと、酷い(褒め言葉)なギャグ満載の内容、そして後半シリーズで垣間見られるシリアスな展開と、見所に事欠かないシリーズ。20選枠には入れられませんでしたが、サムネ1選に滑り込ませました。
・誰もが知っているドラえもんのパロディとなる本作ですが、こう、何というか千早演じる72えもんの変態ぶりがやばい領域に達していますね…… それをあっさり受け入れるやよいとあずささんの親子も相当な天然だと思いますが。

 

関連記事
スポンサーサイト
.06 2013 ニコマス20選 comment2 trackback0

comment

maronzu
NP様。ノベマスファンの今回の20選の見所は、絶対この下半期、名前を挙げざるを得ない『やる□P』の「コーヒー一杯の時間」vs「お前高槻の事どう思う?」だと思うんですが、いかがでしょうか。私は個人的名作「ドーナツは傷つけない」とセットで選びたかったので「お前高槻~」に行きましたが、実にいい勝負になりそう。後、モバノベもかなりいい作品が増えてますね。
2013.01.07 22:37
NP(ニコラスP)
maronzuさん、ようこそ! 前回に引き続き、20選記事にコメントいただきありがとうございます。

やる□Pは今期のノベマスPの中でも、とりわけ話題性の強い方でしたね。「お前高槻~」とか「からあげ」とか「座標軸」とか、インパクトの強い作品が多いと思います。ちなみに私は次点で「お嬢様とける」を推しています。

その中で今回私が「コーヒー一杯の時間」を選んだのは、真美を通じてやる□Pが表現したアイマスへの愛情が、個人的にとても心地よいものであったことが決め手となりました。おそらく、ご本人も他の作品とは違った心持で「コーヒー」を作られたのではないでしょうか? やる□Pの個性的なラインナップの中でも、ひときわ上質の作品であると私は考えています。

そんなわけで私は「コーヒー」党です。

モバマス・ノベマスは2011年下半期のころは流石にまだ目立っていませんでしたが、2012年上半期から一気に良作が出てきて、2012年下半期にはすでに安定した供給が行われていたと思います。覆面作家P・陽一Pなんかも最近はモバマスをテーマにすることが多いですね。後は20選の最終候補まで残したフュージョンPの「サンキューユッキ」や、土下寝Pの「アイヤールのシンデレラ」、るいPのしぶりん観察日記なんかが今期のお気に入りです。モバマスノベマスはまだまだ可能性があると思っています。
2013.01.08 22:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/855-2c9b82eb

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者