スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2011年上半期20選外伝

 20選の集計期間も過ぎましたので、恒例の「最終選考まで残しながらも規定の枠に収まらなかった作品」特集を上げたいと思います。いつも思うのですが、ノベマス・架空戦記にジャンルを限定しても20枠では紹介数が足らないですね。

 今期はアイマス2の発売があったためPV勢が20選でも猛威をふるう傾向にありましたが、ノベマスだって随分と良い作品・優れたP達がデビューしているのだということを、ここでアピールしておきたいです。



01 【NovelsM@ster】中子右子が876プロからトップアイドルを目指すようです。1話

グラスレディーP

 今期20選における「22番目の候補作品」。かなり初期から20選候補に入れていた作品だったので、リストから削った時は断腸の思いでした。
 アイマス公式の企画でピザーラの広告にやよいが出たとき、誌面で共演していた二人のモブキャラ、通称中子と右子。その二人のモブっ子を物語の主役に大抜擢し、再評価の機会を広めたのが本作です。
 春香達765勢や愛ちゃん達876勢とは全く異なる、「完全にゼロからスタートの成長物語」に挑戦したシリーズ。2011年上半期を代表するシリーズに数え上げられても良いと思っています。



02 【ノベマス】ぷりんぷりんはるるん【短編】

ハリアーP

 今期のハリアーP枠を選ぶとしたらこの作品でした。歴代のハリアー手描きシリーズ中でも、アイドル達の可愛らしさという点ではトップクラスに入るのではないかと思っています。リボンズと小鳥さんの役回りのバランスが良いですね。利きプリン大会を軸に、各キャラの個性が発揮されて完成度の高いコメディになっていると思います。
 あ、あとハリアー作品中、オチが一番好きかもしれない。



03 失踪うぃーくでい【のべるすますたー】

Oh!Yeah!氏

 2011年初頭にこの一作のみを発表されたミステリアスなルーキー。内容のインパクトはかなりのもので、一度見たら忘れられない作品です。後半のサスペンス描写のじわじわ来る怖さに、シークバーをいじらずに耐えられたら英雄物ではないかと。
 2011年ノベマス群の中でもかなりの異彩を放つ逸品です。



04 【Novelsm@ster】彼女の呼び方【短編】

おしるP

 ちっこい女性Pシリーズを始め、上半期も大活躍だったおしるP。ここしばらく、創作の姿勢のことでかなり悩まれておられたようですが、各動画の再公開に踏み切るなど、少しづつ前向きに進まれているようで胸をなでおろしています。

 今期おしるP作品からはコチラの短編をセレクト。おしるPは千早の「幸せ」とは何なのかをよく把握しておられるのではないかと思います。呼び方一つで救われる少女もいる。千早の心からの笑顔がまぶしい名短編です。


05 NovelsM@ster - 真がともだち
 velvet氏 (現在非公開)

 数ヶ月前から動画を非公開にされてしまったvelvet氏。公開状態であれば、間違いなく今期の20選に入れていたのですが、思うところがあったようなので仕方ありません。
 2011年はニコマスの再活性化の兆しの陰で、静かに動画を消される方や活動を休止される方も多くいらっしゃいました。そうした「痛み」もまた忘れるべきではないと思っています。


06 【エロm@s】私はツインサテライトキャノンと寝た女!

覆面作家P

 エロM@sであってエロM@sではない、恋愛ものであって恋愛ものでない、そしてアイマス物であってアイマス物でない、という極めて特異的なノベマス。タイトルのインパクトとともに、今期覆面作家P作品の中ではひときわ異彩を放つ作品です。

 なんとも切ない春香の狂気が、ほろ苦いエンディングをいっそう引き立てます。


07 ふとんみたいな君のこと

すっきりぽんP

 春香の一挙手一投足から作品の隅々にまで満ち溢れた「春」のやわらかさ。この一流の雰囲気作りは、すっきりぽんPだからこそなせる技だと思う。本作ほど心が安らぐノベマスというのも滅多に会えないものです。

 温かい気持ちを感じたい時に、クリックしたい逸品です。


08 【NovelsM@ster】私とアタシ 第1話

ゆりゆめP

 今期ひそかに気に入っていたシリーズの一つ。DS絵理ルートにおける「VSサイネリア編」をサイネリア側の視点で描いた作品です。あくまで原作準拠の物語でありながら、「絵理の前では明るく振る舞っているが、実は絵理以上に繊細で内気な少女」としてサイネリアを描いており、その内面と外面の葛藤の様子が絶妙に表現されています。

 これみてサイネリアがもっと好きになった。



09 アイドルマスター 伊織にキスを ~KISS the IORI~

ゆうのP

 伊織とラブラブするお話としては、おそらく行きつくところまで到達した作品、と言えるかもしれません。路地裏探偵奇譚シリーズと双璧をなす伊織いちゃいちゃ短編をあげるゆうのPですが、今作はとにかくストレートに濃密な作品をぶち込んできた感じです。
 
 

10 『やよいは大社長』  第四次ウソm@s祭り遅刻開き直り組

くぴP(仮)

 今期で一番驚いたノベマス作品というと、おそらくこの作品かもしれない。フォントの用い方、映像的なテンポの良さと、機能美Pの作品を初めて見た時の感覚に似た意外性がありました。面白い要素をこれでもかと詰め込んだ、非常に印象的な作品です。



11 またにかける中年【NovelsM@ster短編】

ワイリーP

 今期の20選で何人か本作を選んでいる人がいて、私もニヤリとしました。悪徳記者をメインに据えるというかなり異色のノベマスでありながら、その渋い作りが記憶に刻まれる作品でした。そして慈母の涙を流すあずささんもまた良いんですよね。近年稀に見る、とても硬派なノベマスです。



12 この空はつながっているので、当然こういうことも有り得る

さそP

 アイマス2発売以降、真の描かれ方についてさそPが色々と考えられていたことは私も知っていて、それゆえ彼があげていた真関連のノベマスは重く受け止めていました。ただ、本作はそんなさそPの自己問答に一区切りがついた後の作品であるためか、明るさ楽しさを強く感じます。如何にもさそPワールドらしい作品である、という気がしますね。

 冬馬はガンダムが好きで、北斗はラブプラス芸人で、翔太は他2人にあきれながらもノリに乗ってくれる。何処かにそんな平和な三羽鴉がいてもいんじゃないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト
.12 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

comment

Vinegar56%
20選記事、また外伝記事の執筆お疲れ様です。
今期の20選、印象としてはPVが目立つと言われていますし、集計上もそうなるでしょうが、ノベマスに注目してみると、参加者の母数が増えたせいか、選ぶ人選ばれる作品の多様性は前期よりも増しているように思います。とはいえ、それでも選ばれていない素晴らしい動画は数多あり、また自分自身も選定後になんでこれを忘れていたのかと思う動画をいくつも再発見したりで、奥深いことこの上ありませんね。

私自身、今期は初めてノベマス中心で選んでみましたが、本当に全然枠が足りないものですね。あれもこれも入れられなかった、と悔いばかり残ります。本選に匹敵する充実ぶりのNPさんの20選外伝を拝見して、我が意を得たりというかほっとするというか、そういう心持ちがいたします。

20選全体と絡めていくつか言及させていただきますと、グラスレディーPの作品は、私も11上半期を象徴するノベマスの一つだと思っていますが、NPさんが「22番目」として選ばれたように、実数として選ばれた以上に多くの人の心の中に残っているんだろうな、という感じがします。
覆面作家Pは今期、選定が特に難しかった一人ではないでしょうか。上半期通して、とりわけ動画ごとに様々に魅力的な表情を見せた作者だと思います。前期は票数的には「お姫様の魔法のディスク」一極集中でしたが、今期は本当に選者ごとにばらけた印象を受けました。

ともあれ、こうして記事を読ませていただいていると、今期も数多の素敵な作品に出会えて、実に幸せなことだと改めて思います。上半期も素晴らしいノベマス記事の数々、本当にありがとうございました。

2011.07.13 00:22
NP
>Vinegar56%さんへ

 コメントありがとうございます。Vinegar56%さんの20選も拝見させていただきまして、その選出の目と語り口に惚れぼれしていました。特にひゅんPの「ふしぎしき」を選出されていたのはもう「お見事!」という感じです。
 
 実際、今期はアイマス2の発売がありましたからPVが強いだろうとは思いましたし、私もバックグラウンドはPVPなので喜ぶべきことではありますが、相対的にノベマスの選出が少なくなってしまう可能性を危惧していました。ただ、先ほどZeitさんのまとめを見たところ、テキスト中心に選んでいる方も結構おられたようで、そうした人たちのセレクトによって今期の名作群をかなりカバーできていたように思います。


 私はいつも20選となるとノベ・架空だけを選ぶ頑固なセレクトをさせていただいてますが、それでもなお20枠じゃ足らないという悩みが付きまといます。そんなわけでこの外伝記事は、選出時のフラストレーションの自己解決が主目的ですね。実際は50選くらいあれば満足できるセレクトも出来るでしょうが、そういうわけにもいかないので、こうして補完をさせていただいてます。


 グラスレディーPは本当に惜しかったですね。ウソM@sでの超ド級の名作ラッシュがなければ、20選入りは確実な作品でした。あの作品はたぶんフィロソPによる魔王エンジェル再評価ノベ以降に生まれた「過去のアイマスサブキャラを見直す」流れの中にある作品だと思います。そういう点でも、アイマス2以降のノベマスを見る上で重要なポジションにある作品だったと思われますが、惜しむらくは……というところです。
 覆面先生については、私は入れるとしたら「サテライトキャノン」一択でした。どうも私は覆面作家Pの苦みのあるラストに共鳴してしまうらしく、その点サテライトキャノンのラストシーンは実に素晴らしかったのですが、今回は準20選入りとさせていただきました。彼はどの作品でも水準以上の名作をあげてきますから、作品の票が割れるのもある意味名誉なことだと思いますね。


 振り返ってみると、やっぱり今期のノベマスも良いものばかりだったように感じます。次の下半期でまたどのような作品に出会えるか、今から楽しみです。




2011.07.13 23:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/711-206eb077

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。