スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

NP氏の本棚・2周年記念特集「もう一度語りたいあのノベマス」

 おかげさまでこの「NP氏の本棚」は今日で開設2周年を迎えました。いつも見に来てくださっている方に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。時間の許す限りは続けていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。


 2周年をささやかに記念して。
NP師の本棚2周年

 ビキニの上だけ映すとパーティードレスみたいに見える、ような気がする。
 ちょちょっとMMDを使って記念画像を作ってみました。アイマス2風春香さんモデルはこちらよりお借りしています。


【MikuMikuDance】天海春香 3rd【作製完了】

uchikura氏




 さて、2周年の記念に何をしようかなと考えたのですが、今回は自分の振り返りの意味も込めて、2010年までの作品限定で、私自身が「もう一度語りたいあのノベマス」について記す記事にしようかなと思います。お時間よろしければ、しばしお付き合いください。なお、ノベマス以外にも架空戦記作品を数作含めています。


【アイドルマスター】春香たちの夜 第一話「アイドル迷探偵」

哀川翔P

 メモリアル特集の劈頭に上げるべきは、なんといってもこの作品であります。言わずと知れたNovelsM@sterの始祖「春香達の夜」。発表当時、初めて目にしたテキスト系ニコマス作品であったことから鮮烈な印象を受けました。ちょうどそのころ自宅の旧PCが壊れており、わざわざ大学のパソコン室にまでイヤホン持参で出かけていってシリーズを追いかけていたのを思い出します。同時期にミステリ板に立った「春香達の夜緊急議論スレ」に張り付いて推理遊びに夢中になっていたのも楽しかった思い出です。筋書きの面白さと疑似フルボイスに挑んだ意欲的なスタイルは、今でも色あせることがありません。


【アイドルマスター】ゲームセンターCX 春香の挑戦 呪いの館

焼き肉P

 私と同じ日にニコマスデビューなされた御縁のある焼き肉P。処女作がPVであったため、次の作品もPVで来るかと思いきや、まさかのテキスト系作品であったために驚いたことを覚えています。この第一回から今日までほぼ欠かさず見ているのですが、息の長いシリーズですよね。古くからのニコマスのレギュラー作品という感じです。


アイドルマスター 弟切草 春香篇(前)

弟切P

 私の記憶が確かなら焼き肉Pが架空tailパーティーに参加された際に、同枠で出ていた弟切P作品が印象に残ったため、その直後に視聴を始めたシリーズだったと思います。08年のころはノベマスはほとんど見ていなかったのですが、この作品と焼き肉P作品、そしてゆPのO4U!だけは例外的に見ていたことになります。
 怖い話は苦手なのですが、グイグイと引き込まれる物語に圧倒され、全部見てしまいました。この作品でホラー系のノベマスにも多少耐性がついたように思います。




 何と言っても、この作品が私の大きな転機となりました。

【アイドルマスター×太閤立志伝V】伊織立志伝第一回(前編)

糸冬P

 以前にこのブログの記事で記した記憶もありますが、私は08年の後半に重度の「アイマス楽しめない病」に掛かっていまして、しばらくアイマスから距離を置いていた時期があります。
 その暗黒時代から抜け出すきっかけとなった作品が二つあり、ひとつは同期のayakanP(仮名)の傑作「娘々サービスメドレー」を見たときに「ああ、俺ってまだアイマスで感動できるんじゃないか」と思える自分に気付いたこと、そしてもうひとつは09年初頭にたまたま糸冬Pの「伊織立志伝」と巡り合えたことでした。
 この作品と出会い、それまでほとんど見てこなかった「NovelsM@ster」というジャンルに対して急速に関心が高まったことから、一気にノベマスを読みあさるようになりました。現在の「ノベマス読みのNP」が誕生したのは、間違いなくこの作品があったからこそです。


【アイドルマスター】Abyss in Heaven

kakaoP、947daP、陽一P

 いろいろあって09年になってから一気にノベマスを見始めた私でしたが、その中で一番最初にハマりこんだのが陽一P作品でした。その当時は陽一Pのバレマスシリーズも全く見ていなかったのですが、このAbyss in Heavenを見て大変な興奮を覚えたことから、過去作の視聴を開始するようになりました。
 息をつく暇すら与えない激動の筋書き、まるで一本の映画を見終えたような充実感、この作品でノベマスの面白さから逃れられなくなった私は、ガンガン視聴ペースを上げていきます。



カフェ「梓」へようこそ

カフェP

 当初はあくまでもノベマスに関しては見る専の立場を貫く予定だったのですが、5月にこの作品に出会った時、「ブログでこの作品紹介したい!」という感情をおさえきれなくなり、連休中の勢いを借りて立ちあげたのがこの「NP氏の本棚」です。なので、このブログで一番最初に紹介したノベマスがこの「カフェ「梓」へようこそ」になります(ただし、実際に紹介記事を書いたのは5月7日でしたが)。また図らずもカフェPの名付け役になったこともあって、忘れがたい作品です。
 
 今でもこの作品の優しいアットホームな世界観は大好きで、またカフェPがノベマスに戻ってきてくれないかなあと秘かに思っています。


【美希ノベマス】RE:series / Re01 who aRE:you? - encounter あなた、だれ?

優希P
 
 当時どなたのブログだったのかを失念してしまいましたが、「あなたの10分間をこの作品のために使ってみてくれ」という熱い紹介記事に惹かれて視聴したことを覚えています。そして実際、素晴らしい作品でした。とにかく造りこみが繊細な作品でしたが、残念ながら諸般の事情でシリ-ズ半ばで連載が止まってしまいました。それでも未だに記憶からこぼれおちない名作だと思います。


高校生な亜美真美と暮らすノベマス【Second Step 1話】

シンドーコバヤシP

 歴代このブログで紹介してきたノベマスの中でも、トップクラスに好みだったのが本作でした。シンコバPはもともと実力のある制作者でしたが、このシリーズを連載していく中でさらにその力量を伸ばし続け、最終話近辺の演出は凄まじいものになっていました。脚本の面白さ、音楽のチョイス、ハイクオリティの改変立ち絵、連載物としてバランスのとれた構成、コンスタントな連載ペースなどなど、ノベマス求められるあらゆる要素を高いレベルで兼ね備えている点で、特筆に値すると思います。


【アイドルマスター】プラネット☆ラヴ 1話

PV枠:deadblue238P
シナリオ枠:介党鱈P
デザイン枠:947daP

 シネ☆MAD 3rdにおいては何と言っても「3A07」が記憶に深く刻み込まれていますが、こと純粋なノベマスの形式で勝負した作品としてこの「プラネット☆ラヴ」も私は気に入っています。SFタイプのノベマスはかなり好きな部類に入るのですが、その絶対数は少なく感じます。その中にあって、「プラネット☆ラヴ」は貴重な正統派SFジュブナイルとして今でも輝きを放っているように感じます。


【NovelsM@ster】雪とうさぎ

斜塔P

 斜塔Pは私がイチオシのプロデューサさんの一人。非常に寡作な方なのですが、発表される作品はどれも粒よりの良作ばかりです。雪歩と伊織の組み合わせが象徴的ですが、「まなざしビーム」のように春香と貴音の組み合わせを描くなど、比較的珍しいコンビを描くこともあります。
 斜塔P作品に登場する人々は、何とも人間くさい魅力に充ち溢れています。この方のアイドルの描き方は本当に好きですね。


【Novelsm@ster】幸せの隣に

おしるP

 おしるP作品は数多くありますが(先日、投稿作品が100を越えたとのことで、おめでとうございます)、その中でも一番好きな作品がこちら。PCトラブルで引退されかけたおしるPが、復帰した作品だったので嬉しいということもありますが、もうひとつこの作品を愛している理由は何と言ってもその作品コンセプトです。あずささん作品はどうしても「隣に…」の世界観の影響が強く、PV・ノベマスを問わず悲恋系の作品が多くなる傾向がありました。3A07も大好きですが、あの作品も悲恋でしたからね。
 そんな閉塞感を打ち破る形で発表されたのが、「あずささんの幸せな恋愛」を描いた本作であり、そのコンセプトには大変共感しうるものがあります。


貴音を月まで連れて行く

瑞P

 瑞P作品の中でも最大のお気に入り。こないだVinegar56%さんがテキスト系ニコマス作品100選を行った際に、リストインしていたのを見てニヤリとした一篇です。再生数やマイリスト数としては、同時多発的に発表された瑞Pの他の作品の中で飛びぬけているわけではありません。しかし、一番印象に残ったのは間違いなく本作でした。本作のメインガジェットであるロケットが、主人公である美希の天才性と友達思いの優しさを象徴する存在として描かれており、テーマ性とストーリー性が絶妙に組み合わさった傑作であると思います。


白日、夢の残滓

覆面作家P

 覆面作家P作品に初めて出会ったのは伊織主演の「等身大のあたしを愛してよ」でした。この作品を見た瞬間、「この人の作品は絶対に見逃してはならない」と直感的に思ったものですが、その後の覆面先生の活躍ぶりは皆さんもご存知の通りです。
 そんな覆面作家Pの作品の中で私がもっとも記憶に残っているのがこちら。かつて砂糖工場と形容した甘美なノベマスも良いのですが、その一方でほろ苦い後味を残す名作も上げられており、本作はそうした「ビターな覆面作家P」を代表する一篇だと思います。春香派の心にぐさりと刺さるラストは忘れられません。


音無小鳥のサイン売ります

yoyo氏

 yoyo氏の引退はノベマス界の大損失だと今でも思っています。P名が確定しないまま静かに引退されてしまいましたが、幸いなことに作品のみは残されているため、sinseiPのマイリストから巡礼することが出来ます。
 この人の作品は本当に心に残る物ばかりなのですが……本当に惜しい限りです。


【ノベマス】がんばれ! 秋月プロ・前編【短編】

ハリアーP

 質・量ともにノベマス最大の名匠であるハリアーP。ニコマスファンが集まった席でハリアーPの作品について皆で語ったら盛り上がりそうですが、私なら一番好きな作品としてこちらを推します。
 オリジナルキャラが二人も出てくる作品ではありますが、その二人をあっという間にアイマスキャラたちの中に馴染ませてしまう手腕は見事なものがあります。そして風変わりな登場人物達が芸能界をひっくり返すような大活躍をして去る、という筋書きも気持ちが良いですね。



クロノ・マスター第17話

ラヴォスP

 一人のPの作品について、あそこまで熱く語った記事はないと思う。そのくらいラヴォスP特集を書いた時は気合を入れました。
 この作品はとにかく熱いですね。私はノベマスは連載をこまめに追いかけていますが、架空戦記は一気見するほうが楽しい気がします。一日がかりでシリーズを見て、2週間がかりで記事を書いた作品、ということで記憶に残っている作品です。


【あずゆめノベマス】ヒーリング・イコン

ガテラー星人P

 DS系のノベマスでとりわけインパクトが強かったPは、やはりガテラー星人Pだったように思います。二次創作SS界の大ベテランとして、確かな筆力で描かれる作品群は、どれも名作ばかりでした。あと合間に挿入されるイラストもかなりのインパクトでした。また、意外とハードな物語展開が多いのもガテラー星人P作品の特徴だったように思います。しかし、エンディングで後味の悪い思いをしたことはあまりないですね。
 本作はDS本編では詳しい説明の無かった夢子とあずささんの出会いを保管した作品。DSの前日譚としても、見応えのある作品でした。


【NovelsM@ster】偶像町幻想百景(前)

百合根P

 百合根Pのノベマスは世界観ごと大きく組みかえる大胆さと、アイドル達の本質をかっちりと捉えた人物描写が魅力的です。その中でもこの偶像町幻想百景は、世界観そのものがシェアワールドとなっており、多くのノベマスP達が派生作品を生み出したことで記憶に残っています。この和風の世界観は、私のみならず多くのファンやノベマスP達の心を捉えて離しません。



彼女の冬の色

百舌P

 アイドルの立ち絵を一切用いないストイックなスタイルの作品を発表されている百舌P。どうしても「ビッ千早」を初見したときのインパクトが忘れられないのですが、作品の雰囲気という点ではこちらの方が好みです。アイドル達の表情を文章からしか伺うことが出来ない分、色々と想像力を働かせて楽しむことが出来、その繊細な作風がいかんなく発揮される演出だと思いました。
 

関連記事
スポンサーサイト
.04 2011 ノベマス特集企画 comment4 trackback0

comment

Vinegar56%
最新記事に気づかず過去記事の方にコメントしてしまいました。
実に思い出深い名作ばかり並んでいて喋らずにいられないので、こちらでもいくつかの動画についてコメントさせていただきます。

私はニコマスと出会ったのが遅かったので、哀川翔Pから糸冬Pまではリアルタイムでは見ていませんが、ノベマスを見始めて初期に出会った動画たちなので、とても思い入れがあります。弟切Pはしばらく新作の投稿がなく、ゆPの作品が消えてしまうという非常に惜しむべき損失もありましたが、哀川翔P、焼き肉P、糸冬Pが今もノベマス・架空戦記の第一線で活躍されているのは、真にファンとして喜ばしいことですね。

話題に出していただいたので、私事ながらまた拙100選の話をしてしまいますがw。カフェPもシンドーコバヤシPも、09年と10年のノベマスを語るに外すべからざる候補としてあったのです。それを敢えて外したのは、何を選び語るのが自分に一番ふさわしいかを考えた時に、これはNPさんに選び語られるのが一番ふさわしい動画だと思ったからで。今日この記事を拝見して、あれで良かったと思う次第であります。

>おしるP
アイドルの持つ根本的なテーマに、あたたかさと優しさでもって正面から取り組んで昇華する。おしるPの真骨頂の作品ですね。

>瑞P
この爽快さというかまばゆさというか、ちょっと他に類を見ないほどの後味の良さをもつ動画ですよね。存在がロケットそのもののような作品です。

>yoyo氏
デビュー時から上手い方でしたが、活動終盤はまさに唯一無二の、端整で凝縮された世界を見せてくれていました。本当に、ノベマス界の大損失、だと思います。

>百舌P
この方のアイドルを見つめる視線は芯のところで凄く一貫していて、表裏の関係で、というか連続したものとして「ビッ千早」の世界があるこそ、この「彼女と冬の景色」のような温かくて愛しい世界があるのだという気がしています。文章の力というものをまざまざと見せてくれる作家ですね。

人の記事で語るなら自分のところでやれという話で、長文まことに申し訳ありませんでしたが、2年の積み重ねを象徴するような素晴らしい記事、大変楽しく読ませていただきました。

2011.05.05 01:06
NP
Vinegar56%さん

 お祝いの言葉をくださって、ありがとうございます。2周年の記事は日付が変わる直前に上げたため、御手間をかけさせてしまいました。二つのコメントへの返信をまとめて、この欄にてさせていただきたいと思います。


>最初に頂いたコメントへの返信
 物語を楽しむこと、それがこのブログの原動力のひとつですね。上の記事にも書いた通り、私は一時期アイマスから距離を置いた時期がありました。それでもこちら側に戻ってこられたのは、アイドルマスターに登場する全ての人々の物語が好きだからで、今になってみればあのまま立ち去らないで本当に良かったと思っています。何と言っても、人の心に響くのは良い作品と良い物語です。長く続けていれば、楽しいことは色々とめぐってくるものです。


 伊織の誕生祭は例年以上に盛り上がっているように思います。私もささやかながらMMD静止画を一枚制作してみました。伊織は私にとってはまだまだわからないことが多い子で、「ああ、もっとこの子のことを知りたい」という欲求が今年の伊織プッシュに繋がっています。本当は今年限定のプッシュとして伊織を推していたのですが、いつの間にか本当に彼女の虜になってしまいました。全く、いけない子です。ひょっとすると春香派と伊織派は相性が良いのかもしれませんね。



>後の記事に頂いたコメントへの返信
 本当はこの記事に50作品ほど取り上げる予定だったのですが、さすがに無理だったので大量に削った結果このようになりました。「雪歩と廻る日々」も途中まで記事を書いていたのですが、日付が変わりそうになったので断念して投稿しています。

 まあ、私もニコマス歴は2007年からとはいえ、ノベマスを見始めたのは2009年になってからですから、ことテキスト系作品の視聴歴に関して言えばVinegar56%さんの方が長いと思います。私の場合、08年代のノベマス語りは不得意ですね。

 07年、あるいは08年から活動を続けている人というのは意外と少ないもので、哀川翔Pや焼き肉P、糸冬Pが今もコンスタントに活動されているのは特筆に値すると思います。ゆPのO4Uは突然消えてしまったので、本当に残念でしたね。


 100選の件ですが、カフェPとシンコバP作品が無かったのはそういう理由でしたか。なんだか気を遣わせてしまいましたね。確かにこの2シリーズは私も機会を設けて語り直したい名作だと思います。私もとりわけ思い入れが強い作品です。もし私が100選をするとしたら、必ず入れると思います。当面はオールタイム特集は組まないつもりですが、その時が来たら改めて言葉を選んで語ってみようと思います。



 というわけで、2年も続けております当ブログですが、今後とも贔屓にしていただければ幸いです。Vinegar56%さんのブログも日々楽しみにしておりますので、これからもよろしくお願いします。
2011.05.05 17:56
ガルシアP
2周年、おめでとうございます。
自身と照らし合わせると、ちょうど1年先輩にあたるのがNPさんでした。
自分がブログを始める前から拝見しておりましたので、まさに、
膨大な量の動画が投稿されるニコマスのガイドブックのような存在でした。

今回の記事も、各作品紹介を見るにつれ、「おー」と声が出るようでした。

ぜひ今後も、素敵な記事を綴って下さい。
リンクありがとうございます。
今後とも、どうぞ良きご縁を。
2011.05.06 11:42
NP
>ガルシアP

 お祝いのコメントいただきありがとうございます。先ほど「とのばな」一気見生を見て参りました。サプライズで最新作も拝見しまして、充実の2時間になりました。お疲れ様でした。

 私もブログの方はまだまだ勉強中です。今回のラインナップも、当初の予定ほど作品を取り上げきれなかったものですから、心残りな部分も多々あります。

 リンクの方も了解してくださって感謝しています。なんか声をかける機会を逃したままで来てしまったので、今回加えさせていただきました。

 本当に長いお付き合いになるかと思います。これからもよろしくお願いします。

2011.05.07 00:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/660-dc6542c9

プロフィール

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(23)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。