スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第5次ウソM@s大戦 その3 瑞P特集

ようやく瑞PのウソM@sラッシュを見終えたでござる。全部で22本も投稿するとは恐れ入る限りです。その中から個人的に気にいった7本を紹介します。


双子と恋と男の娘


 今回のウソM@s連作の中でも、とりわけ好印象だった作品です。涼ちんと遊園地で遊ぶ約束をした亜美でしたが、とある偶然から真美が亜美になり変わって遊びに行くことに。亜美に申し訳ないと思いつつも遊園地を楽しむ真美ですが、これが後にややこしい事態を招くことになってしまいます。

 亜美、真美、涼の微妙にすれ違った関係性を描いた一作。今回の瑞P作品群の中でもとりわけ人物描写が魅力的でした。


ジュピターをプロデュースする羽目になった


 今回のウソM@sの中では、平蜘蛛Pの「仁」に匹敵するインパクトがあった作品でした。まあ、サムネの時点でオチがついていますが。瑞Pが宇宙を扱った作品を描くと高確率で傑作が生まれる法則が実証されましたね。


黒井春香のかれーなる野望


 春香が黒井社長の娘という奇抜な設定のノベマス。765プロを貶めるべく様々な謀略をめぐらす春香でしたが、何故か彼女の悪行(笑)は周りのアイドル達に良いことばかりをもたらします。いつの間にか765プロの信頼を得てしまった春香でしたが……。


岡本社長奮闘記


 最近、自分が一番シンパシーを感じるのはまなみさんなのではないかと思うようになりました。本作は過労で倒れた石川社長に代わり、岡本まなみさんが社長職を代行するというお話。普段は受け身的なまなみさんが社長として覚醒したとき、恐るべき手腕が発揮されます。


水瀬伊織の秘密


 乙女な伊織の恋模様を描いた作品。タイトルからは「乃木坂春香の秘密」を連想させますが、内容的にはPに恋する伊織が、健気にもPの「趣味」を理解しようと頑張る姿を描いたラブコメ的ノベマスとなっています。伊織のフォローに回る貴音の存在感が大きいですね。


麗華と涼が決闘するそうです


 今回の瑞P作品で興味深かったのが魔王エンジェルと涼ちんの登場頻度の高さでした。特に瑞Pは涼×麗華の組み合わせが好みのようですね。彼の描く魔王エンジェルの背景には言葉に出来ない哀愁がある感じがします。ともみ、りん、そして麗華の友情がきちんと描かれている所も好印象です。


続きと続きと最初の話


 多作の瑞Pだからこそ出来た作品。これまで彼が発表されてきた歴代ノベマスの世界を行き来するという、瑞Pによるファンサービス的な内容のノベマスとなっています。瑞Pの原点に立ち返るようなエピソードもあれば、かの「はれるでしょう」で有名な「貴音が日本語を忘れてしまったようです」の続きも来るなど、盛りだくさんな内容です。



 瑞Pの他作品はこちらから。
関連記事
スポンサーサイト
.15 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/778-73f52b88

プロフィール

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(23)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。