スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

春香のワンニャン時空伝

 だが悲しいかな、私は旧ドラえもん世代。
 


 普段はなるべくマイリス登録順に紹介をするのですが、この二つに関してはセットで紹介した方が良いかと思ってピックアップしました。

【Novelsm@ster】ハルカとくらそう【わんことくらそう】

まだ名前はないP(ロン氏)

ねこ事務所

スミキP

 ケモナー諸兄の歓喜の声が聞こえてきそうな2作品。春香さんにケモノ耳は似合いまくるという説が実証されましたね。

 まだ名前はないPの作品は「人型のイヌやネコ」が存在する世界を舞台に、Pの家で飼われるわんこ春香さんとの魅力的なペットライフを描いた作品。原作はかの都築真紀さんが手がけたPCゲーム「わんことくらそう」とのことです。健全なストーリーのはずですが、半端無い背徳感もあわせて楽しめるノベマスとなっています。


 スミキPの作品は「ある日突然765プロのアイドル達がネコ化」した世界を舞台としたコメディ作品。皆ネコ語を話しているために意志の疎通が出来ず、途方に暮れているPの前に現れた救世主の正体とは? 
 こちらはネコ派の人達にお薦めなノベマスですね。あずさネコさんのエロさが異常。



 ニコマス界で大反響を呼んでいる弓削Pの「伊織ちゃん伊織ちゃん」感想は記事のラストにて。

三浦あずさの婚活 第5話

若燕P

 これまで暴走コメディ路線で突っ走ってきたあずささんですが、今回ばかりはシリアス展開の前に傷心を隠しきれません。急展開を迎える第5話です。
 伊織と春香によって、これまで謎とされてきたPの過去が明らかになります。彼が765プロにやってきた本当の理由とは? そしてその理由を知った春香はPに詰め寄りますが……。
 コメディの中にピリピリとした緊張感のある展開を織り込んでいく若燕Pの技が光る回です。


ディナーは冷めない・後編

ハヤブサP

 焼き肉Pを筆頭とするはるいお一門が送りだした最強の刺客・ハヤブサP(あ、私も一門に加盟してますけれど)。前篇で伊織の誕生パーティーに間に合わなかった春香ですが、幸いなことにパーティー後は二人きりで仲良く時間を過ごします。すでに夫婦漫才の様相を呈している二人ですが、最後に春香から思わぬ情熱的なプレゼントが。

 末永く幸せになって欲しいと願いたくなる、素敵なはるいおです。


【im@s架空戦記】ばれっちーちゃん Act.2【BulletWitch】

歪氏

 ノベカク繁栄の大功労者・歪氏の大型連載シリーズ。早くも続編の登場です。千早と春香の疑似ゲーム実況といったノリの作品であり、豊富な小ネタと書き下ろしの立ち絵群の数々で楽しませてくれます。なんかこう、千早が楽しそうなのが気持ちいいんですよね。


じゃずます! iM@S JAZZ FES '11特別編(前編)

留守番P

 嘘マス&iM@S JAZZ FES '11参加作品として大好評を博したスウィングガールズ風ノベマス。765と876のアイドル達がオールスターで送る、青春バンド物語です。前中後の3部作になる予定とのこと。
 夏を反映してか、アイドル達が水着姿で演奏する様子が描かれるようで眼福です。現場はとても楽しそうですね。無茶ぶりされてる涼以外は……。


【アイマス】学園SF「暁の光芒」第三回【MMD】

扇子P

 往年のジュブナイル・テレビドラマを彷彿とさせる、高品質なMMDドラマ作品です。隕鉄を用いて作られた「流星刀」の伝承とその行方を探るため、郷土史を調べ始める律子と伊織。古い歴史を持つお寺を訪れた二人は、そこで律子の祖先「若森直之丞」が刀を拝領していたことを突き止めますが……。

 設定が綿密に練り込まれた作品であり、アイマス物というより純SF物の作品として鑑賞できる逸品です。これを原作にテレビドラマを放映しても、かなり良いものが出来上がるのではないかというほど、完成度は高いと思われます。


【アイドルマスター】二人の思い出 第6話前編【( ・∀・)つ⌒∞┃】

ボン太くんP

 春香と千早に急きょ告げられたオーディションの話。そこで二人は雪歩と真のデュオ、そしてケンカを乗り越えて絆を深めあった伊織とやよいのデュオの二組と対戦します。しかし心に迷いを抱えた千早はいつもの力を出せず、オーディションは終始不利に進みますが……。
 映画的な演出の見事さはもはやボン太君Pの代名詞。本作も十分にその魅力が炸裂しています。


【NovelsM@ster】妄想の世界 「2つの世界 1-2」

かもっぱちP

 Pとあずさのデートを阻止するべく動き出した春香と美希(に巻き込まれた雪歩・真・亜美も)。その前に立ちはだかるのは伊織・律子・貴音・やよい達。サバゲ編の再来を思わせる大激戦の末に、春香と美希はPの元へたどり着けるのか? 当初はP達を邪魔するだけが目的かと思われた春香達ですが、その本当の目的は別の所にあったのでした。春香さんの告白が切ない……。


876プロの水瀬P【「DREAM!!」番外編】

アイオリアP

 876プロで新しいプロデューサーとなった伊織の奮闘記。「ダイアモンドを磨けるのはダイアモンドだけ」という持論から、自らのレッスンを欠かさない姿勢に伊織らしさを感じます。
 そんな伊織の前にひょっこりと顔を出してしまった水谷絵理。原作ではトップクラス同士になってから邂逅する二人ですが、この作品では格上の伊織に主導権を握られっぱなしの模様です。それでも絵理の力を引き出す伊織にプロデューサーとしての素養を見出せますね。





 各所で感動の声が続出中。

伊織ちゃん伊織ちゃん

弓削P

 弓削Pの「さんさん」シリーズの最新作。ネタばれ自重で書いていきます。

 すでにファンの間で大反響を巻き起こしている事実が示す通り、弓削Pの歴代作品の中でも傑出した感動作となりました。毎回熱い紹介記事を書かれることで有名な先輩ブロガーのarakawa77さんが、「気合いを入れた記事(リンク先:荒川河川敷)」を書いていること、さらに新進気鋭のニコマスブロガー・胡桃坂さんが「ノベマス史に残る最高の一瞬(リンク先:世界の片隅で、愛を呟きたい)」という長編記事をそれぞれ上梓されていることからみても、本作が尋常ならざる評価を得ていることが伺われます。


 さて、本作で描かれるのはあずささんと伊織の関係なのですが、いわゆる「あずいお」カップリング物というテンプレートで表現しきれない深みを有しているのが素晴らしいですね。人間同士が心から憧れ合う姿は、それだけでジーンとくるものがあります。2人の表情がどこまでも柔らかく優しいのもたまらんですね。隠しきれない幸福感を顔に表しながら、伊織があずささんの手を引いて歩いている姿が目に浮かぶようです。


 この作品は単品でも十分話題になり得る「感動」を描いたノベマスですが、それがより大きな反響を呼び起こしたのは、おそらく弓削Pの「歴史の積み重ね」があったからではないかと私は考えています。

 というのも、本作で最大の感動をもたらしているのは「ラスト直前の意表を突いたワンシーン」だと思うのですが、このシーンは弓削Pの「アイドルたちのジャンケン大会」「GENUINE」「アイドルたちの何気ない日常」「さんさん」という各シリーズで育ててきたあずささん&伊織ストーリーを結晶化したものと見られ、さらにそのシーンの演出に弓削Pワールドならではの設定が反映されているために、歴代シリーズを知る者のカタルシスがより増幅されているような感じがします。弓削Pファンにとってはご褒美のような作品です。

 逆に過去のシリーズに馴染みがないと感動が減ってしまうリスクがありますが、これまでの経緯に詳しくないファンであってもラストシーンで十分に感動を味わえる構造になっていることが、本作が名作と評される所以かと思います。最後に至るまでの物語の組み上げ方がとても素晴らしいです。

 いや、それにしてもこの読後感の気持ちよさは筆に表しがたいですね……。本当に良き作品と出会うことが出来ました。




 なんか今日の記事、意図したわけでもないのに伊織率が高い気がします。なんというか、この子が幸せを押し隠そうとして、でも全然隠せてない時の表情が私はすごく好きです。

 うん、おかしいな。タイトルはわた、春香さんだったはずのに・・・・・。


関連記事
スポンサーサイト
.03 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/726-99931cf8

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。