ストレンヂア見ました

 今日はレンタルで借りてきた『ストレンヂア -無皇刃譚-』を見ていました。時代劇は好きですが、時代劇アニメとなると中々数が少ないため、かなり期待して借りてきました。そして、その期待は十分に満足させられるものだったといえます。



あらすじ
 戦国時代、さる事情で明国から逃れてきた少年・仔太郎(CV:知念侑李)と愛犬の飛丸は、追手に襲われながらも庇護を求めて白土の万覚寺という寺に向かいます。そんな仔太郎が道中で出会ったのは、刀を紐で縛って封印した浪人"名無し"(CV:長瀬智也)。不敵な言動の"名無し"とは反りが合わず、出会い頭からケンカを始める二人でしたが、乱戦で負傷した飛丸を助けるために協力したことをきっかけに、旅路を共にすることになります。
 一方、明国から仔太郎を追ってやってきた謎の一団は土地の領主と手を組み、山間に奇怪な建造物を建てて陰謀を企てます。もっとも、一団最強の剣士である羅狼(CV:山寺宏一)だけは異国で強い相手と戦うことにしか興味ないようで、彼の関心は謎めいた腕前を持つ"名無し"へと向かうことに。
 仔太郎を中心に、様々な人物たちの思惑が入り乱れ、物語は怒涛のクライマックスへと雪崩れ込んでいきます。血刀が振り乱れる凄惨な戦いの中、自らの運命を切り開くことが出来た者は果たして?




 実写では不可能な、アニメだからこそできる大胆なアクションシーンと、戦国時代の空気を伝える綿密な美術。さらにシンプルかつ筋のしっかりしたシナリオで締める、実に良い「日本映画」でした。これだけ骨太の時代劇を、実写ではなくアニメの形で創り上げられたことにまず拍手喝采です。

 演出面が本当に良いですね。日本剣術VS大陸剣術といった珍しい殺陣もさることながら、「雪夜の戦闘では火に指先をかざして温めてから戦う」とか「それまで乗っていた馬が死んでしまった時、目礼をしながら横を通り過ぎる」等といった細かい所作に血の通ったリアリティがあって見事でした。こういう時代の息遣いを感じさせるような所作というのは、往年の時代劇ならばともかく、近年の実写時代劇ではなかなか見られなくなったものです。古流剣術を稽古していると、その過程で昔の日本の「所作」に関する知識も増えるのですが、その目から見ても良い演出だなと思うシーンが随所にみられました。

 "名無し"役の長瀬智也さんも、声優としての演技面はどうなんだろうと若干心配していたのですが、まったくの杞憂でした。山寺宏一さんや石塚運昇さんを始め、本職の方たちの演技の中に入っても全く違和感を感じません。むしろ大変な熱演を披露していました。

 アクション面は監督・安藤真裕氏が格闘アクション作画の名手と言うだけあって、大変充実したものでした。単純に作画がすごい、というよりも「斬った、斬られた」の感触が伝わってくるような映像で怖いくらいです。もともとアクションを存分に描くことが企画当初からのコンセプトだったそうで、まさにその面目躍如といったところでしょうか。


 今日、極めて貴重となってしまった重厚な時代劇ドラマを、このような形で目にすることが出来たことは、たいへん素晴らしい経験でした。満足、この一言に尽きます。



関連記事
スポンサーサイト
.05 2011 TV comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/640-d61aaf2b

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者