スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

貴女が消えてしまう前に

 現在、非常に興味深く追いかけているあんこPのシリーズ。

偶像に口紅を1(世界から「あ」が消えました)


偶像に口紅を2(さらに「ぱ」と「る」も消えました)


偶像に口紅を3(そして「ぬ」も消えました)


偶像に口紅を4(すると「ぺ」も消えました)

あんこP
(※この感想記事は作品のルールにのっとり、「あ」「ば」「る」「ぬ」「ぺ」を使用禁止としています。) 

 筒井康隆先生の実験的小説を原作とするノベマス。世界から一字ずつ言の葉が消えていくことで、その文字を名に含む存在もまた消滅していくという終末世界を描いたお話となっています。リボンの子を始めとして、765プロの子たちも次々と消滅していく悲しい世界。その中でプロデューサーは何を想い生きていくのか。
 静かに紡がれていく物語が感動を呼ぶ、最近注目中の作品です。

 おまけの解説編はうってかわってのんびりした雰囲気ですので、そちらも楽しく拝見しています。


【アイグラネタ】はるいおがたこ焼きを食べに行くようです【Novelsm@ster】

焼き肉P

 同期・焼き肉Pのはるいおノベマス。仲の良い子同士でたこ焼きを食べに行ったら、きっとこんな風に楽しいんでしょうね。春香と伊織に加えて、競演しているあずささんと貴音がほのぼのした雰囲気を醸し出しています。
 アイドル達の和やかな食事風景を垣間見られる短編です。オチもきっちり。



【NovelsM@ster】 いつもはお姉ちゃんだけど... 【短編】

いたちょこP

 アイマスの癒し系コンビとしては最強と謳われるあずささんとやよい(所謂ひらがな組)。あずやよ作品は数が少ないものの、この二人を描いたノベマスには名作が多いという印象があります。カフェあずさもそうでしたね。それは多分、やよいが心から甘えられる存在として、あずささんが心優しい女性に描かれているからだと思います。
 
 いたちょこPの上梓した今作もまた、そんな二人の優しい時間の過ごし方を描いたノベマスに仕上がっています。お互いの髪を梳く姿は、まさに本当の姉妹のようです。


涼が他のアイドルと同居するようです ばんがい!「コタツの罠」

玉子焼きP

 876アイドル達の騒がしい同居生活を描いたノベマス。夢子・絵理・サイネリアの3人からモテモテの涼と、まだ涼が男性であることを知らない愛ちゃんの関係が微笑ましいですね。涼のおかれた状況がが羨ましすぎます。

 衣装改変によって冬らしい恰好をしているせいか、こたつでミカンを食べながら視聴したい雰囲気に仕上がっています。


めしばなアイドル貴音 パイロット版

龍彦P

 食の軍師・小鳥シリーズの後を受けて登場した龍彦Pの新作です。今回の主役はラーメン女王の呼び声も名高い貴音が務めます。事務所に備蓄されていた即席ラーメンの味を巡り、丁々発止のグルメ論争を展開する貴音達。アイドル達の誇りをかけた「めしばな」が、いま炸裂します。


夢を背負うプロデューサーと、狼煙を上げる少女の話。

ガルシアP

 毎回欠かさず見ている「とのばな。」ですが、今回は感想記事を書くのに難儀しました。基本的に本シリーズは「物悲しい」雰囲気はあっても暗くは無かったのですが、今回に限ってはかなりダークな物語が展開されます。そういう意味では異質な回と言えるかもしれません。

 とは言え、このお話は次の展開につなげていくために重要な「布石」の回であることも十分に感じられました。シリーズ物のノベマスは一話ごとの「点」のストーリーのみならず、各話が結びつくことによって生まれる「線」のストーリーも醍醐味であります。ガルシアPがこの回に散りばめたニュアンスが、今後のお話の中でどのように活きてくるのか、その点に物凄く関心があります。

 なにぶん叙述トリック的な仕掛けを得意とするガルシアPだけに、今回出てきた設定をその通り受け取るのは早すぎる気がします。後続の物語まで見てからでないと、この回の真価が測りにくいですね。


変態りっちゃん

事故米P

 久しぶりに復活を遂げた事故米Pの作品。ノベマス史上トップクラスに残念な美女と化した律子と、逆にまともになった小鳥さんのかけ合いが楽しすぎる短編です。
 美希LOVEなあまり、変態淑女となってしまった律子。そのあまりの駄目っぷりに、流石の小鳥さんもドン引きしてしまったようです。しかし妙なところで純情なこの律子さんには、逆に好感を抱いてしまいますね。


『loser』 【Novelsm@ster短編】

夜の機動戦士P

 ニコマスでは07年から活動し、最近はノベマスPとしても活躍している夜の機動戦士P。新作は美希とPを主役に、「負けることの意味」を問う示唆的なノベマスとなっています。
 負け知らずだった美希が、初めて味わったオーディション不合格の挫折。そんなときでも「悔しい」という感情が理解できないでいる美希が、秀逸な手法で表現されています。苦い敗北の味が勝利の美味に変わる日は、そう遠くないことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
.03 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/784-a69619b1

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。