追いつけないくらいノベマスが充実したのはいつ以来だったか

 体感的ですが、最近ノベマスの投稿量が増えてきている気がします。新作に追い付くのが大変、という状態に陥るのは久しぶりです。いわゆる嬉しい悲鳴という奴ですね。「ぎゃおおおん」みたいな。


アイマスDOGA(23) 温泉とはるちはのある風景

国綱P
 
 時代劇シリーズの幕間に、温泉で疲れをいやす春香と千早。お風呂場の会話って、ぽそっと本音を零せるのが良いですよね。友と語り合うには最適の場所です。
 個人的にですが、千早のあるセリフが素晴らしかった。歌の道と、剣術の道。確かに求道の世界には、相通じるものがあるのだと思います。私も一介の剣術修行者ですが、千早のセリフには互いに共感できる姿勢を感じました。こういうセリフが、私にはとても嬉しい。





職業アイドル 第10話

ペデューサーP

 さすがノベマス名人の貫録。ひさしぶりのペデューサーPの作品です。肌がひりつくような策略が交差する物語は、やはり見応えが違います。
 静かに、そして着実に進められる律子達の「計画」。その計画に新たに組み込まれた春香は、想像以上の超人的アイドルであったことが判明します。果たして春香の存在は計画にどのくらい大きな影響を与えるのでしょうか。
 こんなに底知れぬ恐怖を抱かせる春香さんを見られるのは、この作品ぐらいかもしれませんね・・・・・・。


この空はつながっているので、当然こういうことも有り得る

さそP

 あずささんの特殊能力により、アイマス2の真が無印アイマスワールドにワープしてしまうお話し。無印アイマスというよりは、さそPの描く無印ノベマスワールドに来てしまったという方が正しいかもしれません。北斗とかラブプラス芸人に逆戻りしてるし。
 微妙にすれ違う二つの世界観が生み出す笑いのコラボレーション。爽やかで勢いのあるコメディノベマスです。



きっと伊織の腋は甘い


ギップリャP

 ハイペースで投稿が続いているギップリャPの新シリーズ。タイトルに伊織の名前が入っており、作中でも重要な役割を担うと思われますが、まだその全貌は明らかになっていません。
 社長の夜逃げにより、経営の危機に瀕した765プロ。起死回生を図るため、プロデューサーはあるアイドルオーディション大会の賞金を狙うことにします。しかし、根っからの苦労人属性を持っているプロデューサーの前には、次々と前途多難な出来事が。
 事務所の将来がおおいに不安ですが、会社存続に向けて奔走するプロデューサー達を応援したくなる作品です。


ノベマス失敗あるある 怒涛の30連発

金髪豚P

 百花繚乱のノベマス講座ブームですが、本作は「どうすれば上手く作れるか」ではなく「ノベマスでよくこんな失敗ありませんか」というNG集の形を取ることで、一味違ったものに仕上げています。 ドラマのNG集がそれだけでエンタメとして成立するように、本作もノベマスでありがちな失敗例をネタにすることで、むしろギャグノベマスとしての完成度が高まっているのが興味深いですね。
 金髪豚Pの作品だと、最近「翔太と凸のイオサイトの春休み」が面白いと思っているのですが、あまり注目が集まっていないようで残念です。本講座を見てもわかる通り堅実な作品を仕上げられるPなので、今後の飛躍が期待されます。



【Novelsm@ster】 世界よ開け/君に続く物語 【アイドルマスター2】

にわP あるP

 パステルカラーの淡い色彩のような世界の中に、アイドル天海春香の輝かしい姿を描き出した、にわPの作品。明るさと切なさが同居した不思議な雰囲気は、にわPの筆ならばこそ味わえるものではないでしょうか。
 アイドルとプロデューサーとしての関係、そして男と女としての関係のせめぎ合いという、アイマスの普遍的なテーマに向かい合った作品だと思います。我々がアイドルマスターで女の子達をプロデュースする度に味わう葛藤を、きっとこのPも感じていることでしょう。


わた、春香さんの謹慎処分はかわいそうです!【ノベマス】

ぴよだれP

 ドッキリ番組中のハプニングで謹慎処分をくらってしまった真と春香。一応、真の暴走が原因ということになっていますが、この様子を見る限り春香もそうとう極悪なマネをしているとしか・・・・・・だがそれがいい。この春香さんはしたたかに芸能界を生き残れそうですね。真が若干かわいそうなことになっていますが、ちゃんと報われたみたいなので一安心です。


【 NovelsM@ster 】あの日

タイシP

 アイドル達の週末の過ごし方、ならぬ終末の過ごし方。世界最後の日のアイドル達の姿をスケッチした、タイシPの作品です。世界が終る間際には、どの子たちも小さな幸せと供にあった、というのが素敵ですね。取り乱さず、皆がそれぞれの生き方を貫いてる様子に、静かな感動を覚えました。


幸運な視聴者と、見る目のない作曲家の話。

ガルシアP

 ガルシアPは意外性の演出がとても上手いと思う。たとえば、必要な情報の断片を上手く散りばめて視聴者の推理力を引き出し、そして真相が明らかになる直前に「本当の答え」をスパッと提示するようなところとかが。今回で言えば「作曲家」の正体がわかった時は、「お前かw」と思い切り吹き出しました。
 どこか登場人物たちの寂しげな雰囲気からスタートした「とのばな。」シリーズですが、少しずつ舞台に上がる人々が増えていき、賑やかになってきました。静かに、そして確実に盛り上がっていくストーリーから目が離せません。




 新人さん枠。対照的な作風ですが、お二方とも期待のルーキーです。

【ノベマス】あせらずに。

RIPLA氏(アイマスMAD処女作)

 私が最も好む「ノベマスの良心」ジャンルに現れた期待の新星です。名もなき一人のストリートミュージシャンと、アイドル天海春香のささやかな心の交流。それが柔らかで優しい感触の文章でつづられている、なかなかの名短編だと思いました。特に歌と物語のシンクロが胸にぐっときますね。心地よい感動を味わえます。
 視聴後、滅多に行わない宣伝をと思ったのですが、残念ながら広告不可の設定にされているようです。拙記事での紹介をもって、応援のメッセージとさせていただこうと思います。


ひんそーでひんにゅーでちんちくりん

迅七 氏(アイマスMAD処女作)

 RIPLA氏がにわP・覆面作家P系のビジュアルノベル系であるとすると、こちらの迅七氏はオーソドックスにしてノベマスの基本形と言えるセリフ枠系の作風です。周到なインターフェイス設計に加え、思わず笑わされてしまうネタを詰め込んだ、正統派コメディノベマスと言えると思います。一見して、処女作ながら作りがしっかりしている印象です。

 低ランクアイドル故のかなしさか、ほとんど漫才同然のラジオ番組を担当する千早・雪歩・やよいの三人。アイドルらしからぬ過酷なボケツッコミ合戦を繰り広げながら、番組を盛り上げていきます。さて、一番不憫な子は3人のうちの誰だったでしょうか? ・・・・・・売れるまではアイドルも大変ですね。


スポンサーサイト
.31 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

古き先達の絶技

 今日の武道の稽古にて、ようやく先代の師が演武した薙刀術の映像を拝見させていただくことが出来ました。先代の映像といっても、私が入門する10年くらい前の物なのでそこまで古いわけではありません。

 なので、そんなに今の代の稽古と変わらないだろうと思って見てみたのですが・・・・・・何これ速ええええええええええ!

 申し訳ありません、衝撃のあまり取り乱しました。いや、現在の道場の稽古方針である「大きく、ゆっくりと、正確に、丁寧に」と比べていることを考慮したとしても、先代の師の演武はものすごいスピードだと感じます。もちろん映像のコマ落ちとか無しです。しかも今の代の誰よりも「大きく、正確で、丁寧な」演武をなされているという。
 演武している先代の師はおそらくこの頃70代で、さらに片足にテーピング?を巻いているのが確認できる状態(まさか包帯じゃないですよね・・・・・・稽古中にアキレス腱が切れたことがあるという話は聞いてますが・・・)、それに加えて今道場で使っている物より太い稽古薙刀を使用していますが、それでこのスピードとか一体何が何やら・・・・・・。

 今まで武術関連の映像で驚いたことはたくさんありますが、ある意味これほど衝撃的だったことはありません。なにしろ、これまで自分がやってきた技術を、はるか雲上のレベルでやっているのを目の当たりにしてしまっては・・・・・・。ああ今日はもう眠れないかもしれない。


.29 2011 武道 comment0 trackback0

アイマスニュース3点

 なんかアイマス関連ニュースが山ほど来てますね。

八重歯(?)がチラリ! 『アイマス2』のDLC第4弾は曲も衣装もヴァンパイア!! (電撃オンライン)


 何これ可愛い。

 新DLC衣装と楽曲は、クラシックな吸血鬼風味でした。ようやく私も欲しくなるDLCが見つかったというものです。温存しておいたMSPを蔵出しする日がついに来た。パンキッシュゴシックもそうなんですが、ダークヒロイン系の衣装って好みなんです。
 貴音と伊織にヴァンパイアコスが似合いまくってるのが印象的ですが、私の想像だと雪歩にも似合いそうな気がします。





 アニメ版アイドルマスター放映日決定。(アニマス公式サイト)

TBS 7月7日(木) 深夜1時25分から放送予定
MBS 7月14日(木) 深夜2時40分から放送予定
CBC 7月14日(木) 深夜2時から放送予定
RKB 7月19日(火) 深夜2時25分から放送予定
BS-TBS 7月30日(土) 深夜1時から放送予定

 七 夕 か。

 毎年7月の前半はアイマス界隈が大きく動くジンクスでもあるのだろうか。とりあえず、TBSは最速放映のようですね。ブログで感想を書くときは、ネタばれに気をつけないといけないですね。
 アニメ版アイマスはアイマス2のビジュアルを基にしていますが、実質アイマス1と2の良いとこ取りをした「第3のアイマス」であると聞いています。この第3のアイマスが素晴らしい物であることを願うばかりです。




 あずささんと律子のジャケットデザイン公開! (コロンビア・アイマスシリーズ最新情報)

 あずささんがラブリィすぎる&りっちゃん花マル新境地。
 あずささんのショートケーキみたいなふんわりした服が良いですね。これまで彼女には「美しい」という形容詞を多く使ってきましたが、このジャケットのあずささんは物凄く「可愛らしい」です。
 律子が元気いっぱいの花マルポーズというのが結構意外でした。しかも、へそ出しに生足だと・・・・・・。何と言う爆発的なセルフプロデュース力。


.27 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

MA2セカンドシーズン・伊織&亜美ディスク ファンレビュー

私はこの日をこそ待ち望んでいたのだ!

 亜美伊織

 一言で言えば「感無量」であります。レジに持ってくまでの心拍数の高まりときたら・・・・・・。延期とかいろいろあって歯噛みすることもありましたが、本当に長い間待っていた甲斐があったというものです。嬉しい。

 さっそく聞いてみましたが、さすが長期の準備期間を設けただけあって、どちらもかなりの名盤に仕上がっていると思います。セットリストも好対照になっていて、伊織&亜美それぞれの性格が上手く演出されているように思いますね。トークパートはいたって和やか、そして示唆的なショートシナリオです。
 そういえば、伊織ディスクの方にはネットユーザーを意識した台詞がいくつか見られたように思います。まさかあのフレーズが準公式化するとは。


 6月はあずささんと律子のMA2セカンドシーズンが控えていますね。セカンドシーズンを揃えるまではファーストシーズンに一切手を出さないという私の誓願も、これでようやく解くことが出来ます。1stのジャケットでは美希のデザインがお気に入りなので、まずは春香と美希のCDから集めようかなと。




 せっかくの購入記念ということで、簡単に各ディスクの感想をば。ネタばれはなるべく避ける方向ですが、念のため下に格納します。

.25 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

アイドル達のカジュアルコレクション

MMDM@sterジャンルに朗報。

【MMDモデル配布】アイドルマスター1カジュアルパック 1.0a

LCARS-P

 アイマスアイドル12人(響・貴音らは除く)の私服VerのMMDモデルパックが、このほど公開されました。少しだけ私もいじってみましたが、なかなか良い調子です。オリジナルのモデルの可愛さと比べれば流石に敵わないとはいえ、その自由度はやはり魅力的です。

厳島神社演武


 とりあえずMMDモデルを入手したら真っ先に清眼を取らせてみるのが私の悪い癖。今回のカジュアルモデルは手のひらにアクセサリーを接続できるアクセボーンが標準装備されたため、革命的に物を持たせやすくなりました。

 背景は毎年11月に行われる厳島神社奉納演武会をイメージして。ステージはyuduki氏の能舞台(万年寝不足-別館)を使用しました。能舞台に上げるなら白足袋必須ですが、流石に再現しきれなかったのでご容赦ください。また二人ともスカートなので、あまり腰を落として構えるとはしたない印象になってしまいますから、やや腰高に構えてもらってます。

 動画を作れなくとも、静止画だけで楽しめるのがMMDの良いところですね。




いおりんの足をひたすらぺろぺろするだけの動画

陽一P tkhs氏

 変態と純愛は紙一重であるということ。タイトルからして上級者臭が漂うノベマスですが、中身はいたって真面目な作品です。「用意したティッシュで涙を拭いた」タグが、端的にそれを表していると思います。
 それでもかなりマニアックな性癖の作品であることに違いないので、そういうのが大丈夫な方ならば、ぜひ作品に込められたメッセージを探り当てに行って欲しいです。


ごめん、やっぱりタイトル考えてなかった

HLCP

 HLCPの生み出す「間」の面白さは癖になります。本作は、過去に合作で投稿なされた作品の没ネタになったシナリオを蘇らせたものとのこと。クイズ番組を下地に、双海姉妹による高速のボケツッコミが繰り広げられます。合作Verとの違いと比較して見られると、より楽しいかもしれません。


765 世界・ふしぎ発見! 「ネオ・ヴェネツィア編」第二問

ストラビンスP

 テレビ番組の「世界不思議発見」をアイマスで再現した作品です。ミステリーハンター春香さんの訪れた先が「ARIA」の舞台であるネオヴェネツィアであるため、アイマス・世界不思議発見・ARIAの奇跡的なコラボレーションが実現しています。普通は混じらないはずの3者を、見事にミックスしてエンターテイメントにしているところが良いですね。
 


【NovelsM@ster】Boy Meets Girl 第3話【デート】

むろP

 正統派ボーイミーツガールの決定版。むろPの描く響は、こっちも一目ぼれしそうなほど仕草が可愛いですね。
 
 先日Vinegar56%さんの所で話しこんできた「一般人の目線から描いたノベマス」ですが、この作品もその系統に属すると思います。主人公は一般人の青年、そしてトップアイドルに一目ぼれするという設定ですから。多くの作品ではほとんど成就することがないアイドルと一般人の恋愛譚ですが、この二人ならば明るいエンディングを迎えることが出来るかもしれません。今の幸せな状況がフラグでなければ、の話ですが・・・・・・。


亜美真美のいつも通り?な誕生日

スミキP

 自分たちの誕生日にもかかわらず、なぜか誕生日プレゼントを探し合う競争を始めた双海姉妹。亜美はプロデューサーと、真美は居合わせた春香と組んでプレゼント探しを始めますが、彼女たちの行く先々である現象が起きてしまいます。
 双海姉妹の仲の良さを感じさせる掌編です。


【NovelsM@ster】 恋人は小学生 【短編】 修正版

大阪P

 プロデューサーの恋人として秘かに睦みあう真美。条例スレスレの設定ですが、二人とも相思相愛なせいかピュアな恋愛ノベルとして楽しむことが出来ます。おそらく、傍目には兄妹のような仲の良さに見えることでしょう。
 青田買いも良いところですが、将来は立派なレディーになることが確約されている双海姉妹ですから、Pの判断は慧眼だというべきでしょう。


【NovelsM@ster】紅月下狂詩曲 -afterpiece-

百合根P

 百合根Pの伝奇ノベマスシリーズ最新作。紅月下狂詩曲(http://www.nicovideo.jp/watch/sm14243949)の後日談&番外編に当たるお話です。あずささんは出てきませんが、その代わりに千早と、病弱?な春香さんの二人が登場します。春香さんが病弱なのは深い理由がありそうで気になるところです。不憫な春香さんならともかく、薄幸そうな春香さんというのは妙に新鮮さを感じます。

 この物語、どうも登場人物すべてになんらかの悲劇的な過去か、もしくは未来が待ち受けているような気がしてなりません。全ての決着がつく時、そこにあるのは笑顔か涙か。


.24 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

宙に輝く双子星

 亜美、真美、誕生日おめでとう! なんとか画像が間に合って良かった!

亜美真美誕生祭記念トランプセット

 ここしばらく誕生祭の恒例行事となったアイマス静止画製作。ギリッギリになりましたが、二人に献納できました。
 双海姉妹は「二人で一対」というイメージから、トランプの「神経衰弱」を連想してモチーフにしてみたところ、このような作品となりました。 まだまだ満足出来ていないので、こういうのもっと上手く作れるようになりたい。
 
 しかし、これよく見ると背面の絵柄でトランプの上下がわかってしまいますね。何だかイカサマされそうなトランプです。それもまた双海姉妹のパワフルで枠にはまらない魅力を表現している、ということにしましょう。



マミ、アミ。続けて言うと確かにマイアミっぽい。

『ドルモンマスターとかち』

狛痴P

 狛痴Pの演技力は相変わらず凄い、そしてそのネタのレベルの高さに笑ってしまうw  声は完全に男性の声なのですが、しゃべり方が完全にアイドルの話し方そっくりなために、不思議と違和感なく聞こえてしまうのが彼の得意技ですね。声真似だけでなく、独特の力強いタッチのイラストや、安定の千早いじめなど、狛痴ワールド炸裂の一本です。


【Novelsm@ster】ノベマス製作メモ

おしるP

 おしるPの貴重な制作ノートより。これまで100本の作品を手掛けられてきたベテランノベマスPの語る、ためになる教養講座です。見る人達に伝わりやすい言葉を選んで制作されていて、わかりやすいものでした。ノベマス制作をなされている全ての方々にとって、大変参考になる動画だと思います。
 おしるPの作品にはゆったりとした心地よい時間が流れていると感じますが、それは経験則から割り出したテキストスピードの調整や、BGMとの相乗効果といった要素によって生み出されていたものだったのですね。


【ノベマス】初めてはキミと二人で

覆面作家P

 覆面作家Pのノベマスが、ことごとく私の好みのど真ん中に命中する件について。彼の撃ち出す砂糖菓子の弾丸は、どうやら拳銃からではなくスナイパーライフルから発射されているようです。まさかこの男、魔弾の射手だとでもいうのか。
 
 本作はちはりつラブラブシリーズの番外編に当たる作品らしく、主役を貴音と美希が務めます。突如、月の都に変えることになった貴音と、彼女を追いかける美希の宇宙を越えたロマンチックなストーリー。瑞Pの「貴音を月まで連れて行く」の正統オマージュを彷彿とさせる短編となっています。そしてタイトルは「初めてはミキと二人で」とのダブルミーニングになっているわけですね。いやあ、たまらないノベマスでした。


【Novelsm@ster】春の歌【短編】

oyamadasama氏

 日本的な情緒で綴られる縁結びのお話し。ある女性の出産祝いを買うために街を歩く夢子と涼。そんな二人に声をかけたのは、如何にも昔ながらの人情をもった老夫婦でした。老夫婦に買い物の相談をもちかける夢子達ですが、どうやらこの老夫婦達もちょっと変わった人達のようで・・・・・・?
 夢子と涼、ある女性、そして老夫婦と、年代のバラバラな男女の姿を描くことで、恋の縁というテーマを浮き彫りにした作品だと思います。また投稿者コメントにさりげなく書かれていることが、実は伏線にもなっているので、ちょっと注意して読んでみてください。 



.22 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

嗚呼、今回もダメだったよ・・・・・・

 あいつは話を(ry ではなくて。

 やはりアイマスライブのチケットは落選でした。まだ行ったことがなかったので、今回が良いチャンスだと思ったのですが、さすがに競争率は半端ではありませんね。別の機会を待つより仕方ありません。




【ノベマス】段違い連立方程式【短編】

kye氏

あやうく、というか完全に見逃すところで危なかった。kye氏はすでに一年以上前からノベマスを投稿されていたそうですが、今までまったく見つけることが出来なかったのは不覚です。

 本作はやよいの学校での姿を、同じ学校に通う男子生徒の目から描いた青春ノベルとなっています。形式は百舌Pなど比較的少数のノベマスPが採用している立ち絵無しのサウンドノベル方式です。この方式で「面白い!!」と言わしめる作品は、ほぼ例外なく描写力が際立って優れた作品ばかりなのですが、本作もその例にもれず日常の中で生き生きと生活するやよいを丹念に描いたものとなっています。こういう一般の人目線で見たアイドル物に、私は弱いです。

 やよいの裏表のない自然な性格こそが、彼女が皆に愛される所以なのでしょうね。


女性Pとアイドルたちのある日の風景

Nameless氏 (アイマスMAD処女作)

 最近、少しずつ女性Pブームが起きているような気がします。

 職場結婚を経て、アイドル達のプロデュース業に精力を傾ける女性P。彼女の人柄を慕ってか、春香や美希といった子たちがしばしば女の子の相談事を持ちかけているようです。良いですね、こういう事務所の雰囲気。 仕事上の関係以上に、人生の先輩として素直に女性Pを尊敬しているアイドル達の姿が自然に描かれていて、実に心地よい空気感を感じます。


食の小鳥おかわり 第1話 旅する渡り小鳥

龍彦P

 帰ってきた食の軍師・音無小鳥。しかし前作で策士策に溺れるを体現しまくっていた小鳥さんだけに、今シリーズで勝ち星を上げられるか、大いに不安であります。ライバル綾音さんが海外に行っている今、戦うべき相手はいないはずですが、果たして小鳥さんは食の奥義を極めることが出来るのか?
 早くも自爆濃厚な食の軍師に、勝利の女神がほほ笑みますように。


【第四次ウソm@s】 Black summit 【←超↓遅↑刻】

ディスベルP

 突如、別人格に体を奪われてしまったアイドル春香。かつての優しい彼女の面影はすでになく、アイドル界を荒らしまわらんとする黒春香となって仲間の前に立ちふさがります。そんな春香が目をつけたのは、ライバル魔王エンジェルのリーダー東郷寺麗華でした。芸能界の負の面を象徴する存在であるとして、麗華にケンカを吹っ掛けた春香。かくして黒春香と麗華の二大ダークヒロインの激突が始まらんとします。

 このダークヒロイン物も、たまらんですね。どっちを応援しようか。


【アイマス2】真のストーリーを偽造してみた 9(終)

さそP
 
 切なさと一抹の安堵感を残して完結したシリーズでした。いろいろな想いの末に、真シナリオに真摯に向かい合ったシリーズだと感じます。見終わった後に色んな感想が胸に浮かぶと思いますが、真派の人であっても、あるいは他のアイドル派の人であっても、この作品を見て心に感じたこと胸に秘め、もう一度原点に立ち返ってみるのも良いかもしれません。



悪魔城ハルキュラ 蒼月の十字架 最終回

キシンP

 名シリーズもここでひとまず完結。時系列的にはハルキュラシリーズのトゥルーエンドを飾る作品でもあり、それだけにキシンPの気合いの入った作品となっています。
 もともとテンポの良いテキスト進行と、コメディタッチのドラマが魅力的なシリーズでしたが、回を重ねるごとにシナリオに厚みが増し、さらに改変グラフィックの急速な進化と相まって、目を見張る架空戦記作品に成長していきました。一気見に向いた、名シリーズだったと思います。

 次回作の予定は未定とのことですが、まずはシリーズ完結をお祝いさせていただければと思います。本当にお疲れ様でした。


【エロm@s】『お姫ちんに最終兵器SAKEを投与したら大変なことになった』

過労死P kgoP

 普通にアウトなせくしぃノベマス。いつ消されてもおかしくはないですが、消されたら惜しいほどのハイクオリティです。とりあえず、響&貴音が好きで、ある程度二次創作のアブノーマルシチュエーションに適応できる方ならば、見て損はないと思います。エロM@sは何故かクオリティの異常な作品がひょこひょこ出てくるので、侮れないです。
 

翔太と凸のイオサイトの春休み その2

金髪豚P

 ミッ○ィーにそっくりな謎の生き物と、アイマス2世界の翔太くんとともに、亜空間に閉じ込められた無印伊織。翔太の言う「竜宮小町」の存在を信じない伊織ですが、亜空間で見たある映像に視線が釘付けになります。
 垣間見られる伊織のプロ根性が、ゆるいギャグとなって雰囲気を和らげているのが良いですね。異世界の自分の姿を見て、伊織は何を思うのでしょうか。


【NovelsM@ster短編】羽と詩集とあずささん【久々の超天海】

シシカバブP

 ハリアーPリスペクト。雪歩から渡されたアレな詩集を読んだあずささん。ところが、詩集を読んでから彼女の雰囲気が一変し、翼の生えた天使に変身してしまいます。もとより天使のような性格だったあずささんが昇天したことで、さながら聖母のような存在になってしまいました。このとんでもない設定のもと、悩めるアイドル達を次々と救いあげていく、というのがこの物語のようです。あずささんの慈悲深さを、意表を突く形で設定に活かしたノベマスだと思います。


『やよいは大社長』  第四次ウソm@s祭り遅刻開き直り組

海中電器/くぴ氏(アイマスMAD処女作)

 処女作にして光る物をバリバリと感じさせる作品。セカチャクを見事に完走したという事実からも、そのクオリティが推し量れます。アップテンポでコミカルな作風が、すでに高い完成度を誇っていますね。面白い演出をガンガン取り入れていく姿勢に熱いものを感じます。

 水瀬グループの新社長に突如就任した高槻やよい。伊織はそんな彼女の大改革に翻弄され、ついにとある悲劇に見舞われます。これは……伊織に同情するしかない……。 ノリノリで改革を進めるやよいと、渋い顔でその様子を見つめる伊織の対比が面白いです。

.21 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

春歌さん

 Vinegar56%さんの考察がすげぇ・・・・・・

春香は本当に「歌がうまい」のか。 (すごろく妄想格納庫 (延長戦) Vinegar56%さんブログ)

 この記事から学ぶところはものすごくたくさんあるのだけれど、まず原作のコミュも選択肢ひとつでこれだけいろんな切り口から分析出来るということに、今さらながら衝撃を受けました。無印が出てからもう何年も経ちますが、未だに研究すべき余地が多く残されているように感じます。また、春香論を通じて千早論と律子論にまで考察が及んでいるのも注目すべき点です。

 「歌のお姉さん」の外にも、案外色んな人が公園で春香に関わっていたんですね。しかしその中にあっても、春香にとって「歌のお姉さん」の影響力はやはり相当大きいように感じます。確かに春香は体系的な音楽教育は受けていないようですが、基礎的な素養をこのお姉さんの教えで身に付けた可能性は高いと私も思います(無論、春香の独学と天賦の才によるところもあると思いますが)。
 そして、おそらくこのお姉さん最大の功績は、春香の性格を見抜いたうえで、彼女が最も唄いやすいコンディションを作れるようなアドバイスをしたこと、しかも幼い春香にもわかりやすいようなシンプルな言葉に集約して伝えたことかもしれません。だから春香にとっての一生のアドバイスとして今も生きている。

 コミックス版アイマスでは「歌のお姉さん」=西園寺三神ということになっており、三神はトップアイドルに上り詰めたのちにプロダクション社長として敏腕をふるうという描かれ方をしています。三神がゲーム版の「お姉さん」と同一人物とは限らないとはいえ、もし同じであるとしたら、若くして他者の才能を見抜いた最初のケースが春香だったということになるかもしれません。




.20 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

いおりんの「DIAMOND」

 伊織の新曲「DIAMOND」が公開されたようですね。「チクタク」と同じスタッフさんの仕事とのことで、可愛らしさの中にも大人びたセンスを開花させた15歳いおりんの魅力を凝縮した曲に仕上がっていると感じました。

 で、さっそく関連MADがぞくぞく上がっているようで・・・

【疑似m@s】DIAMONJIROU【水瀬伊織】

ンモーP

 投稿者コメントが最高にツボに入った。




【最底辺ノベマス講座】えっ私の再生、低すぎ・・・?【前編】

わんたP

 ノベマスの再生数はどうすれば伸びるかという考察作品。昔から再生数の伸び悩みはニコマスP達が苦しんできたテーマですが、今でも絶対的な解決策は存在していないですね。
 私もこのブログを通じて僅かばかりの支援をさせていただいているとはいえ、さすがに全ての作品を網羅することは出来ないですし、せっかくの名作が人知れず過ぎ去られていく様を見るのはなんとも心苦しいものがあります。

 投稿されたノベマスを非常に細かくチェックしている御仁は結構いるはずで、ほとんどの作品は必ず誰かの目に止まっていると思います。そして良い作品は再生数の多寡に関わらず人の記憶に残るものです。そうした作品はコアなニコマスファンの間でじわじわと名が知られていき、なにがしかのチャンスで一気に広まる、ということもあり得ます。作品が伸び悩むのはかつて私も経験した苦しさですが、なんとかその先のチャンスを逃したくはないものです。


【紙クリ】ハルユキの伝説【パラメータFFS】

走迷P

 走迷Pご自身が開発・配布された紙芝居クリエータ―用プラグインを用いての作品。良い感じでアニメーションしてますね。しかもカイザーPホイホイの濃厚なはるゆき作品となっています。はるゆきが混ざるとピンク空間になる(赤と白的な意味で)のがお約束ですが、本作もしょっぱなから雪歩が果敢にアプローチを仕掛けていきます。
 プラグインダウンロードや、使い方の説明動画なども同時アップされているので、ノベマス製作の参考になるのではないでしょうか。


【NovelsM@ster】Boy Meets Girl 第2話【わふわふ】

むろP

 正統派ボーイミーツノベマスでデビューされたむろP。前回、響との運命的な出会いを経て有頂天の主人公ですが、従姉から「有名アイドルとの恋愛が上手くいくはずがない」と否定的に言われてしまいます。それを聞き、いったんは諦めようとする主人公でしたが、再会した響との間であれよあれよという内にデートの約束を取り付けてしまうことに。二人の仲が上手くいくと良いですね。


【NovelsM@ster】中子右子が876プロからトップアイドルを目指すようです。21

グラスレディーP

 水着&メガネ回ということでひさびさにピックアップ。いつの間にか21話まで投稿される長期シリーズとなりました。中子と右子の健康的な水着姿がまぶしいサービス回です。そしてラストの中子のアイドル活動に対する熱い想いに心打たれます。
 また新ライバルとして懐かしいあのアイドルが登場。魔王エンジェルと言い、最近は昔の脇役っ子たちのサルベージが盛んですね。


ミキのハニーは社長なの! その1なの!【NovelsM@ster】

イマジンP

 イマジンPの着装と実行力にはシャッポを脱ぐより他は無し。まさかの社長&美希のラブ(?)コメディノベマスです。「キモかわいい」から、という何とも言いようのない理由で社長に惹かれてしまった美希。社長の気を引こうと、あれやこれやと頑張る美希が健気過ぎて泣けてきます。
 非常に楽しく見られる作品でした。


エアアイドル・マスター 第4話「天海春香」 part1 【NovelsM@ster】

アデリーP

 伊織達「May-March」の突然の活動禁止に戸惑いを隠せない765プロダクション。その裏には何者かの大きな力が働いているようです。皆が奔走している間、春香はただ独り路上で歌い続けますが、そんな彼女のもとをついにあの大物アイドルが訪ねてきます。歪んだアイドル界で翻弄される春香達に、希望は訪れるのでしょうか。悲壮感の漂う最終話の始まりです。


「DREAM!!」-伊織が涼ちんをプロデュース- 予告編【ウソm@s遅刻】

アイオリアP

 律子とのケンカから竜宮小町を離脱し、876プロのプロデューサーとなった伊織。たまたま事務所の前で遭遇した秋月涼を、律子の従弟と知らずにスカウトし、伊織自身の「目的」のために動き始めます。しかし、伊織の思い通りにプロデュースは進まず、涼はなかなか売れない様子。苛立ち悲しむ伊織を前に、涼がかけた言葉とは。
 シリアスな雰囲気の中、今までになかったプロデューサーとアイドルの組み合わせを描いたウソM@s作品です。



【Novelsm@ster】ShinyGirls! 第3話

格無しP

 貴音の妹、「天音」のトレーニングにつきあう765プロのアイドル達。最初は他に心を許さなかった天音も、次第にアイドル達を姉と慕って打ち解けるようになります。765の皆も、彼女のことを本当の妹のように世話を焼いている様子で微笑ましい限りです。だんだん言動が柔らかくなっていく天音が、実に魅力的に映る作品ですね。



【アイマス×サガフロ】S@Ga Frontier 春香編 第一話【嘘M@s】

RyoP

 改変ドット絵が恐ろしいほど造り込まれている架空戦記。ほとんどゲームに手を加えた痕跡がわからないほど溶け込んでいます。
 今回は春香編(ハルカイザー編)の冒頭部分のお話しです。突如謎の組織によって765プロが襲撃され、プロデューサーや仲間たちをあっという間に失ってしまった春香。そんな彼女の前に一人のヒーローが現れ、春香を助け出します。しかし、春香はそのヒーローからもらった力で組織への復讐を決意。かくして、春香の長い闘いがここに始まるのでした。


もいちどおねがい、クイズ王!

HLCP 遠心力P

 コロンビアな伊織サムネに目を惹かれて。前回に引き続き、美希の奇妙なクイズに応える羽目になった伊織。意図の読み難い奇問の数々に、文句を言いながらも挑む伊織でしたが、どうあがいても美希の手のひらで踊る結果になってしまいます。
 このかけ合いのスピード感と翻弄感は、伊織と美希のキャラクターならではの物ですね。 楽しく笑えて可愛らしい、まさに最強の漫才コンビです。


【NovelsM@ster】私とアタシ 第2話

ゆりゆめP

 最近お気に入りのシリーズ。まだ2話ですが。このシリーズのサイネリアが恋する乙女をしていて、非常に可愛らしいです。その上、わりと常識人に描かれているのも良いですね。サイネリアが好きな方には、全力でオススメしたい作品です。
 説得の末に、憧れのELLIEとオフ会をすることになったサイネリア。はしゃぎながら着ていく服を買いに行くサイネリアでしたが、その先で衝撃的な光景を目にします。揺れるサイネリアの心情は如何に。

 なお、第2話には某シュタインズゲートからのゲストと思しきあの二人が参加しています。


.17 2011 アイドルマスター comment4 trackback0

積み重ねてきた歴史は、大きな力になる

 アイマスにはアイマスだからこそ表現できる良さというものが、きっとあると思うんですよね。

【アイドルマスター】Welcome to this nicom@s world!

ATP

 アイマスがあって、ニコマスがあって、いろんな人が集まって、それを何年も積み重ねてきて今がある。アイマスには我々自身で作りだしてきた歴史があるから、他のいかなるコンテンツよりも愛着があるわけだし、そう容易くさようなら出来るものではないです。
 こうしてアイマス史やニコマスの総括のような作品を見ていると、究極的に自分がアイドルマスター好きなのは、単純明快にアイマスと関わっているのが楽しいからなんだなと自覚します。


.15 2011 アイドルマスター comment0 trackback0

ウイスキーは苦手だがハイボールだと少し飲める

 6月22日発売のあずささん&りっちゃんのMA2セカンドシーズンですが、カバーリクエスト曲がついに決まった模様です。
 で、その選曲ですが、

・あずささん: ウイスキーがお好きでしょ(オリジナル・石川さゆりさん)
・律子: 空色デイズ(オリジナル・中川翔子さん)
・あずさ&秋月律子ユニット: Best Friend(オリジナル・Kiroroさん)

の模様です。あずささんの選曲渋いですなあ。そしてりっちゃんに空色デイズを、という発想は賞賛されるべき。

 MA2の2ndシーズンについては、長い期間待たされた間にいろいろと思うこともありました。ですが、まずは気持ちを新たにして、心待ちにしていた伊織&亜美のMA2を楽しみたいと思います。もう発売は目前です。




 ついにノベマスリスト5つ目に突入です。

2011年5月~ ノベマス保管庫5 


 2011年1月から使用してきたノベマス保管庫4が500件の上限に達したため、新たにノベマス保管庫5を作成しました。ブログ記事に書くことのできなかった作品も多く所蔵しているリストですし、記事よりも速報性があるため、ぜひこちらもご参考になさってください。ブログ開設以来、半年でマイリスを1個使いきるペースですね。




 ここ最近、07~08年以来、久方ぶりにPVをクリックする機会が増えました。私の場合、2年半近くもほぼノベマスだけに視聴が偏っていたので、偶にPVを見ると新鮮です。そうしましたら、こんな興味深い企画を発見。

アイドルマスター2 Perfume 不自然なガール PV風味

翼P

アイドルマスター TRIAL DANCE(EUROBERT MIX)

KIDP キーボーP hikeP 

 http://file.tsubasap.blog.shinobi.jp/5b1a3461.jpg

 翼PとKIDPの2人が、ただいまフェス形式のPVバトルを行っているとのこと。ニコマスPV界の超実力派同士の真剣勝負ということで、非常に興味深い企画ですね。ちなみに勝敗を決めるのは週マスの順位だそうです。
 白を基調とした純真無垢な世界観で攻める翼Pと、黒を基調としてパンチ力の効いた深みのある世界観で迎え撃つKIDP。どちらも響が存在する作品ながら、そのアプローチは対照的です。まさしく竜虎の激突と言えるのではないでしょうか。

 一応、企画の趣旨的にどちらかに1票を入れるのが作法かもしれないので、もしどちらかを支持するとしたら翼Pの「不自然なガール」に投票したいと思います。正直、どちらの作品も計り知れない力作で甲乙つけがたいのですが、強いて言うなら「複数アイドルが登場する作品の場合、全員に均等なスポットライトが当たる作品のほうが個人的好み」であるため、プロジェクトフェアリーの3人をバランスよく彩った翼Pに1票を投じたいと考えました。

 とはいえTRIAL DANCEは響の専用曲なのですから、KIDPが響をフィーチャーして演出するのは全く自然なことだと思います。そのため、多分に個人的趣向の偏りが反映された1票ではありますが、上記の理由で「不自然なガール」を支持したいと思います。

.14 2011 アイドルマスター comment3 trackback0

まこフィギュアを見かけて

 最近、ニコニコ動画の広告スペースに真のブリリアントステージフィギュアCMを見かけるようになりました。2まこが普及しつつある現在、1まこの凛々しさも健在で魅力的ですね。真は私のアイマス歴の原点に直結している子なので、なかなか印象深いものがあります。


アイドルマスターMAD 伊織 今月あと6千円しかない

ひだりききP

 貴重なはるいおと聞いて。静止画加工のPV作品ですが、そのグラフィック改変が実に自然で面白みがあり、心温まる気持ちにさせてくれるものとなっています。原作コミュのワンシーンを巧妙に取り混ぜてくるなど、ストーリーPVとしても中々の名作です。
 ついこないだVinegar56%さんの所ではるいお論をコメントしたり、ちゃっかりはるいおコミュに入っている私ですが、こういう形ではるいおジャンルが増えると嬉しいですね。


事務員たちの昼休み【ノベマス】

ぴよだれP

 とあるピヨちゃんの妄想夢。小鳥さんと律子の二人の事務員が束の間の昼休みを満喫している間、小鳥さんの見た夢がちょっとしたハプニングを引き起こします。小鳥さんの見た、涙なしには語れない白昼の夢とは。律子の荒ぶるメガネなど小ネタ満載でお送りする手描きノベマスです。
 それにしても小鳥さんの寝相・・・・・・無防備すぎる。


如月千早 回想 #1:出会い

ねーよwwwP

 千早派の千早派による千早派のためのノベマス。さすが、千早好きにかけては容易に追随を許さないねーよwwwPというべき作品です。原作コミュを踏襲しつつ、千早がPとの出会いを回想するところから物語はスタートします。
 千早の左手に輝くリングがまぶしいですね。このリングを見るだけでも、それまでの彼女の物語に想いを馳せることが出来そうです。


【第4次ウソm@s】真ちんの後輩が765プロでデビューするようです【遅刻】

難P

 さいしょ「塩田」って誰だっけ? と思いながら見てましたが、最後の最後で思い出しました。おそらく無印アイマスの真コミュをしっかり覚えている方ならば、「ああそういえばあのコミュで見たなあ」と思いだせるかもしれません。私はあのコミュで選択肢をミスった記憶があります。
 しかし、社長のティン!レーダーも今回ばかりは故障したのではないでしょうか。この先の765プロに巻き起こる修羅場が心配されます。



【アイマス×メタルマックス】鋼の豆タンク4話後編

ドラム缶P

 この作品は本当に楽しいですね。今回で序章終了といったところでしょうか。久々にあのOPも帰ってきて、初投稿時の興奮が蘇りました。
 さて前作で強敵を奇策で撃破し、ようやく戦利品を手に入れたと思われましたが、出てきた物はどこをどう見ても「ソリ」。このあまりにもあまりな成果に気を落とす一行でしたが、絵理だけは別の意見を持っているようです。そんな絵理に惚れまくる犬サイネリアさんが可愛いですね。サイネリア回と言っていいかもしれません。
 


悪魔城ハルキュラ 蒼月の十字架 Part3

キシンP

 やばい、このシリ-ズはまり過ぎる。週末は久しぶりにシリーズセルフ一気見を行ってみようと思います。

 少し前から本格的なグラフィック改変が導入されたみたいなのですが、数話を経過して手慣れていっているせいか、急速なパワーアップを遂げています。どのグラもレベルが高いのですが、やよいのグラフィック改変がその中でも一番カッコよくて可愛らしいですね。クールなやよいというアプローチは、中々に破壊力が高いです。

 本編もサクサクプレイ重視で展開が早く、テンポ良く楽しむことが出来ます。おどろおどろしい世界観の中を、愛らしいアイドル達が明るくおしゃべりしながら突き進んでいく様は、なんとも痛快なものです。



.13 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

来ないメールを待つひととき

 まあ、さすがにライブチケットが一発で取れるほど世の中甘くなかったか。今度こそアイマスライブに参加したいんだけれども、致し方なしですね。


【NovelsM@ster】Boy Meets Girl 第1話【ハイサイ!】

むろP(アイマスMAD処女作)

 最初の導入シーンで(色んな意味で)目を離せなくなった作品です。いぬ美にKOされた主人公が目を覚ますと、そこには明るい笑顔が眩しい女の子が座っていました。女の子に一目ぼれする主人公。その子こそ、アイドル我那覇響だったのでした。かくして響との出会いが、主人公に新たな物語を与えることに。

 全編にわたって響が主演のノベマス。この響には誰でも一目ぼれしてしまいそうですね。私もアイマス2で一番印象が良かったのが響ルートだったので、主人公の気持ちにも共感するところがあります。


【1006合作】あの日観た夕暮れの記憶【第0話】

ひかぽんP 三色P 遼P CAMELP

 1006P合作によるノベマス。アイドル活動の悩みを抱えた美希は、都会から遠く離れた祖母の家を訪れます。旅先で美希は何を得るのでしょうか。
 車窓を流れる景色に美希の立ち絵を重ね合わせたり、実物を模したケータイを小道具に用いたりと、実写と合成した演出が印象的な作品になっています。郷愁を誘う田舎風景の中に、いかにも都会的な美希が溶け込んでいるのが面白いですね。ゆったりした時間が流れる作品です。


【第四次ウソm@s祭り】13分13秒アイドル【また遅刻】

憂鬱P

 30秒で解決するあまりにも単純な事件を、13分以上に引き延ばして迷宮入りにするコメディ。迷探偵・亜美の素っ頓狂な推理が、わかりきった解決を遠くへと放り投げてしまいます。亜美に便乗して事件をややこしくする伊織と、冷静なつっこみを入れる真美との対比も見ものです。


【NovelsM@ster】愛は、静かに。 第2話

若燕P

 胃薬さんの出番がない若燕P式恋愛ノベマス。声を失った愛ちゃんと、彼女を支える涼のこそばゆい恋愛模様を見守ることが出来る作品です。涼を困らせようと悪どいことを画策する愛ちゃんですが、何故か悪者になりきれない様子が可愛いですね。ヤンデレっぽく見せながら無邪気な純愛を披露する愛ちゃんの姿に、なぜが惹かれてしまいます。




弓削P
 
 これまでのテンプレートを絶妙にアレンジして展開に幅を持たせた作品。弓削Pの「さんさん」シリーズの新作なのですが、これまでと違いタイトルが「真」一文字という何ともストイックなものになっています。サムネのインパクトも凄い。
 弓削P事務所のアイドル達は非常に絆が強いように感じます。真と千早の遠慮のないやり取りは見ていて楽しいものです。


【ウソm@s】春香さんがあのクイズ番組の司会に抜擢【ちこく】

平蜘蛛P

 元ネタはクイズ番組・・・をモチーフとしたサスペンスドラマですね。謎の多いクイズ番組司会者の春香が、ゲストアイドルの響をむかえて残酷な時間を過ごすお話し。最初は和気あいあいとクイズを楽しむ響でしたが、徐々に番組の様子がおかしいことに気付き始めます。しかし、それは時すでに遅しというもので……。

 響を真綿で首を絞めるように追い詰めていく春香さんにゾクゾクします。原作を踏襲しているため、読後感がかなりエグいものになっているので、その点だけ注意して非情のクイズを楽しんでください。合間に挟まっているギャグが数少ない清涼剤です。


はるかこねた

HLCP  走迷P(FFS提供)

 走迷Pが制作した紙芝居クリエーター用FFSのテスト作品だそうです。小ネタと銘打たれてはいますが、HLCPならではの笑いのセンスが炸裂する小品です。炊飯ジャーひとつでいろいろとネタが膨らむなあ。


【アイマス2】真のストーリーを偽造してみた 1(改訂版)


【アイマス2】真のストーリーを偽造してみた 2

【アイマス2】真のストーリーを偽造してみた 3

さそP

 アイマス2シナリオにおける真の性格に関しては真派Pを中心にすでに議論が百出しているわけですが、今回さそPが制作されたのは真派Pからの一つのアンサーというべき作品です。5月の17日(予定)までの短期間に、全9編の作品を一気に発表なされる模様ですね。制作の意図などについてはいずれPご自身から言及があると思いますが、とにかくアイマス2の真に対して正面から取り組んだ意欲作であることは疑いありません。


.12 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

連休さんは戻ってこない

 連休を抜けると一気に気力が萎えるのはどうしようもない。
 
【第四次ウソm@s】ShinyGirls! 第1話【Novelsm@ster】


【Novelsm@ster】ShinyGirls! 第2話【ウソm@s連載作】

格無しP
制作協力:百合根P、燦々P、シロP、2.0P、べろちょろP

5月1日分のウソM@sはほとんどチェックしていたはずだったのですが、まさかこれほどの作品をうっかり見逃すとは。

 格無しPの新連載は、四条貴音と「もう一人の貴音」というべき少女が主演のノベマスです。アイマス2の貴音エンド後を舞台としており、竜宮小町もトップを取った後の世界にて、765プロに新たなライバルが登場します。しかもそのライバルのプロデュースをPが担当することになり、事務所はちょっとした騒ぎに。果たして貴音達の行く末やいかに。

 心温まる作風が魅力的な格無しPがメインで制作している上、多数の豪華ニコマスP諸氏が制作に協力している模様です。ストーリーは明るく楽しく、そして抜群に読みやすい構成と、豊富な執筆経験から紡ぎだされた堅実なノベマスに仕上がっているので、アイマス2系の作品はちょっとという方でもすんなりと惹き込まれることと思います。



【アイドルマスター】優しい止まり木

いそっちP

 お酒を飲む場とは、すなわち人と人の心が触れ合う場所。そしてバーテンダーとはそんな交流を優しく見守り、ときにはプロデュースする存在である、と言えるかもしれません。

 いそっちPが送りだした本作は、アイマス本編から数年後に一流バーテンダーとなった真が主演のノベマスです。海外で著名な賞を取り、日本でも有名バーテンダーとなった真が久しぶりに765プロを訪れる所から物語は始まります。そして帰ってきた真に、秘かに相談を持ちかける伊織。彼女の悩みを解決するため、真は一肌脱ごうと決心します。

 ノベマスでは定期的にお酒を題材とした作品が出てきますが、本作もまたお洒落な雰囲気の作品に仕上がっています。バーテンダー真のかっこよくて可愛いパフォーマンスに、心癒されること間違いありません。



逃げたアイドルと、追いかけたプロデューサーの話。

ガルシアP

 ちょうど先日の「とのばな」シリーズ一気見生内で公開された作品。素晴らしいサプライズでした。本作はシリーズ第4話と表裏一体をなす回であり、4話の美希のセリフを知っているとより深みが増すようにできています。ある一つのエピソードを違う側面から見てみると、まったく想像しえなかった表情をのぞかせる、そんなお話です。


876プロの3人がいおりんの家にお呼ばれしたようです

さかちーP

 タイトル通り、愛・絵理・涼の三人に加え、やよいが伊織の家に招待されるお話し。基本的にはアイマスDS内のエピソードと、これまでのさかちーP作品内でのエピソードを面白おかしく話し合うという和やかな雰囲気のノベマスです。その中で徹底的に伊織から誤解を受ける涼が不憫可愛いですね。
 DS三人娘の仲の良さが際立つ短編でした。


【第四次】やよいお立志伝【ウソm@s】

出口左也氏

 かつての伊織立志伝や、先日のニシンP&ひのきの薪P作品などに続き、出口左也氏が発表された戦国架空戦記。765プロではよくあるように、突如戦国時代に飛ばされてしまった伊織とやよい。ワープ先で最初の出会った人物が誰かによってその先のシナリオが決まるわけですが、本作で登場したのはいかにも頼りなさそうな一人の男性。ひ弱そうな、しかし機転のきく男性とともに、やよいおりが戦国の世で活躍します。

 なんでだろう、この現地武将よりもやよい&伊織の方がしっかりしているように見えるのは。


侵略!イカ千早 第18話 『博物館に行かなイカ?』

イカdeゲソP

 さすがに安定した面白さ。昨年度のアニメ界を風靡したイカ娘とアイマスのコラボ作品の第18話です。今回の舞台は街の博物館。次々と登場する珍しい物(=巨大生物)を前に、はしゃぎまわるイカ千早が可愛らしいです。
 つかみのネタでは、あずささんの理解力とアドリブに惚れてしまいました。それ以外にも、シリーズ恒例の小ネタもたくさんちりばめられているので、それらを一つづつ発見していくのも楽しみかと思います。

 
恋愛ポートレート

ハヤブサP

 姉妹愛の皮をかぶった百合作品、と言えるかもしれません。春香がプロデューサーのことばかり見ていると憤懣やるかたない亜美と、そんな彼女をたしなめる真美。一見よくある姉妹の会話のようですが、話を聞いているうちに二人の抱えた恋愛感情(?)が見えてきます。亜美と真美の本心はどこにあるのでしょうか。

 この作品、真美がとてつもなく達観した恋愛観を持っているのが印象的でした。そしてそれが良い。


【美希】ふたりのはじめて【雪歩】

ミジュマルP(アイマスMAD処女作)

 珍しく一緒に買い物に来たという雪歩と美希。そんな二人の楽しげなショッピングの様子をうかがうことが出来る作品です。雪歩と美希が出ずっぱりの作品ですが、百合物というわけではなく、純粋に二人の友情が微笑ましく描かれている作品となっています。百合も良いですが、そこまでディープではない友情譚というのもまた格別の味です。

 本作が処女作とのことですが、非常に読みやすく、基本に忠実なノベマスになっていると感じました。今後の活躍が期待されます。




 
.11 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

微妙にプレッシャー

 毎年5月はノベマスの良作に恵まれるように思います。

アイドルマスター 伊織にキスを ~KISS the IORI~

ゆうのP

 今回わかったこと: 愛のあるキスはエロm@sよりエロい。
 というわけで伊織いちゃらぶストーリーの第一人者こと、ゆうのPが送りこんできた激甘のノベマスです。ゆうのPのシチュエーション設定は、毎度ながら神がかっていますね。
 9分間の内の約半分はキスしているという恐るべき作品なので、視聴するときは周りに人がいないことを確認して、思い切りにやけながら楽しまれるのが良いでしょう。


家の壁が千早になっていた。【第四次ウソm@s祭り】

ヘンリーP

 765後家蜘蛛の会シリーズなどでその優れた腕前を知られるヘンリーPの新作。インパクト絶大なタイトルが目を引きますが、作品の中身はいたって正統なコメディとして作り上げられています。
 千早が壁に同化した存在として登場する斬新さも面白いのですが、「平面」を利用した演出ギミックが工夫されていて、ノベマスの表現技法としても興味深いものがあります。
  壁に張り付いた(?)千早と暮らす、奇妙な同棲物語。これは続く・・・・・のでしょうか?
 

ロケットディーヴァ

HLCP 遠心力P

 話がひたすらすれ違い続ける面白さを描いたコメディ。人間大砲ロケに参加した千早の顛末を友人に語る春香でしたが、友人の絶妙なボケっぷりと揚げ足取りのために中々話を進めることが出来ません。それでも投げ出さずに話を続ける春香は、本当に鍛えられていますね(色んな意味で)。

 見終えた後の異様な脱力感がクセになる作品です。


【ノベマス】如月先生と春香のアブない個人レッスン

覆面作家P

 砂糖菓子の弾丸、覆面作家Pの新作はメジャーカップリングである“はるちは”でした。ドレミを口ずさむだけでもやたら可愛い春香と、彼女の音程に我慢ならなくなった千早が仲良くなるまでの物語。なんとも最悪な知り合い方をした二人ですが、春香の持ち前の明るさの前に、徐々に千早も態度を和らげていきます。
 この二人の関係はとってもやわらかいですね。ほんわかする短編作品です。


朝比奈りんと始球式

ミューゼスP

 野球の始球式に招かれた朝比奈りん。その準備を兼ねて、彼女にに投球練習をもちかけるPでしたが、思いがけず強烈なピッチングを披露するりんに度肝を抜かれます。どうやらフォーム修正を口実にちょっかいをかけたかったようです。
 迎えた始球式の日。滞りなくイベントを済ませたりん達はさっそく野球観戦を楽しもうとしますが、観覧席には先客の姿が・・・・・・?
 


【ノベマス】メカニック・アイドル-第一話-【ウソm@s】

武蔵野P

 ドタバタギャグのような冒頭の雰囲気から一変、天海春香は不慮の事故(どんがら)により植物状態になってしまいます。沈痛な面持ちで集まる765プロの人々。そんななか病院に現れた伊織は、ある非現実的な提案を持ちかけます。その提案を半信半疑で聞くプロデューサーでしたが、おもむろに伊織は千早を呼び寄せると、驚くべき真実を打ち明けます。春香の復活はあるのでしょうか。


クロノ・マスター第36話

ラヴォスP

 だいぶ前に「祝! 第二部完結!」と記事に書いてしまいましたが、あの時は「第二部のクライマックス」であって、本当の最終回はこの36話だったみたいです。完全に早とちりしてしまいました。
 血のにじむような冒険の末、ついに春香復活への糸口を見つけた雪歩達。未来の死の山にて、切り札の「クロノトリガー」を起動させます。そして、原作クロノでも屈指の名シーンである、感動の再会がみなを待ち受けているのでした。

 ここからいざ大反撃と言う原作のシーンを見事に再現なされた回でした。これにて第二部は終了とのことですが、ラヴォスPも第三部に向けて準備を進められるそうですので、完結までよりいっそうの応援をさせていただければと思います。



【NovelsM@ster】  雷鳴のハルカ  【第四次ウソm@s祭り】

HDKPPP

 HDKPPPによる、ハードなアクション巨編。秘密結社を抜けだし追われる身となった春香と、その追手として迫りくる真との壮絶なバトルが繰り広げられます。かつての仲間と戦うことを拒絶する春香ですが、無情にも真の取りだした強力な装備の前に、ぶつかりあわざるを得なくなります。悲しい闘争の後に、訪れた結末とは。


悪魔城ハルキュラ 蒼月の十字架 Part1

キシンP

 以前から面白いという話を小耳にはさんでいたキシンPのハルキュラシリーズ。今回初めて拝見しましたが、確かに物凄くテンポが良くて面白い架空戦記でした。過去のシリーズもいくつか拝見しましたが、スピーディに進行する物語と、あらぶる雪歩達アイドルの活躍をたっぷりと堪能させていただきました。
 キャラ崩壊というよりも、いい感じに性格を崩して楽しく描くことに成功している作品だと思います。


【水瀬伊織】 Understand; 空を見上げるマリオネット 【誕生祭】

しゅんしゅんP 留守番P

 1004P合作「夢見ル月が終わる頃提出作品のリニューアルにして伊織誕生祭用ノベマスです。富豪の家に生まれたくさんの使用人や有力者達に囲まれながらも、 本当に心許せる人と巡り合えないでいた伊織。そのためか、人形劇のように無機質な人生を送っていた彼女でしたが、ある日知り合った高木社長との出会いが、伊織に新しい道を提示します。
 伊織の原点を描くことに挑戦した、良作短編です。




ノベマス 朝起きたら男の子になっていた。6-3

PちゃんP

 以前から盟友きっちょむPが猛プッシュしていたシリーズです。古いシリーズですが、ひょっとすると当ブログで紹介するのは初めてかもしれません。
 私もシリーズ物のノベマスをうっかり1,2話見逃してずるずると積み状態にしてしまうことがよくあるのですが、朝男シリーズもその中の一つでした。確か一番最初の小鳥さんが真と×××する話と、美希が風呂場に入ってくる話までは読んだはずですが、その後完全に見逃していたように思います(PちゃんPの短編はいくつか見ていましたが)。
 そのため今回6-3の視聴の前に、復習のために最初の1~2話と、予習のために6-1&2を見てから視聴しました。なので間のエピソードがごっそり抜けていますが、かろうじて話についていくことが出来ました。真が男の子になったことって、もういろんな人にバレてるみたいですね。


 さて、超久しぶりに見た朝男シリーズですが、笑ってハラハラして充実した時間を過ごすことが出来ました。楽しい話のところではきちんとコメディをしていて、要所要所でドキリとするモノローグが語られる。一見すると楽しげな雰囲気のノベマスですが、同時にいつ何が飛び出してくるかわからない先の読め無さがあって、シナリオに締めず緩めずピンと張った琴線のような緊張感が保たれていると感じました。

 それにしてもこの作品、恐ろしく人物描写がリアルですよね。出発点では「女の子が男の子になっちゃった!」という現実にあり得ない大ウソをついているわけですが、その後に語られる物語の細部には明確なリアリティを感じます。
 例えば16歳の真&雪歩なら、いかにも「現実の16歳の男の子Or女の子」が持ちそうな思考に基づいて行動しているように見えますし、2X歳の小鳥さんは「20代後半の手練手管のお姉さん」として、ある種の生々しさを持って描かれています。 
 なんというか 登場人物の実年齢と精神年齢が非常にマッチするように描かれている印象ですね。キャラクターが実年齢よりも大人っぽかったり、子供っぽく描かれたりする演出はよく見られますが、ここまで徹底的に心と体の発育を擦り合わせて人物描写に肉付けしている作品はめったに見ない気がします。そういう精巧さがリアリティを生み出しているのではないかと。



 きっちょむPが毎回ブログで物凄く熱の入った朝男推薦記事を書いていたので、この記事を書くにも少々プレッシャーを感じましたが、まずはこんな風にまとめてみました。途中のストーリーをごっそり飛ばしているので、見逃した回を見たらまた印象も変わるかもしれませんが、さすがに名作の誉れ高いシリーズだと、私は思った次第です。



.08 2011 アイドルマスター comment4 trackback0

【今夜は】 水瀬伊織の大革命 【寝かさない】

 伊織、誕生日おめでとう!!
伊織誕生祭記念・ハートピース
 
 今年の伊織誕生祭は盛り上がっていますね。今日は興奮してなかなか眠れそうにありません。私からはこちらの静止画をささやかなお祝いとして仕上げてみました。2伊織も良いですが、1伊織も味わい深いものです。

 今回はMMDで「春香の2周年記念画像」と「伊織の誕生祭用画像」の2種類を作りましたが、何と言っても指先の表現には気を使いました。自分でモデルを動かしてみると、公式アイマスモデルの指先の演技の完成度に舌を巻きます。今回の指先でハートを作る仕草はDo-Daiのモーションを参考にしていますが、あのPVのような綺麗な演技を指先につけさせるのは至難の業です。上手くハート型に見えないし。


 2011年初頭の記事にも書いた通り、今年はごく個人的な理由から伊織革命の年と決めていますので、今後も彼女の出てくる作品は優先的にプッシュしていきたいと思います。



伊織誕生祭・ノベマス編
【水瀬伊織】ある開花の風景【誕生祭】

DianaP

 DinanaPの愛が伝わるノベマス。タイトルにおける「開花」の意味がわかったとき、何とも幸せな気持ちになりました。伊織の誕生日を風流にお祝いしつつ、律子のプロデューサーとしての決意の表情までも描き切った良作に仕上がっています。
 希望に充ち溢れた伊織と律子の表情には、ジーンとくるものがあります。


幸せは毎日のつみかさね

花月鳥P

 並みのサプライズでは驚きそうにない伊織を如何にして驚かすか? 765プロのメンツが考えだした結論は、まさかの「量産型いおりん戦法」でした。伊織ならずともこの戦法には唖然とするでしょうが、これだけ一糸乱れぬサプライズを仕掛けてくるとは、それだけみんなの仲が良い証拠ですね。

 タイトルが実に良いですね。すなわち、絆が深ければわざわざ改まってそれを確認する必要はない、と。これは私も心に留めておきたい言葉です。


おねえちゃんってよびたいの?

燦々P

 年上だけれども暢気なあずささんと、年下だけどもしっかり者の伊織。その相性の良さからしばしば姉妹に例えられるあずいおですが、時にはこうやって立場をとりかえっこさせてみたくなる気持ちもわかりますね。
 あずささんに対する伊織の言動は遠慮会釈が無いですが、それだけ本音を出して付き合える仲間だと考えているように感じられます。その遠慮のない仲睦まじさこそ、姉妹に見られる所以なのではないかと。


【手抜…手書き】いおりんがお店で働くようです【いおりん誕生日】

チーズ屋P
 
 このサムネで伊織誕生祭動画とわかる人は少ないと思いますが、中身はれっきとした伊織主役のストーリィです。しかも妙に良い話で終わるという。
 律子の取ってきた「ファーストフード店での一日店長」のお仕事を淡々とこなそうとする伊織。しかし、メニューに「おしおき」やら「ののしり」やら「いおりんのオレンジジュース」といった不穏な言葉に表情がフリーズします。それでもお客さんには笑顔で応えるプロ根性を見せる伊織でしたが、そのやってきた客というのがまた問題だったのです。

 サムネが実に惜しいですが、含み笑いを抑えながら楽しく視聴させていただきました。


いおりんの一日 (5月5日)

のワの氏

 プロデューサーのある恥ずかしい出来事から生まれたらしいノベマス。確かにそのエピソードは赤面物ですね。
 休みの日にもかかわらず、誕生日にいそいそと事務所にやってきた伊織。ところが事務所に人気はなく、そればかりかやってきたPに仕事を押し付けられる始末。最悪のバースデーになったと絶望する伊織でしたが、その裏では……?


【NovelsM@ster】ばーすでい・りれーしょんず【伊織誕生祭】

アイオリアP

 伊織と美心の誕生日が一緒だったと言うのは知らなかった。まあ、去年までは魔王エンジェルも佐野美心もほとんどメジャーで無かったですから、覚えていなかったのも仕方ないですが。
 毎年、水瀬家の味気のない誕生日パーティーを息苦しく思っている伊織。事務所のみんなもGW中は仕事が詰まっていてパーティーには集まってくれません。唯一参加を表明した美希に対しても、美心の誕生日会に行くよう、伊織は強情に言い含めます。
 何とか二人の誕生日を同時に祝いたいと願う美希は、ある秘策を考えます。果たして今年の伊織の誕生パーティーはどうなるのでしょうか。


翔太と凸のイオサイトの春休み その1

金髪豚P

 翔太くんは誤解から伊織にしばき倒されるので、実質伊織が出ずっぱりの作品です。
 突如として謎の白い空間に飛ばされてしまった伊織。ドッキリだと信じ込んだ伊織はプロ根性でリアクションを取りますが、だんだん様子がおかしいことに気付いた様子。そんな彼女の前に現れたミッ○ィーっぽい不穏な黒い影の正体とは。

 ドッキリネタに対する伊織のリアクションがとても可愛らしい。REC出来るものならRECしてますよと言いたいですね。


【伊織誕生祭動画】『ある日のラジオ番組』

穴掘りP

 なにやらラジオ公認の間柄としてカップルネタでいじられる伊織。放送作家の罠ですねこれは。小野坂昌也さんのラジオでもよく加藤英美里さんのネタがふられますが、ああいった感じなのでしょうか。小野坂さんが報われていないのに対して、伊織の方は割と良い仲になっているようですが。
 いじられる伊織というのも中々そそるものがあります。



【第四次ウソm@s祭り】 伊織のために~待宵の城~

ニシンP ひのきの薪P

 豪華タッグによる、新たな戦国SF架空戦記。ニシンPによる切なくシリアスな物語と、ひのきの薪Pの高度な演出があいまって、圧倒的なSF時代劇のインパクトが生み出されています。

 女の子なのに何故「伊織」と名付けられたか? 本来ならばこの名を授かるはずだった亡き兄のために、歴史を変えるべくタイムスリップする伊織。しかし、その行為は伊織自身を歴史の記憶から消し去ってしまうリスクをはらんだ、危険な行いでした。伊織を救うべく、彼女を追って決死のタイムトラベルを敢行する美希。その先に待ち受ける運命とは?
 
 1568年の戦がどういう経緯で未来の伊織の兄に結びつくのかは、本作だけだとよくわからないのですが、いずれにせよ二人の思惑は将来的に対立する可能性があり、先の展開が非常に気になるところです。
 




PV編
【アイドルマスター】 水瀬伊織メドレー 「いおめろ!」 【合作】

参加P:
安息香P / いろはP / うぐぅP / えびP / カジカP
カマトロP / きつねP / ぐっさんP / けるまP / syu-kaP
じろうP / SerikaP / dodoP / ぷっつんP / ベホイミP

 2011年伊織誕生祭における最大の目玉。タイトル通り、13分間で伊織にめろめろになって画面の向こうから戻って来れなくなる一大合作であります(いおめろ! って伊織にめろめろになる合作動画の略で正しいですよね?)。見終わった後には、かならず彼女に視線が釘付けになっていることでしょう。

 伊織をひとりの女の子として輝かせることに対して、命をかけた男たちの軌跡。今日という記念に、ぜひ皆さまの目に焼き付けていってください。


アイドルマスター 『AFTER 0:00』 伊織・あずさ

けるまP

 ノベマス見る専になってからと言うもの、PVを見る量は激減しているのですが、けるまPの作品には何故か心惹かれるものを感じ、定期的に追いかけています。
 いおめろ! でも大活躍だったけるまPですが、それとは別に伊織誕生祭動画を上げてくるところに、彼の気合いを感じます。
 それにしても、伊織とあずささんのセレブぶりが半端ではありませんね。けるまP作品における伊織の品の良さは、また格別です。
 
 楽曲を唄っているのは釘宮さんと田中理恵さんとのことですが、田中さんの声がホンモノのあずささんの声に聞こえてくるのは不思議としか言いようがありません。伊織ボイスとの相性はバッチリですね。



いおりんに頼み込んだら激しく蹴ってもらえました

こさろP

 罵ってもらえる上に、全力でキックしてもらえる。その筋の人にはたまらないであろう? 作品です。いおりんのゲシュペンストキックまじ最高。 

.05 2011 アイドルマスター comment8 trackback0

NP氏の本棚・2周年記念特集「もう一度語りたいあのノベマス」

 おかげさまでこの「NP氏の本棚」は今日で開設2周年を迎えました。いつも見に来てくださっている方に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。時間の許す限りは続けていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。


 2周年をささやかに記念して。
NP師の本棚2周年

 ビキニの上だけ映すとパーティードレスみたいに見える、ような気がする。
 ちょちょっとMMDを使って記念画像を作ってみました。アイマス2風春香さんモデルはこちらよりお借りしています。


【MikuMikuDance】天海春香 3rd【作製完了】

uchikura氏




 さて、2周年の記念に何をしようかなと考えたのですが、今回は自分の振り返りの意味も込めて、2010年までの作品限定で、私自身が「もう一度語りたいあのノベマス」について記す記事にしようかなと思います。お時間よろしければ、しばしお付き合いください。なお、ノベマス以外にも架空戦記作品を数作含めています。


.04 2011 ノベマス特集企画 comment4 trackback0

らしんばん八王子店のアイマスコーナーがやたら充実している件について

 以前このブログで私の故郷である東京都八王子市が、謎の「小アキバ化」していることを書きました。
 今でも偶に八王子のメロンブックスとその2階にある“らしんばん”には足を運ぶのですが、そのらしんばん八王子店のアイドルマスター特集コーナーが、ここ数カ月ほど異様な充実ぶりを見せています。


メロブ&らしんばん

 店内の撮影はマナーに反するので外側から写真を一枚。

 1階がメロンブックス、2階がらしんばんになっているのですが、この上のらしんばん八王子店の店長さんがアイマスの大ファンらしく、二階のショーウインドウケース2つ分のスペース全てがアイマスグッズコーナーになっています。その気合の入った展示の様子はアイマスファンとして軽く感動を覚えるレベルです。ちなみにPOPのコメントから察するに、店長さんは律子好きのようですね。

 らしんばんはアウトレットのコミックスや同人誌、その他グッズ類を扱っているお店ですが、ここのアイマスコーナーにはアケマス時代のキャラクターファンブック(週刊アイドルマスター)があったり、バースデー企画に販売された千早のCDや伊織のうさちゃんぬいぐるみといった貴重な品物が置いてあったりと、色々な品が集まっているようです。
 つい最近までこの2つのショーウインドウの半分以上は声優さんのCDを売っているスペースだったと思うのですが、いつの間にか棚全てを制圧し、驚きの品ぞろえに進化していました。アイマス系のねんぷちも結構な数が置いてあり、眺めているだけでも楽しい時間を過ごせます。


 ひとしきり棚を眺めた後、前から欲しかったこちらのドラマCDを購入しました。

ゆきまこドラマCD購入記念

 ゆきまこのドラマCD・Scene01ですね。発売が2005年……って、そんなに昔になりますか。以前から欲しいなと思っていたんですがなんだかんだで買い逃してしまい、その後手に入れる機会もなめぐってこなかったのですが、今回ようやく見つけることが出来ました。
 本作に限らず、初期のドラマCDは買い逃した物が多いため、色々と探し回っているのですがそう都合よく見つかるものではないみたいです。この頃のドラマCDを聞くと、なんとなく今のアイマスとは違った雰囲気を感じることが出来ます。



【NovelsM@ster】私とアタシ
 
ゆりゆめP

 記事に取り上げるのが遅れてしまったのが申し訳ないほどの良作。ネットアイドルELLIEと出会ったことにより、人生の一大転機を迎えた引きこもりの少女。その少女こそ後のサイネリアでありました。ELLIEへの憧れから、自分を変えようと一生懸命になって行く姿が実に魅力的に描かれています。


【第四次ウソm@s】剣の海岸でおとぎ話 第1話【バルダーズゲート】

P名未定

 ファンタジーRPG風の世界「剣の海岸(ソードコースト)」を舞台に、新米冒険者のハルカとチハヤ、そして二人の先輩であるヒビキとタカネが活躍するお話し。可愛らしい2Dドットキャラの動きや、立ち絵の演技の工夫が素晴らしいです。彼女たちを待ち受けている冒険に期待が膨らみます。


THE iDOL M@STER 【人造アイドルは煌めく舞台の夢をみるか?】 Vol.1

左之字P

 876プロ地下の開かずの扉に潜入した愛と涼。そこで二人が目にしたのは、極秘裏に進められていた人工アイドル製造計画でした。そしてプロジェクトを巡り、様々な思惑を抱えた人々が動き出します。ウソM@sということで、あえて気になる伏線を出しっぱなしで終えたのが良いですね。続きが非常に気になる締め方です。


【第四次ウソm@s】あずさお姉ちゃんの3乗

腰痛P

 ウソM@s主催の腰痛Pより、新たなるアイマス姉物語が発表されました。今回は姉しよシリーズと違い、姉役はあずささんただ一人……だったはずが、いきなり3人に分裂して大変なことに。主人公を慕う夢子も絡んできて、今まさに修羅場が訪れようとしています。
 腰痛Pの姉ノベマスは、主人公が羨ましいと視聴者に思わせる手腕が抜群です。


三浦あずさの婚活 第1話

若燕P

 婚活に恐ろしいほどの執着を見せるあずささんのような誰か。春香と伊織を巻き込んで、あの手この手でプロデューサーを落とそうとするあずささんですが、天然なPの前には軽くスルーされる毎日。さらなる作戦を練るあずささんですが……。
 あずささんが中の人化する作品は多いですが、この作品に関して言えばキング以上にワイルドな性格に変貌しています。彼女の執着ぶりに、妙なリアリティを感じてしまうのは何故なのか?


 聞 こ え る 千 早 〔ノベマス・嘘最終回〕

中南海P

 ウソ第一話ではなく、連載の最終話という体裁のノベマス。千早と、もうひとりの人物の会話で物語が進んでいくだけのシンプルな作品ですが、台詞のフキダシの表現法がユニークで、実際に二人の人間がかけ合いをやっているような臨場感を演出しています。
 千早がこの最終回にたどり着くまでに感じてきたであろう辛さに思いを馳せつつ、ラストシーンを味わうのが良いかもしれません。


【第四次】アイドル最速は誰なのか?【ウソm@s】

ハリアーP

 まさかの過去作リメイク。筋書きはだいたい同じはずなのですが、リメイク版は全てハリアーPの手描き立ち絵に変更されています。そのせいかカオス度が前以上に跳ね上がっている気が。つっこみどころ満載な二つ名や、パワーアップした白雪先生の御姿などなど、見どころ満載の一篇です。


【第四次ウソm@s】N@IR 第一話

ターニャP

 真下アニメの傑作、ノワールを原作としたノベマス。アニメ版の映像とMMDを用いたアクション、そして汎用立ち絵を上手く組み合わせ、アニメシーンを再現したような独特の演出を行っています。ちなみに、霧香役を絵理が、ミレイユ役を尾崎さんが担当していますが、意外なほどハマり役になっています。


【歌姫は】ウソつきちーちゃん 第2話【男の娘!?】

黒狼鳥P

 数年前の交通事故で意識を失った姉に代わり、「如月千早」としてアイドル業界に入った千早の実の弟の物語。彼(?)から真実を聞かされた雪歩は、戸惑いながらも協力することを誓います。かくて、涼の物語とはまた違った女装アイドルの伝説がスタートするのでありました。
 涼に比べるとかなりシリアスな理由で女装アイドルになっただけに、雪歩ならずともこの弟君を応援したい気持ちになりますね。
  
.03 2011 アイドルマスター comment2 trackback0

ウソM@sシーズン4、開幕

 今日から3日間、ウソM@sの第4シーズン真っただ中ですね。ノベマスが熱い数日間になりそうです。

【ウソm@s】アンアンアンとっても大好きプロデューサー #01

あいうえおP

 あの国民的猫型ロボットがついにプロデューサーに!? これまでありそうでなかった21世紀と22世紀のコラボノベマスが誕生です。
 ひょんなことからケンカをしてしまった春香と伊織のために、ドラえもんPはある道具を使って二人の家族を入れ替えます。庶民の家の食卓を味わう伊織と、大富豪の家におどろく春香。二人の様子をナチュラルに盗撮見守るドラえもんの名プロデュースぶりをご覧ください。


765 世界・ふしぎ発見! 「ネオ・ヴェネツィア編」

ストラビンスP

 コミック&アニメで有名な「ARIA」の舞台であるネオ・ヴェネツィアを、世界不思議発見風のスタジオから紹介する作品。出演者のテンポの良いかけ合いと、数々の珍回答名回答が乱舞する様子は、原作の番組を彷彿とさせます。MMDを用いたスタジオも細部まで造りこまれており、台詞枠ひとつをとっても工夫されている様子がうかがわれる力作です。


山手線の駅で戦争してみた 第2話 「高貴なる魂」

おぱマP

 以前のウソM@sで大好評を博した作品の第2弾。山手線の駅を争奪するアイドル同士の戦いは、パワーバランスを読み取った戦略派達が優勢に進めていきます。圧倒的進軍を続けるアイドル達に対して、追い込まれた側のアイドル達はどのように行動をするのでしょうか。


【第四次ウソM@S】アカルラベース『失われた歌』予告編【アイマスx束】

いとしいさかなP

 MMDで表現された美しいファンタジー世界を基に、伊織と麗華の因縁が交錯するお話し。現実世界では共にライブを行う仲の伊織と麗華でしたが、夢の向こうの異世界ではなにやら不穏な間柄の様子。断片的に提示される物語の中で、二人のただならぬ関係が描かれていきます。これは続きが気になる作品ですね。


【嘘m@s】 第一回 菊地真のモテる女子力を磨く!パーフェクト恋愛教室

3倍録画P

 数日前からネット上でネタとして盛り上がっている「モテる女子力を磨くための4つの心得」。そのあまりにもネジの外れまくった内容ゆえに、話題となっているタイムリーなネタを基に製作されたノベマスです。
 真が講師を担当している時点で、どういうオチに持っていくかがモロバレですが、一番美味しいところを持っていったのは千早だったと言う件。普通の人が言ったら殴られるような台詞でも、千早が恥ずかしがりながら言うとたちまち可愛くなってしまうのは不思議ですね。
 ううん、真の「ぷんぷくり~ん(怒)」も可愛いと思うんだけどなあ……。


【第四次嘘m@s】アイマスx魔乳秘剣帖【予告OP】

罵りP

 これは酷いコラボw このどうしようもない原作タイトルをどっかで見た覚えがあるなと記憶をたどってみたところ、思い出しました。確か6年くらい前に「Fate/side material±α」を手に入れるために、清水の舞台から飛び降りる勢いで購入した某雑誌掲載のコミックではなかったかと。まさかこんな所で再会することになるとは……ニコマス恐ろしい。


【第四次ウソm@s祭り】じゃずます!【 J@ZZ M@STER】

留守番P

 ウソM@s一日目の中でも特に私が気にいった作品です。各々の楽器を携えて、とあるジャズライブハウスに集う少女たち。お洒落で小粋なアイドルバンドの奏でる音楽に、時を忘れて酔いしれることが出来そうです。
 765&876のオールスターキャストでお送りする豪華なノベマスなので、JAZZが好きな方もそうでない方も、味わい深い時間を過ごすことが出来ると思います。こんなライブハウスがあったら毎日でも通いたいですね。
 




【アイマス】 ちっぱいといっしょ 6 【Novelsm@ster】

ブロディP

 このサムネに勝てる男などいない。まさに完敗であります。内容もブロディPらしくアウトラインすれすれでしたが、サムネに負けて良かったと思いました。いろいろごめんなさい。


千早妄想録 ~メシフロ編~

弓削P ごまうP chopper.P

 素晴らしき合作の続編。ピョコピョコ動くドット絵と、テンションを上げていく愛らしいイラスト、そして弓削P得意のフォント演出が組み合わさった無敵の作品です。春香の言動に、いちいち激しい妄想を膨らませる千早がなんとも可愛らしいですが、明らかに春香さんのほうもわかってて千早を誘ってますよねこれ。
.01 2011 アイドルマスター comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者