バレンタインという日もある

 連休とバレンタインが連続しているせいか、新作ノベマスがたくさん上がっているようです。第6回MMD杯も追いかけているので、寝る時間が無くなりますね。

 アイマス2が発売されたらノベマスの視聴を少し控えめにするかもしれないので、ブログの更新頻度は落ちると思います。それまでに書けるだけ記事を書いておかねば……と思ったのですが、記事書いてる途中でマイページが開けなくなってしまいました。ここ最近、ニコニコ動画のシステム不調が話題に上ることが多いですが、やはりシステムに無理が生じているのかもしれません。



 記事執筆中にマイページが開けなくなってしまったので、紹介は3件のみです。本当はもっと紹介する予定でしたが、後日に回します。

エアアイドル・マスター 第2話「二人の『アイドル』」 part2 【NovelsM@ster】
 
アデリーP
 一握りのトップアイドルと、多数の脱落者、そしてトップアイドルの影武者として生きる「エアアイドル」が存在する世界。 アイドルから脱落し、そしてエアアイドルとしても落ちこぼれてしまった春香は、偶然から二人のアイドルと知り合います。その二人……やよいと伊織との出会いが、果たして傷心の春香に何をもたらすのでしょうか。


【NovelsM@ster】天海春香のValentine's RADIO【バレm@s2011】

4D-POCKET氏(アイマスMAD処女作)
 
 バレンタインデビューの凄腕ルーキーの登場です。春香と軽口哲也という珍しいコンビが送る一回限りのラジオ番組。その番組内で、バレンタインデーにまつわるリスナーのエピソードを面白おかしく(ときにジョジョネタを交えながら)紹介していきます。最後はあたたかいエンディングを迎えて、幸せな気持ちになりました。

 細かい演出の工夫がキラリと光る、注目のPです。


南斗黒烏拳伝承者の憂鬱

さそP

 私はいおたかノベマスを見ていたと思ったら、いつの間にかラブプラス談義になっていた。何を言ってるか(ry

 さそPの新作はSP版エンディング後の伊織&貴音と、今日誕生日を迎えた伊集院北斗の物語。というか彼の誕生日が今日だということをこの動画を見て初めて知りました。3羽カラスのプロフィールは全然まともに読んだことないしなあ……。ちなみに、さそPの北斗は相変わらずラブプラス(の凛子)にご執心のようなので、まったくの無害であることを記しておきます。

 北斗の語るラブプラス論は、ある意味アイマスと付き合う我々への問いかけのようにも感じますね。食わず嫌いしないで見れば、色々考えさせてくれるノベマスだと思います。


関連記事
スポンサーサイト
.14 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

comment

さそ
お風呂から上がったらニコニコが壊れてました。あるある。
バレンタイン滑り込みの投稿動画等も多いでしょうし、こういうことが起きてしまうのは残念ですね。それとも、だから起きたのでしょうか……。

ともあれ、拙作をご紹介頂きましてありがとうございます。
響のスリーサイズの時代から(←余計)偽りにまみれた961プロのアイドル情報の中でも飛び抜けて嘘くさい項目ですが、北斗あんちくしょうの誕生日はバレンタインデーだったりします。冬馬が3月3日、翔太は4月20日。まぁ冬馬はガチでしょう。ほんと可愛いなあいつ(笑)。

うちのカラスどもは公式の露出が無いのを良いことにどんどん勝手にキャラが膨らんで、もうえらいこっちゃ大変なことになっておりますねー。
とは言いながら、もし貴音がこういう悩みを抱えた場合、背を押せる存在として最も有力なポジションに居るのはジュピターの面々だと思うのです。Pは765側だし、SP終了直後だとまだ距離も少し遠いかと。

で、うちの北斗をけしかけたところ、なんか残念というか明後日な結果に。正直、ここまで変な空間になるとは全く予想しておりませんでした。混ぜるな危険とは本当はこの二人のことを言うのでしょう。混ぜるなら翔太か伊織か、とにかく突っ込める要員を傍に置け。
ま、最終的に貴音を送り出すのには成功したし、良いことに致しましょ。こんな会話を夢子が聞いたら凄い勢いで飴を仕込んでくるとしても。

公式の彼らがこういうことの出来る男前(ないしバカ)かどうかは蓋を開けてみなくてはわかりませんが、願わくば男惚れのするようなナイスガイとして描かれていますよーに。無理かなー(笑)。
2011.02.15 00:35
NP
記事の更新途中でニコ動が落ちると、なんか気力が削がれますね。ただ、ニコニコ動画もインフラ的にかなり厳しい運営を続けていることは確かですし、仕方のないことです。

木星の3人は、やはり発売後にどのような評価になるかってところですね。現時点ではまるで情報が出てきませんから……だからこそ、「今」こそが彼らを自由にいじれる最大のチャンスなのかもしれません。ただ冬馬のガノタ設定と、北斗のラブプラス設定は、長く引き継がれそうな二次設定になりそうな予感はありますね。

今作ではSPと2の世界観をミックスした作品としても、結構画期的な試みだと思います。アイマス2発売後、ノベマス界にどのような物語が展開されるか、私も期待して待ちたいです。
2011.02.15 22:20

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/603-dfc01623

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者