スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

サウンド・オブ・サイレンス

 かもっぱちP作品の「少し不思議」感がたまらん。

【NovelsM@ster】静かな世界 前編「あずさと律子」


【NovelsM@ster】静かな世界 中編「あずさと千早」


【NovelsM@ster】静かな世界 後編「あずさとアメ」

かもっぱちP

 かもっぱちPの「~の世界」シリーズ最新作。SF=少し不思議な世界設定を基に、アイドル達の姿を描く手法は本作でも生かされています。第一話のみ画質がやや粗くなっていますが、二話以降は高画質になるのでご安心を。
 今回の主役はあずささんと、律子・千早のミッシングムーン組、そして言葉をしゃべるネコ「アメ」の4人です。姉妹のように信頼し合う3人と、彼女たちを大人びた目で見守るアメの語りが印象的なノベマスに仕上がっています。

 ラストに心地よい感動を味わえる、素敵な連作です。



【NovelsM@ster】ディライトスーパーノヴァ Stage13 路の途上で…[中編]

平蜘蛛P

 初期のころのお話し以来、久しぶりにディラノヴァを見たのですが見せ方が物凄い進化していて驚愕しました。前話を見てなかったので物語的なつながりは曖昧でしたが、それでも見入ってしまうほど劇的な展開が繰り広げられます。各アイドル達に強力なライバルが続々現れ、まさに同時多発的な戦争が起ころうとしているように感じますね。言うなれば「嵐の前の嵐」という雰囲気です。


【Novelsm@ster】ちっこい女性Pの奮闘記 その5

おしるP

 色々あって物凄く心配していましたが、無事におしるPが帰ってきてくれました。やはり彼の名前を見つけるととても安心します。
 ちっこい女性Pシリーズの最新作は、興味深いことにむろPのBMGシリーズの影響で響編と相成りました。今回はPよりも千早のアシストの方が目立つ感じですね。性格的には随分と違う響と千早ですが、二人とも「孤独」というテーマを抱えている点で共通性がありますから、結構この二人はベストフレンドになれるんじゃないかなと思いました。


優しいプロデューサーと、子供たちのアイドルの話。

ガルシアP

 ひょっとして今回一話分に出てくる人数がシリーズ最多なのではないでしょうか? どうもこのプロジェクトバベルは思った以上に大勢の人間が絡んでいるようですね。そんな群像劇の中、チェス盤を挟んでにらみあうが如く冷静に推移を見つめているのが765と961の社長さんのような気がします。この二人だけは、筋書きの先の先まで見えているんでしょうね。おそらくこの事務所同士の「勝負」を決するのは、どちらのほうが未来を読み切っているかという点に集約されるのだと思います。

 もっとも、765の社長さんは先の筋書きを読んでも、あえて行動しないという選択を取りそうな気がしますが……。


【im@s架空戦記】ばれっちーちゃん Act.1【BulletWitch】

歪氏(アイマスMAD処女作)

 ある意味、この先のアイマス架空戦記Orノベマス界において、彼以上の「大型新人」が現われることは無いと思われます。ノベカクファンにはお馴染みの絵師・歪氏が満を持してのニコマスデビューです。
 歪氏と言えば、現在のノベカクで広く利用されているアイドル達の汎用立ち絵を準備された方であり、彼の存在なくして今日のノベカクの発展はありえなかったろうと言わしめるほどの大功労者です。そして処女作ながら造り込みの完成度が恐ろしく高いという。
 原作のバレットウィッチはキリンさんの実況で見たことがある程度の知識でしたが、実に楽しめました。コメディタッチな演出も多く、ゲーム実況系動画を見るような安心感があります。


アイドルマスター 「収録風景」

mms.P

 MMDドラマかと思いきや、なんと自作の3Dモデルを用ているという驚異の作品。造り込みが凄いだけでなく、春香も千早も本当に可愛らしいですね。どことなく中の人達のスタジオ風景を彷彿とさせる「収録風景」を描いた短編ストーリーで、正統派のはるちは作品としても楽しむことが出来ます。


小須田Pの引越し

小須田P

 最近クセになりつつある「引っ越し」シリーズ。毎度毎度ながら理不尽な転勤に振り回されるPの姿が、悲しくもおかしい作品です。今度の派遣先はフランスのパリ・カタコンベ。この恐ろしく陰湿な地下空間に迷い込んだ雪歩を探すべく、Pのダンジョンクエストが始まります。このPの精神的強さは私も見習いたいくらいです。


【アイマス】現代如月概論【ラーメンズ】

KKPP(仮) (アイマスMAD処女作)

 元ネタは有名らしいのですが、それを知らずともシュールな展開に引き込まれる作品。エセアカデミック風味の語り口が淡々としていて面白いですね。内容のインパクトが強くてすぐに気付きませんでしたが、立ち絵の加工や静止画加工(特に海岸のやつとか)に物凄い手間をかけてらっしゃいますね。ネタも豊富で、大層手の込んだ作品に仕上がっています。


関連記事
スポンサーサイト
.27 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

comment

ガルシアP
ピックアップありがとうございます。
登場人物は過去最多。新キャラも第1話除けば過去最多。
そんなこんなで、やや話が広がりすぎじゃないか?
というご意見・ご心配も頂いております第9話です。
色々思案した上で、今回出したいと思い、あんな感じに。
物語の大きな展開は、次回に託す格好です。
色々な形で、色々な盛り上がりを演出していきたいと思っています。
2011.07.29 01:57
NP
>ガルシアPへ

 お疲れ様です。舞台にそろう役者の数はどんどん増えてきていますが、K_1155さん謹製の人物相関図やガルシアPのブログ記事をガイドに作品を楽しませていただいています。人数は多くとも、それぞれの子たちがしっかりと物語の本筋に絡んでいく構成が良いなと感じますね。

 次回の展開、心待ちにしております。
2011.07.29 23:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/722-11d13fa0

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。