来訪者50000人御礼

 平素より「NP氏の本棚」をご贔屓にしてくださいまして、誠にありがとうございます。おかげさまで本日、当ブログの来訪者数が50000人を突破致しました。昨年10月以来、更新頻度が大きく下がってしまいまして、変わらずお越しいただいている方々には本当に申し訳なく思います。

 再来月にはブログ開始3年目を迎えるのですが、そろそろこのブログのあり方を再考する時期に来ているのかなとも感じます。今しばらくは現状維持が続くと思いますが、何か思うところがあったらまた記事にします。


 
スポンサーサイト
.26 2012 ニコラスP comment0 trackback0

東方三輝星

やよい誕生日おめでとう! アイドル達の誕生日はブログ更新の良いきっかけになります。しかし右カラムの月別アーカイブの更新量の変遷を見ていると、深刻なペースダウンを実感してしまいますね……



 モバマス組のノベマスの増加に加えて、ごみゅますや超ノベなどのイベントの影響からか、ノベマスジャンルが勢いづいてますね。私は正直、仕事の方で精神状態ボロッボロですけど、ノベマス見てる時間と自分の好きなことが出来ている時間はやっぱり楽しいものです。



 Rukou先生の新作が素晴らしい。

【ドット絵で】虹色ファンタズム・前編【iM@SDS×東方】


【ドット絵で】虹色ファンタズム・後編【iM@SDS×東方】

Rukou氏

~あらすじ~
 876プロに所属するトップアイドル、日高愛、水谷絵理、秋月涼の三人は、ある日ロケのために山奥の僻地に来ていた。そこは神隠しや幽霊の怪談が絶えないいわくつきの場所。好奇心からスタッフのもとを離れ、独自に撮影場所の下見に出かけた三人は、いつの間にか見なれぬ神社に迷い込んでしまい……

 ニコニコ動画御三家に数えられる東方Projectとアイドルマスターが融合した、本格的ドット絵ハートフルストーリー、ここに開幕。



 というわけで、ドット絵師の大御所、Rukou先生の新作です。かつて東方ジャンルにも方足を突っ込んでいた身としては、Rukou先生が本格的にアイマスと東方のコラボ作品を作ってくださったこと、しかもアイマスDSを取り上げられたことは何にも勝る喜びです。


 Rukou先生と言えば、やはりこの作品が最高傑作だと思います。
【ドット絵で】博麗神社の一日【東方】


 東方を知らなくとも、恐らく上記の作品群からあふれ出る和やかな空気は、日本人の心を普遍的に感動させる力を持っていると感じます。歴代のRukou先生作品はそのドット絵のクオリティの高さに加えて、「画の見せ方」に並々ならぬこだわりを持っているのが特徴ですね。博麗神社の一日であれば神社の表と裏を並行して見せる手法ですし、虹色ファンタズムであれば中盤の寝室の見せ方とかでしょうか。

 また本作はアイマスDS、東方の公式設定を非常に研究し抜いたうえで構築された物語であることもわかります。製作期間が長くかかることもあってかRukou先生は寡作家ですが、出す作品には徹底した姿勢で臨んでいるということではないでしょうか。



 
.25 2012 アイドルマスター comment0 trackback0

小に利あり

 最近になって私もようやく自流派の小太刀型の伝授まで進むことが出来たのですが、いや実に面白い武器です。今は稽古にひたすら没頭しています。


小野派一刀流、小太刀。


直心影流 小太刀


明治神宮奉納演武 ~香取神道流・小太刀~


 私の先生はかつて「小太刀は剣術のエッセンス」とおっしゃっていましたが、確かに長剣に比べて間合いの詰め方、中墨の取り方、体捌き、相手の意識の読み方……といった要素がシビアであり、今まで長い刀で培ってきたものがブラッシュアップされていくような感覚があります。
 また小太刀は体術的な側面も強く、より最小の力で相手が崩れていくのを実感できるのが面白いですね。柔術の上手い人は、いつもこういった感覚で相手を崩しているのでしょうか。

 太刀の型稽古よりもさらに相手と向かい合う恐怖感が強いですが、その分得られる物は多いと思います。
.20 2012 武道 comment0 trackback0

公式でノベマスという言葉を聞く日が来るとは思わなかった

  現実が私の理解力を上回って進行している・・・・・・

超NovelsM@sterコンテスト特設ページ(http://info.nicovideo.jp/imas_novemas/)


>2012年4月29日に開催されるニコニコ超会議イベントステージ内にて、 「超NovelsM@ster」を実施します。本コンテストにて選出された優秀作品に実際のキャラクターの声優たちがアフレコをします。そのアフレコに使うノベマス作品を募集します。(引用終わり)

 

 4月1日には早いだろと思ったけれど、どうやら正真正銘本物の公式企画らしい。衝撃が強すぎてしばらく思考が正常に戻りませんでした。


 
 ・・・・・・え、これ本当に本当ですよね?

.13 2012 アイドルマスター comment2 trackback0

モバマス系ノベマス・デビューラッシュ

 ノベマスを見る量はあまり変わらないのに、記事にする量が減り過ぎですね。紹介に乗せたい良作はたくさんあるのですが。

 とりあえず現状では、やたら長い仕事の移動中にiphoneでモバマスをちょこちょこやったあと、アプリでノベマスを見るというスタイルになってます。ただ、家に帰るころにはブログを更新する気力が残っていないという……。 記事更新は当面キツいようです。


she may cry, he may cry

百舌P

 さんざん頭をひねり回したけれど、感動のあまり感想記事を長いこと書けなかった作品。もう1か月前の投稿作品の紹介になってしまいました。
 とある事情で海外に渡ったあずささんと、日本に残ったPの姿を、百舌P独自の境地で描いた作品。読後の切なさがとてつもなく後を引き、数日このノベマスが頭から離れなかったほどの逸品です。

 「優しさ」で救われないものもある。あずささんを通じてそのテーマを描かれると、すごく強烈なメッセージになりますね・・・・・・。
 

【Novelsm@ster】名も無きボクに出来ること 前編


【Novelsm@ster】名も無きボクに出来ること 後編

天下P
 
 現在のノベマス界において、天下Pは要注目の人物と見ています。これまで上梓してきた作品はどれも素晴らしいものでしたが、本作もまた天下Pの実力を知らしめる名作となりました。

 トップアイドル天海春香のファンであり、また芸能事務所のド新人でもある一人の青年。その彼が異例の抜擢で春香のプロデュースを任されたとき、ひとつの物語が動き始めます。春香と袂を分かった先任Pの描写も交えることで、アイドルとプロデューサーの「生き様」を描いた力作長編です。

 青臭いけれど最高にカッコいい新人Pの姿が心に焼きつくようです。


剣闘士マコリッパ BATTLE.Ⅰ

歪氏

 ノベマス・架空戦記で用いられる汎用立ち絵の整備者であり、また前作「ばれっちーちゃん」で架空戦記デビューした歪氏の新シリーズ。相変わらず歪氏の書き下ろし立ち絵はエロいですね。前作以上にパワーアップした演出に加え、ゆっくり実況プレイ動画の面白さを取りこんでよりエンターテイメント性を増した作品となっています。また、意外なゲストPを迎えての歴史講座も楽しみの一つ。



 こっから怒涛のモバマスラッシュ。

【novelsm@ster】セロリ【シンデレラガールズ】

gentlecat氏(紳士猫P(仮))

 ここ最近、モバマス系アイドルを主人公としたノベマスを立て続けに発表しているgentlecat氏。まだまだ名の知られていない子も多いモバマスですが、こういった良短編から彼女たちの姿を知っていくのも一興かと。

 gentlecat氏がいくつか投稿されている作品の中でも、とりわけのんびりとした雰囲気が好きな本作をピックアップしてみましたが、いかがでしょうか? 純朴な三村かな子とのゆったりした会話がたまらない短編です。

 まだモバマス系作品に手を出しづらいと考えている方も多いかと思いますが、最近はにわPや陽一P、Pセプター氏を始め、注目すべき名作が増えてきていると感じます。


language of flowers ~花言葉~ 

yakumo62(アイマスMAD処女作)

 最近のモバマス系ノベマスでデビューするPの増加数をグラフにしたら面白いかもしれません。

 本作は「花屋の娘」である渋谷凛と、彼女を担当するPの事務所でのヒトコマを描いた短編。Pセプター氏が新たに整備した渋谷凛立ち絵を使い、無愛想ながら可愛らしい一面をのぞかせる凛の魅力を描いています。この花屋の娘というアイデンティティーは、彼女の魅力に華を添える意味で強力な設定かもしれませんね。


【NovelsM@ster】メインヒロイン(餌)の島村卯月です。【短編】

at map 氏(アイマスMAD処女作)

 ノベマスでの活躍が一気に目立ち始めた渋谷凛、諸星きらり、双葉杏といった子たちに比べ、まだメジャーラインに上る途中の印象がある島村卯月。ですがこの作品や、ななかPの作品等を見る限り、島村さんにはかなり強力なメインヒロイン属性が秘められている気がします。

 微妙に不憫ポジションを確立しながらも、親友・渋谷凛らとアイドル活動を続ける島村さん。苦労の多い彼女ですが、その頑張りを身近で見守ってくれる存在がいたのでした。彼女のアイドル活動に幸あれ。


双葉杏が765プロにいる風景

時間が来い氏(アイマスMAD処女作)

 働かない天才アイドル・双葉杏。印税のためにアイドルになったという、アイマス史上類を見ない同機で事務所入りした杏ですが、何故か憎めないのが不思議ですね。
 あまりにも働かない杏に業を煮やした765プロの職員たち。律子のプレッシャーのもと、Pは杏を働かせるために必死で説得を続けますが……


【Novelsm@ster】 765再興物語 第1話 【モバマス】

孔明氏(アイマスMAD処女作)

 ツンツンした言動と可愛らしい内面のギャップがたまらない神谷奈緒のお話し。かつて一世を風靡した765プロも、Pとアイドル達の引退してからはさびれつつある模様。起死回生のために有力なアイドルの卵を発掘しようとする新人Pでしたが、上手くはいかないようです。

 そんなとき、街角で出会った不機嫌そうな顔の少女。その少女との出会いが、765プロ新時代を切り開く……かもしれない!



【モバマス】 “楓は気づかいが少ない” 【高垣楓】

陽一P

 モバマスによる新人Pデビューラッシュに負けないくらいベテラン勢も頑張っています。陽一Pの新作はCDデビューが決定したモバマス勢の一人・高垣楓のノベマス。「25歳児」というタグが物語るように、Pとどっちが年上かわからないほど天然な行動を取るカエリン楓さんが可愛い作品です。


島村卯月「ここが765プロか‥‥」
 
ななかP

 6分間の中に大量のアイドル達の魅力が詰め込まれた作品。非常に密度の濃いノベマスですね。

 765プロにやってきた島村卯月を迎えたのは、猛烈に騒がしいアイドル達の日常でした。旧来の765プロ勢に加え、勢いで負けていないモバマスアイドル達も入り乱れての、楽しいアイドル事務所。この魔窟に入ってきてしまった島村さんは、はたしてやっていけるのでしょうか。


【Novelsm@ster】ウチの事務所【モバマス】

おしるP

 おしるPがモバマスを描くと、なるほどこうなるのかと納得できる作品。賑やかな事務所に、おしるPテイストの雰囲気が良くマッチしています。
 まだ立ち絵の整備されていない子も多いモバマス勢ですが、本作ではサムネイル的に切り取られたイラストと、その動きのみでノベマス演出が図られています。テイルズシリーズのフェイスチャット形式に近いという動画コメントが、的を射ていると思いますね。

 
 


.11 2012 アイドルマスター comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(640)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者