一夜明けて

 昨日は生放送「アイドルマスター1.5」にコメントを打ち込みつつ、自分のブログにもリアルタイムにメモを残すという作業をしていたためか、えらく疲れました。タイムシフト機能で見逃した部分をゆっくり再視聴しようかと思ったのですが、なかなか音が再生されなかったため再視聴は断念。当日味わった生放送での思い出は、記憶の中にとどめておくことにします。

 


【ぴよm@s】音無小鳥の居る765プロ:その1【ピヨちゃんと黒井社長】

おしるP

 小鳥さんスキーなおしるPの本領発揮と言える一挙9作品投稿。第一話は黒井社長に勧誘を受ける小鳥さんのシーンからスタート。途中で小鳥さんを守るように入ってくるPがカッコいいです。
 2話以降はアイドルやP達との事務所での日常を描きつつ、最終9話は小鳥さんのハッピーエンドで終わる作品集になっています。

 おしるP渾身の連作、どうぞご堪能ください。




【NovelsM@ster】もうすぐ12時【短編】


寿司P

 アイドルにはならず、音大の大学生となった千早の物語。ある大学生と付き合っている千早ですが、二人は愛し合っているように見えながらどこかすれ違った関係にも見えます。この独特の閉塞的な雰囲気がまた良いですね。味わい深い作品です。



はるるんのリボン8-2


ひよりP

 等身大貴音の人形が届き、激しく困惑するプロデューサー。とりあえず適当に放置して睡眠をとることにしたPでしたが、この人形、なにやら怪しい動きをしています。はるるんのリボンシリーズでは珍しく春香が出てこないお話ですが、ある意味で本編以上にPの危機が迫っている回です。


大空に憧れ、いつか飛ぶ日夢見てた

ぜっぱちP

 大人のノベマスタグが付いているように、落ち着いた雰囲気の中で小鳥さんが友人たちと飲み交わすお話し。過去の因縁を振り切った友人たちをまぶしそうに見つめる小鳥さんですが、そんな彼女もまた765プロの大切な一員として輝きながら今を生きているのでした。お洒落で良質な短編です。


そして、繰り返す【修正版】

モノラルP

 一年間のプロデュースを繰り返しても、何故か時間がループしてしまう世界に疲弊していくプロデューサー。感情のままにウイスキーをあおるPでしたが、そんな彼のもとに見覚えのある一人のアイドルが現れます。その彼女の口から明かされる、衝撃の事実とは?





生放送アイドルマスター1.5を聞いて 個人メモその2

・PVカメラ編集の自由度UP、舞台効果(スモーク、紙吹雪)のエディットなどについて。

 多そうだった意見そのいち。主にステージ演出の自由度を高めたいとする意見。ひょっとするとPV系のPからの要望が多かったのかもしれません。私としては、ステージプロデュースだけでもうひとつ別ゲーが作れそうなくらい奥が深そうなエディットができると面白いかなと思います。素材として云々というレベルの話ではなくて、純粋にカスタマイズゲームとして楽しめる機能が欲しいですね。もっとこうAC的な。L4Uのステージ演出システムは、少しカスタムゲーとして物足りないかなと思います。



・トリオなどでの、キャラ同士の絡み

 これまた多そうだった意見の一つ。トリオでプロデュースしても、他の二人がスタンド状態後ろに立っているだけというのはどうなのという話は以前から良く聞きます。キャラ同士の会話の組み合わせを全部取り入れると容量が膨大になってしまうので、これまではドラマCDやアイドラでその辺をカバーしてきたのだと思いますが、やはりゲーム本編内でアイドル同士のやり取りが見られるのが夢ですね。


・プロデュース方針を選べる
 これも結構多かった意見のように思います。書店P達がプレゼンされてたのがこの考えに近いかと。確かにアイドルの売り出し方にもバリエーションがあると面白そうです。真で言えば「王子様」的なプロデュースと「お姫様」的なプロデュースを選択できるといった感じでしょうか。あるいはビジュアル値を育てることでグラビアアイドル活動中心のプロデュースが組めるとか、映画出演などの女優業中心で育てるとか、バラエティアイドル路線でいくとか、いろいろと夢が広がりますね(バラドルはまずいか……?)。

 アイマスのゲーム性はオーディションシステムに重きが置かれているとも言われますが、もっとノベルパート(?)にゲーム性があっても良いかなと思います。せっかくレッスンで鍛えた能力ですから、オデだけじゃない部分にも反映されると面白いかも。


・アイマスのインターフェイスについて

 これは私も地味に気にしている問題。無印でゲームを進めているとシーン切り替えのちょっとした待ち時間とかオデの待ち時間が結構気になるんですよね。特に私はあのL4Uで毎回カタログを読み込む時間が気になってます。ロード時にストレスを感じさせないというのは、結構重要なことなのではないかと思う次第。


・衣装について
 生放送のときもファッションショー状態になりましたが、新しい衣装バリエーションの充実は楽しみです。ベタ塗P提案の「ツアーTシャツ」はすごくいいと思います。バンソウコウはさすがにCEROに目をつけられそうですが。あと、これも複数の方が言及されてましたが私服の季節感ですかね。基本みんな薄着なので、冬場のコミュを見ていると上着を貸してあげたい衝動に駆られます。みんなアイドルですから、普段の衣服も小奇麗で季節にあうものを着せてあげたいですね。


・DLCのお値段について

 これはあまり言及されてなかったかも。記憶の中では、いけPがプレゼン映像で「アイマスVisaで購入すると割引になるといい」と言及されてたくらい? 我々はすでにDLCの金銭感覚がマヒ気味ですが、もう少し求めやすい価格だと嬉しいかなと思ったり。もちろん個人的な願いではありますが。


・新キャラについて
 とりあえず土井中さんが可愛い。これはプロデュースしたい。


 現状ではアケ以来のアイドル達に加え、箱○の美希、SPからの貴音と響、DSからの愛・絵理・涼の3人娘もいるし、夢子達DSで出てきたサブキャラ勢も充実していますから、もうしばらく今までのアイドル達とお付き合いしたいと考えるところです。

 生放送中に言及されていた通り、総入れ替え案を考えている方も多いかと思いますが、ファンを中心に深刻に賛否が別れそうなので結構勇気がいるかもしれません。かつてサクラ大戦3の製作スタッフが総入れ替えを英断したときは「ここで思い切ったことをしなければ、この先のサクラはない」といった判断でそのようにしたと聞いてますが、それでも当時はファンからいろいろ言われたことと思います。私もドラマ相棒で寺脇康文さんが及川光博にバトンタッチしたシーズン7~8は慣れるまで相当時間か必要でした。キャラクターに対する思い入れの強さというのは、思いのほか強いということでしょうね。将来的に総入れ替えを実行するにも、もう少し「間」が欲しいかなと思うところです。

 いずれにせよ、どちらに転んでもファンとして受け止めようと思います。どう考えるかはその時になってからで遅くはないかなと。


・最後に
 みなさんが真剣に(いろんな方向性で)アイマスの未来のことを考えていることが伝わってくる生放送でした。本当に充実した時間を過ごせたと思います。アイマスの「今後」への期待は膨らむばかりです。
関連記事
スポンサーサイト
.17 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/407-cb10a411

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者