ガールズアンソロジー

カフェ「梓」へようこそ ガールズアンソロジー:律子の受難

カフェP

カフェあずさ新装開店、新しい演出を取り入れて新シリーズが始まりました。カフェPいわく、アニメのTVシリーズ後に展開されるOVAのような位置づけとのことだそうです。

さて、新作投稿にあたりカフェPも様々な工夫を取り入れられている様子。まず、全体的に体感時間が早くなったことを感じます。気づいたらいつの間にかラストにたどりついていた感じですね。字送りと立ち絵の出入りの動きだけで、こんなにも体感時間が変わるとは。

映像製作とは本当に面白いものです。


また、ストーリー前半は本来5mium@s用に練られていたものらしく、ぴったり5分で最初のエピソードが区切られます。9分の中に複数のエピソードが入ることで、より密度が濃くなっている印象ですね。

さてさて、とにもかくにもスタートしたカフェ梓・ガールズアンソロジーシリーズ。まだ見ぬ美希の出演や、いおりんの再登場などもあるのでしょうか。カフェ梓の新しい展開に目が離せません。



巻き込まれた春香が一番の受難者だったという悲劇。
2009y08m06d_233353253.jpg
関連記事
スポンサーサイト
.07 2009 アイドルマスター comment2 trackback0

comment

カフェP
いつもいつも、本当にありがとうございます。
体感時間が早くなったことは自分も感じておりました。
ただ、テンポが速すぎて読めないのではないか、という不安もあったりするところではありますが。
ノベマスであっても、動画を作るにはたくさんの方法があって、いくらでも改善の余地があるものですね。
奥が深いです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

PS.
実に今更感あふれる話ですが、ジーンシャフトと同時期には確かにZOEもありましたね。懐かしい。
あとはGダンガイオーという打ち切り作品とか・・・。
2009.08.07 23:03
NP
いらっしゃいませ!こちらこそいつも作品楽しませていただいてます。

ノベマスが映像作品の一種である以上、テンポに関しては無限に研究の余地があると思います。

小説だと文体や文章がテンポを決定する要因ですが、ノベマスの場合、あらゆる視聴覚的要素が影響するため、非常に奥が深く感じます。


以前、麻雀講座のF.U.C.K.P(ぽきーるP)がノベマスの「テンポコントロール」の重要性について研究されてました。

「今シリーズで取り入れた演出によって体感時間が変動した」というのは、テンポコントロールの重要なヒントになるかもしれません。

体感時間をゆっくりにしたいとき、逆に早めたいときはどうするかなどなど・・・仮説は尽きないですね。


PS.
Gダンガイオーのことは初めて知りました。2001年は一番アニメを見ていた時期でしたが。

あの年は良作が多かったと記憶しているので、結構埋もれる作品もあったのでしょうね。スクライドも生まれた年ですから、層が厚かったんだろうなあ・・・。
2009.08.07 23:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nichohon.blog78.fc2.com/tb.php/121-40b0bfb0

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者