スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

微妙にプレッシャー

 毎年5月はノベマスの良作に恵まれるように思います。

アイドルマスター 伊織にキスを ~KISS the IORI~

ゆうのP

 今回わかったこと: 愛のあるキスはエロm@sよりエロい。
 というわけで伊織いちゃらぶストーリーの第一人者こと、ゆうのPが送りこんできた激甘のノベマスです。ゆうのPのシチュエーション設定は、毎度ながら神がかっていますね。
 9分間の内の約半分はキスしているという恐るべき作品なので、視聴するときは周りに人がいないことを確認して、思い切りにやけながら楽しまれるのが良いでしょう。


家の壁が千早になっていた。【第四次ウソm@s祭り】

ヘンリーP

 765後家蜘蛛の会シリーズなどでその優れた腕前を知られるヘンリーPの新作。インパクト絶大なタイトルが目を引きますが、作品の中身はいたって正統なコメディとして作り上げられています。
 千早が壁に同化した存在として登場する斬新さも面白いのですが、「平面」を利用した演出ギミックが工夫されていて、ノベマスの表現技法としても興味深いものがあります。
  壁に張り付いた(?)千早と暮らす、奇妙な同棲物語。これは続く・・・・・のでしょうか?
 

ロケットディーヴァ

HLCP 遠心力P

 話がひたすらすれ違い続ける面白さを描いたコメディ。人間大砲ロケに参加した千早の顛末を友人に語る春香でしたが、友人の絶妙なボケっぷりと揚げ足取りのために中々話を進めることが出来ません。それでも投げ出さずに話を続ける春香は、本当に鍛えられていますね(色んな意味で)。

 見終えた後の異様な脱力感がクセになる作品です。


【ノベマス】如月先生と春香のアブない個人レッスン

覆面作家P

 砂糖菓子の弾丸、覆面作家Pの新作はメジャーカップリングである“はるちは”でした。ドレミを口ずさむだけでもやたら可愛い春香と、彼女の音程に我慢ならなくなった千早が仲良くなるまでの物語。なんとも最悪な知り合い方をした二人ですが、春香の持ち前の明るさの前に、徐々に千早も態度を和らげていきます。
 この二人の関係はとってもやわらかいですね。ほんわかする短編作品です。


朝比奈りんと始球式

ミューゼスP

 野球の始球式に招かれた朝比奈りん。その準備を兼ねて、彼女にに投球練習をもちかけるPでしたが、思いがけず強烈なピッチングを披露するりんに度肝を抜かれます。どうやらフォーム修正を口実にちょっかいをかけたかったようです。
 迎えた始球式の日。滞りなくイベントを済ませたりん達はさっそく野球観戦を楽しもうとしますが、観覧席には先客の姿が・・・・・・?
 


【ノベマス】メカニック・アイドル-第一話-【ウソm@s】

武蔵野P

 ドタバタギャグのような冒頭の雰囲気から一変、天海春香は不慮の事故(どんがら)により植物状態になってしまいます。沈痛な面持ちで集まる765プロの人々。そんななか病院に現れた伊織は、ある非現実的な提案を持ちかけます。その提案を半信半疑で聞くプロデューサーでしたが、おもむろに伊織は千早を呼び寄せると、驚くべき真実を打ち明けます。春香の復活はあるのでしょうか。


クロノ・マスター第36話

ラヴォスP

 だいぶ前に「祝! 第二部完結!」と記事に書いてしまいましたが、あの時は「第二部のクライマックス」であって、本当の最終回はこの36話だったみたいです。完全に早とちりしてしまいました。
 血のにじむような冒険の末、ついに春香復活への糸口を見つけた雪歩達。未来の死の山にて、切り札の「クロノトリガー」を起動させます。そして、原作クロノでも屈指の名シーンである、感動の再会がみなを待ち受けているのでした。

 ここからいざ大反撃と言う原作のシーンを見事に再現なされた回でした。これにて第二部は終了とのことですが、ラヴォスPも第三部に向けて準備を進められるそうですので、完結までよりいっそうの応援をさせていただければと思います。



【NovelsM@ster】  雷鳴のハルカ  【第四次ウソm@s祭り】

HDKPPP

 HDKPPPによる、ハードなアクション巨編。秘密結社を抜けだし追われる身となった春香と、その追手として迫りくる真との壮絶なバトルが繰り広げられます。かつての仲間と戦うことを拒絶する春香ですが、無情にも真の取りだした強力な装備の前に、ぶつかりあわざるを得なくなります。悲しい闘争の後に、訪れた結末とは。


悪魔城ハルキュラ 蒼月の十字架 Part1

キシンP

 以前から面白いという話を小耳にはさんでいたキシンPのハルキュラシリーズ。今回初めて拝見しましたが、確かに物凄くテンポが良くて面白い架空戦記でした。過去のシリーズもいくつか拝見しましたが、スピーディに進行する物語と、あらぶる雪歩達アイドルの活躍をたっぷりと堪能させていただきました。
 キャラ崩壊というよりも、いい感じに性格を崩して楽しく描くことに成功している作品だと思います。


【水瀬伊織】 Understand; 空を見上げるマリオネット 【誕生祭】

しゅんしゅんP 留守番P

 1004P合作「夢見ル月が終わる頃提出作品のリニューアルにして伊織誕生祭用ノベマスです。富豪の家に生まれたくさんの使用人や有力者達に囲まれながらも、 本当に心許せる人と巡り合えないでいた伊織。そのためか、人形劇のように無機質な人生を送っていた彼女でしたが、ある日知り合った高木社長との出会いが、伊織に新しい道を提示します。
 伊織の原点を描くことに挑戦した、良作短編です。




ノベマス 朝起きたら男の子になっていた。6-3

PちゃんP

 以前から盟友きっちょむPが猛プッシュしていたシリーズです。古いシリーズですが、ひょっとすると当ブログで紹介するのは初めてかもしれません。
 私もシリーズ物のノベマスをうっかり1,2話見逃してずるずると積み状態にしてしまうことがよくあるのですが、朝男シリーズもその中の一つでした。確か一番最初の小鳥さんが真と×××する話と、美希が風呂場に入ってくる話までは読んだはずですが、その後完全に見逃していたように思います(PちゃんPの短編はいくつか見ていましたが)。
 そのため今回6-3の視聴の前に、復習のために最初の1~2話と、予習のために6-1&2を見てから視聴しました。なので間のエピソードがごっそり抜けていますが、かろうじて話についていくことが出来ました。真が男の子になったことって、もういろんな人にバレてるみたいですね。


 さて、超久しぶりに見た朝男シリーズですが、笑ってハラハラして充実した時間を過ごすことが出来ました。楽しい話のところではきちんとコメディをしていて、要所要所でドキリとするモノローグが語られる。一見すると楽しげな雰囲気のノベマスですが、同時にいつ何が飛び出してくるかわからない先の読め無さがあって、シナリオに締めず緩めずピンと張った琴線のような緊張感が保たれていると感じました。

 それにしてもこの作品、恐ろしく人物描写がリアルですよね。出発点では「女の子が男の子になっちゃった!」という現実にあり得ない大ウソをついているわけですが、その後に語られる物語の細部には明確なリアリティを感じます。
 例えば16歳の真&雪歩なら、いかにも「現実の16歳の男の子Or女の子」が持ちそうな思考に基づいて行動しているように見えますし、2X歳の小鳥さんは「20代後半の手練手管のお姉さん」として、ある種の生々しさを持って描かれています。 
 なんというか 登場人物の実年齢と精神年齢が非常にマッチするように描かれている印象ですね。キャラクターが実年齢よりも大人っぽかったり、子供っぽく描かれたりする演出はよく見られますが、ここまで徹底的に心と体の発育を擦り合わせて人物描写に肉付けしている作品はめったに見ない気がします。そういう精巧さがリアリティを生み出しているのではないかと。



 きっちょむPが毎回ブログで物凄く熱の入った朝男推薦記事を書いていたので、この記事を書くにも少々プレッシャーを感じましたが、まずはこんな風にまとめてみました。途中のストーリーをごっそり飛ばしているので、見逃した回を見たらまた印象も変わるかもしれませんが、さすがに名作の誉れ高いシリーズだと、私は思った次第です。



関連記事
スポンサーサイト
.08 2011 アイドルマスター comment4 trackback0

comment

きっちょむP
ゆうのP来てたのね!
これは見ないと!

朝男紹介記事と聞いて!(ガタッ
年相応の、等身大ゆえのリアリティやそれを描く台詞回しにモノローグがうまいんですよね
過去回も凄く人間的な掘り下げが見られますよ!
間の話もお薦めなのー!
修羅場にダメまこ、手加減無しの失恋劇にはるまこ青春、三角関係の構築とその結末!
時間があればぜひお薦めします

紹介記事連日お疲れ様です
2011.05.08 00:52
ゆうのP
どうも、ゆうのPです。
ご紹介頂きありがとうございます。

第一人者かどうかは判りませんが、伊織のいちゃらぶノベは少なく、
ましてやペタペタとスキンシップを図るものは(私が認識している範囲では)
ごくわずかなので、自己満足のために作っているだけです。
でも楽しんでいただけているのでしたら何よりです。

ネタやシチュ的に限界を迎えているので、どうしようかと思っていますが
とりあえず頑張っていこうと思います。

これからもよろしくお願いします。
2011.05.08 16:21
NP
>きっちょむPへ

 お久しぶりです。こないだのきっちょむさんのブログの方も拝見させていただきました。マコベスの方も楽しませていただいてます。

 朝男シリーズは前々からきっちょむPが熱烈なプッシュをされていたので把握していたシリーズでしたが、ここで取り上げるのは初めてとなってしまいました。そちらの熱い記事に負けないよう私になりにまとめてみたつもりですが、なにぶん途中回をすっ飛ばしての視聴だったので十分な理解に基づくものではなかったかもと思っています。

 どうやら間の回も波乱万丈のようですね。6章での春香達の言動と、コメントで教えていただいた展開を照らし合わせると、なんとなくこれまでの流れが浮かび上がってくるような気がします。ぜひ、時間を見つけてシリーズをじっくり視聴してみたいものです。
2011.05.08 21:16
NP
>ゆうのPへ

 当ブログにお越しいただきありがとうございます。投稿なされている素敵な作品の数々、いつも楽しませていただいています。今回の伊織もたまらなくかわいらしいですね。愛のあるキスには、精神的な領域まで侵略するエロティシズムを感じます。

 ゆうのPの伊織ラヴラブシリーズは、見事に私の好みを直撃する作品群でして、寝込みをおそってもらったりひげを剃ってもらったりといったシチュエーション・ラヴが本当にたまりません。伊織との甘い空間を楽しめるノベマスをもっとたくさん見たいと思っているので、ゆうのPの伊織シリーズは毎回じっくりと味わうように堪能しています。


 路地裏探偵奇譚シリーズはまだ初回以外は未見ではありますが、盟友Vinegar56%氏が以前から推薦されているシリーズですので、こちらもいずれ一気見をさせていただこうと思っております。その際はまた感想なども書かせていただければと考えているところです。


 本作にて、実に素敵な伊織との時間を過ごすことが出来ました。当ブログでは、これからもゆうのPのご活躍を応援しております。
2011.05.08 22:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/663-7fc6efe2

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。