スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今年一年、ありがとうございました。

 2010年も間もなく終わりを迎えようとしています。本年も当ブログをご贔屓にしていただきまして、誠にありがとうございました。

 2010年は私自身の生活を含め、公私ともに大きな出来事が続く一年間でした。そんな中で、ブログに来ていただいた方からのコメントや応援が、とても励みとなりました。

 新年はアイドルマスター2の発売などもあり、このブログの在り方や、プロデューサーとしての活動のスタイルについて、あらためて考え直す機会になるかなと思います。どのような形にせよ、私はこのブログの活動を楽しみとして生きていきたいものです。


 今年は古流剣術の稽古のほうもいろいろと進展著しかった年でした。これまでの数年間の中では、一番上達を実感できたかなと思います。まあ、形はほとんど先に進んでいないのですが。とにかく、今は自らの心技体を粛々と練り上げていこうと思います。


 今年一年間、本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。


                      NP氏の本棚管理人 NPことニコラスP

スポンサーサイト
.31 2010 日常の徒然 comment0 trackback0

一足先の御来光

 ついさっき書いた記事で今年最後の紹介と言っておきながら、これ来ちゃったら書かざるを得ない。


【人力VOCALOID】Destiny -太陽のあずさ-【みんな、しわっす!3】

 
ドリ音P RidgerP作品

 しわっすは毎年必ず歴史的傑作が出てくるよなあ……。これはもう年の瀬になって20選のラインナップを考え直す人が続出するのではないかと。一足先に新年の御来光を拝んだ気分です。



.31 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

今年最後の処女作2本

今年最後の紹介です。

【NovelsM@ster】 765トータライザー

Ribbon氏(アイマスMAD処女作)

 ○○だと思う人はスイッチオン! でおなじみのトータライザー企画に参加したアイドル達。無記名のボタン投票であることを幸いに、普段は口に出せないようなことも次々と暴露されていきます。そして最後に残された洒落にならない質問がもたらした結末とは?

 処女作とのことでしたが、立ち絵の表情にはめずらしい物も多く含まれていて、丁寧な取捨選択を行われた様子がうかがわれます。さらに個々の立ち絵にもドロップシャドウと思われる仕上げをかけるなど、細かいところまで手が行き届いていて、製作への熱心な姿勢が伝わってくるようでした。確かにこれは時間がかかったことでしょう。


【NovelsM@ster】 2つの世界 「亜美と亜美」 

かもっぱち氏(アイマスMAD処女作)

 双子の夢を通じて交わり合う、二つの世界のお話し。「こちら側の亜美」が夢の中で「あちら側の亜美(=真美?)」とコンタクトを取ることが出来るという、SF(すこし不思議)的な世界観を描いたノベマスです。どうやら異世界側からも夢越しにコンタクトを取れるみたいですが、何故そのようなエスパーじみたことが出来るかは明らかになっていません。(唐突に「エスパー真美」という言葉がアタマをよぎりました) その辺の謎は今後解き明かされていくのでしょうか。

 亜美真美の双子設定を独特に活かしているという点からも、期待の膨らむ作品です。

.30 2010 アイドルマスター comment0 trackback1

アイマスの聖地を訪れて

 昨日で仕事納めになったので、今日は羽を伸ばそうとアイマスの聖地ナムコ中野(旧・プラボ中野店)に行って参りました。

 ナムコ中野店

 流石はアケマスの聖地というだけあって、店内には声優さん達のサインや直筆のコメント、そして数多くのプロデューサーさんの情熱が所狭しと書き込まれたノートの数々が展示されており、アイマスファンの末輩ながら非常な感銘を受けました。あのノートの「重み」はかけがえのない歴史とともに積み重ねられたものだと思うと、なんだか感動的です。Pノートの最新のページにはンモーPのコメント等が書かれていました。私も記念に少しばかり記入してきましたが、あれで自分の字が下手なのがばれるかもしれない。

 アイマスグッズの展示棚の隣にスタンプ台が置かれていたのですが、残念ながらインクがカラカラに乾燥していたらしく、スタンプは押せないようでした。昔日は全国各地を巡る熱心なファンがスタンプを押していったのでしょうね。

 さてひとしきり展示を眺めた後でいざプレイ! と勢い込んだのですが、肝心のプロデューサーカードを家の貴重品入れの中に入れっぱなしにしていたことに気付き、結局プレイできず。ドジですねぇ、私も。


【アケマスありがとう】-花ー【アイマス紙芝居】


タカシP

 アケマスはぜひともリアルタイムで追いかけてみたかったです。




101229_1343~01
 サンモール~中野ブロードウェイ。

 年末のためか、平日にもかかわらず賑わっていました。中野ブロードウェイに行ったのは初めてでしたが、なんというか迷宮みたいなところですね、あそこは。こう、昭和から平成の初めころまでのあらゆるカルチャーを一か所に凝縮したら、あんな空気が出来上がるのかなと。一つの建物の中で色んな時代にタイムスリップしているような気分になりました。


 中野に行ったのは観光だけではなく、ある物を購入する目的があって行ったのですが、そちらはすぐに入手できませんでした。来年にならないと入荷できないとのことだったので、年明けまで届くのを待つことにします。



.29 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

ニコラスPの3年間、そしてMe組のこと

 3年前の2007年12月28日に開催されたMegum@sが、私のPVPとしてのデビュー日でした。

アイドルマスター Megum@s参加作品・「Unsteady」

ニコラスP(アイマスMAD処女作、だった作品)

 あ~なんか久々に見たらこみ上げてくるものがありますね。当時のありすえP引退のショックでぽっかり空いた喪失感が、この動画を作る原動力になったのを思い出しました。その時期、その瞬間にしか作れなかった作品だと思います。
 これを作った時は、まさか自分が後にニコマスブロガーとして、第二のアイマスライフを始めるとは思いもよらなかったことです。あの時は一本だけ動画作ったらすぐ見る側に戻ろうと思っていたくらいですから。

 2010年はアイマス動画を一本も挙げられなかったのは無念です。しかし、アイマス2の発売を迎えて、私の中で久しぶりに動画制作の意欲が高まりつつあります。できることなら2011年は「ブロガーのNP」としてだけでなく、「PVPのニコラスP」としても活動を再開していきたいなと思っている次第です。
 もっとも、現在のニコマス作品のレベルの高さは半端無いので、到底私の力量の及ぶところではないとは感じています。そもそも上達を目指すための研鑽を全然怠ってきたのですから、仕方のないことです。だからこそ映像編集は我執にとらわれず、伸びやかに楽しみたいものです。

 2011年も、ニコマスが最高の遊び場であり続けることを願ってやみません。
 


アイドルマスター&坂本真綾 コラボMAD「光あれ」(修正版)

ニコラスP(4作品目の修正版)

 この作品には16歳トリオ(雪歩・春香・真)を出演させています。この3人を選んだのは、「同い年のアイドル3人」を「Megum@sで同日デビューした3人の同期P組(通称Me組)」と見立ててキャスティングしたためです。要するに同じ日にデビューした3人の仲間への、感謝と祈りのメッセージを動画に込めたわけですね。今見なおすと歌詞が意味深すぎる。

 私がデビューしたMegum@sというニコマスイベントでは、4人のPが新たにデビューしました。4人とはすなわち、うっしーP、焼き肉P、ayakanP(仮名)、そして私ニコラスPの4人です。

 うっしーPは残念ながら引退されてしまいましたが、その代わり彼は「月別デビューP」の概念を生み出すという、ニコマスの歴史に残すべき大偉業をなした方です。今日、様々な月別デビューP合作が楽しめるのも、原点をたどればうっしーPがいたからこそだと思います。当時の経緯はシラカワPのブログ(現在閲覧不可)や赤ペンPのブログディープPのブログなどに詳しいと思います。

 焼き肉Pはノベマス、架空戦記のファンで知らぬものはない大御所です。現在も第一線で活躍を続けるベテランでもあります。デビュー初期から連載され息の長い人気を誇る春香の挑戦シリーズ、いおはるジャンルの第一人者、しわっす3でのオールスターPVなどなど彼の活躍は留まるところを知りません。私もまた彼の春香の挑戦を楽しみにしている一人です。彼の描く春香さんは、本当に可愛いですよ。

 ayakanP(仮名)は3年経った今も仮名が付いたままですが、これは理由があってそうしているのだと聞いています。0712P企画、みんなしわっすで披露された【ニコニコ動画】アイドルマスター 娘々サービスメドレーを始めとする、豪勢で大胆な構成のPVがつとに有名かと思います。確か続空のカズマさんがすごいファンだったような。昔、私がアイマスを楽しめなくなった時期があったのですが、そのとき彼の作品を見て感銘を受け、再びアイマスに戻って来れたというエピソードがあります。

 だいぶみなさんとは疎遠になってしまいましたが、私個人は今でも皆に対する敬意と敬愛の気持ちを忘れたことありません。ただ私の人付き合いが下手で、迷惑をおかけしてしまったかなという思いもあります。本当に申し訳ないことをしてしまいました。



Megum@sデビュー組を追いかけて(byニコラスP)



 うっしーP、焼き肉P、ayakanP(仮名)の作品のみを記録したリスト。今でも新作が出るたびに更新をしています。思えばこのマイリスト製作が、私のブログ執筆の原点と言えるかもしれません。ちなみにブロガーネームの「NP」という名は、彼らとのチャットで用いていた略称を流用したものです。


 思い出話がだいぶ長くなってしました。ここまで長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


.28 2010 ニコラスP comment4 trackback0

遅ればせながら24日の記事を

土日は二日続けて道場の稽古納めと忘年会でした。道場の兄弟子たちはみんなたくさんお酒を飲む人ばかりなので、結構大変な忘年会です。ただ貴重な話を伺える機会でもありますから、チャンスとばかりに口伝を聞いてきました。一年の振り返りも兼ねて、稽古の総括をしておきたいところです。




 この記事は24日に書きかけだった記事です。土日は忘年会の連続がハードすぎたので放置してました。遅ればせながら雪歩誕生祭の作品をば。

【NovelsM@ster】 インターネット物語 続続・雪ねぇの部屋 【第∞話】



ダイアルアップP

 約1年前に彗星のごとくノベマス界に現れた「雪ねぇの部屋」。その圧倒的な面白さと、ニコマス創世記を思い出させる賑やかなコメントの数々が、多くの人を楽しませました。その雪ねぇの部屋ですが、今度こそ、本当に本作品を持って「最終回」となるとのことです。

 とはいえ、次回作の可能性も示唆していただけたので、またあのチャットルームに帰れる日が、いつか来るかもしれません。ダイアルアップP、本当にお疲れ様でした。


【雪歩誕生祭】ふたりのヒミツのおくりもの【NovelsM@ster短編】

アデリーP

 「パラレル・ラバーズ」シリーズなどを手掛けるはるゆきノベマスの実力者、アデリーPの作品です。はるゆきはベタ甘な百合作品を描くと、本当に悶えるほど魅力的な作品が出来上がるという証明みたいなノベマスであります。はるゆきは砂糖菓子みたいだなあ。
 
 甘いだけでなく、とっても温かいストーリーになっているのも見どころ。寒い冬にあったまる物語、これはたまりませんね。


【アイドルマスター】二人の思い出 第3話【( ・∀・)つ⌒∞┃】

ボン太くんP

 「はるちは」だけでなく、「ゆきまこ」と「やよいおり」まで幅広くカバーする二人の思い出シリーズ。第3話はゆきまこ編の決着と言えるお話しが描かれました。
 ボン太くんPのところの雪歩は、やっぱり原作張りに根性がありますね。それに応える真、静かにライバルの闘志を燃やす伊織、そして場を引き締める小鳥さんと、周りを固める女性たちもしっかりと描きこまれています。

 次回は春香のバックアップにあずささん登場? 果たして、はるちはの関係はどうなってしまうのでしょうか。



はるゆき


カイザーP

 ご存知、はるゆきジャンルの皇帝ことカイザーPの作品です。この上ないシンプルなタイトルと、いつもどおりにイチャイチャする二人の様子は、まさにカイザーPの風格。
 カイザーPのはるゆきは、いつも春香が積極的に迫っているように見えて、思わぬところで雪歩が攻めに回るという、攻守交代が頻繁に起こるのが魅力のひとつと思います。お互いの言動に動揺してしまうときの春香と雪歩が、本当に可愛らしいです。


【NovelsM@ster】 注文の多い大富豪

牛リセット氏

 カズマさんに紹介を先越されてしまった……まあすでに話題になってる作品なので、今回は私のフットワークが悪かったのが敗因でした。やっぱり24日の内に記事書いておけばよかった、と地団太踏んで悔しがるほど、本作は要注目のノベマスです。

 「君には業界人のオーラがない」、と営業先で駄目だしをくらった主人公Pが、伊織のアドバイスを受けながら上流階級の作法を身につけていくというサクセス(?)ストーリー。伊織の手によって改造されていくPの姿と、彼に対するアイドル達のコメントがなんとも愉快ですね。

 短編コメディのお手本のような高い完成度を誇る本作。牛リセット氏の次回作への期待が高まります。



.27 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

浅倉雪歩の新たな一歩

 雪歩誕生日おめでとう! 考えてみれば今回の誕生日は浅倉杏美さんに代わってから最初の雪歩の誕生日となります。今日という日は、浅倉さんと雪歩の新しい一歩になることでしょう。

 さてアイマス2では、各アイドルに冬服が存在することが確認されました。無印の雪歩はずっとノースリーブだったので寒そうでしたが、2では大丈夫そうです。何となく雪歩はふんわりとしてあったかそうな服が良く似合うのではないかと思いますね。
 今のところ9人のアイドルの冬服が公開されましたが、伊織、あずささん、亜美とりっちゃんの4人にもきちんと用意されているものと信じて続報を待ちたいと思います。

 雪歩誕生祭作品もたくさん上がっていて見るのが楽しみですが、紹介はまた後ほど。

.25 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

いおりんとお出かけ

 アイマスモバイルのエリアゲームですが、担当アイドルは伊織を選ぶことにしました。春香には2での1stプロデュースで頑張ってもらおうと思っています。モバイルはまだ出先の駅で待ち時間に触れる程度ですが、なかなか楽しいです。どうやら都内でだけでも相当に細かくエリア分けされてるみたいですね。おまけに挨拶ムービーは新規で作られているという良仕様。これ本当に無料で楽しんでしまって良いのでしょうか。




 今日はサウンドオブミュージックのブルーレイ版を探しに街に出たのですが、どうやらどこも売り切れのようで見つかりませんでした。至極残念。




アイマスをファンタジーRPGっぽくしてみた part4 1/8


百合根P

 百合根Pから届いたクリスマスプレゼント。このシリーズは王道RPG風の脚本もさることながら、毎回「このゲームやってみたい!」と思わせる作り込みの緻密さに感激しています。さらに今回はあずささん登場回ということで、8分割にわたって投稿されるという超拡大版となっています。このPart4だけでも1シリーズが作れるほどのボリュームですね。

 年末年始は百合根Pワールドに存分に浸れそうです。嬉しい。


春を呼ぶ 【ノベマス短編】

ぴよすきP

 静かで重く、そして胸に響くノベマス。映画祭に出展される短編映画のような風格の作品です。紛れもなく、ぴよすきP渾身の一作だと思いました。
 
 ジェンダーマイノリティゆえの哀切と苦悩を描くという、いわゆる一般的な百合M@s的な作りとはだいぶ異なった作風です。とても重いテーマを取り扱った作品ですが、それらがノスタルジックな世界の中へ包み込まれるように描かれていて、すっと心に沁み込んでいくような感じを持って読み進めていくことが出来ました。



プロデューサーがクルマを買うようです


RASC氏

 ノベマス初投稿の方の作品です。タイトルの通り、重度の車マニアであるプロデューサーが主人公のお話しで、彼を取り巻くアイドル達が車談義に盛り上がります。小ネタも効いていて、車に詳しくない私でも楽しかったです。

 第2作もすでに上がっていますが、これからもぜひ作品作りを続けていっていただきたいです。



.24 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

アイマスモバイルの新サービスが楽しそう

アイマスモバイルで無料のエリアゲームが始動! 全国でアイドルをプロデュース!! (http://news.dengeki.com/elem/000/000/327/327942/)

 お~こういうの面白そうなサービスですね。アイマス好きにはやっぱこういう遊び心のあるサービスが一番嬉しいです。週末辺り登録してみようかな。あんまり動き回る仕事はしてませんが。
 私はついさっき恵比寿から帰ってきたところなのですが、このリンク先の画像だと伊織が恵比寿で仕事をこなすサンプルもあるみたいですね。こないだのおぱマPのノベマスでも伊織は恵比寿を拠点にしていましたが、何かの縁があるのかもしれません。

 初回は春香で登録するか、伊織で登録するか、それが問題だ。


.22 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

感情、揺れ動いて

 先週末からニコマスには本当にたくさんの名作が投稿されました。第3次ウソM@Sのときは大量のノベ・架空戦記が投稿され活況を呈しましたが、ここ数日はVRFの開催や年末という時期の影響などもあってか、PV作品が素晴らしく充実しています。マイリスに入れたものだけでも、けるまP、しょじょんP、お茶、ちゃたまるP、OGOP、赤ペンP、えびPにエコノミーP、0912Pや某匿名P達の合作etc……と、凄すぎてもはや言葉が出ません。私ももともとはPVPとしてデビューした身ですし、この怒涛のPVラッシュには心揺さぶられるものがありました。


 紹介記事をいつも通り書こう、と思っていたのですが、なんか感情の波が高まりすぎて文章が全く出てきませんでした。しばらく、気持ちを落ち着かせたいと思います。

 
.20 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

ウソM@s特集これにて完結(第3次ウソM@s その7)

 長かった第3次ウソM@s特集ですが、本記事を持って一区切りとさせていただきます。主催・運営の皆さま、参加された方々、本当にお疲れ様でした。

【第三次】舞コミュ【ウソm@s】

kuromura氏(アイマスMAD処女作)

 幸か不幸か、日本一有名なアイドル日高舞を知らずに育った主人公。なんの因果か、そんな彼が日高舞のプロデュースを担当することになってしまいます。自分のことを知らない主人公に激昂するかと思いきや、彼の新鮮な態度が気に入ったらしい舞さん。かくしてここに生まれた名コンビは、日本の芸能界にどんな旋風を巻き起こしていくのでしょうか。



山手線の駅で戦争してみた


おぱマP

 山手線の各駅を「国」に見立て、アイドル達が領地を増やしていくという異色戦国ノベマスです。山手線になじみ深い都民のNPなので、良く知ってる駅にアイドルがやってくるとなると燃えますね。せっかくなので私は恵比寿の伊織を応援します。恵比寿はクリスマスシーズンになるとイルミネーションが綺麗です。伊織は良いところを取りました。

 ウソ予告編を見るだけでも、ものすごいドラマが展開されそうなお話しなので、これはぜひとも続きを見たいです。


【ウソm@s】アイマスボールZ 1話 『閣下ロット』

フュージョンP
 
 中村先生の悟空コスは黒歴史やでぇ……。まあ、このサムネを見た瞬間に飛びついてしまいましたが。
 グラフィック改変の技術において、ノベマス界でも屈指と賞されるフュージョンPの作品です。ドラゴンボールZのラディッツ編を下地においたコメディ風味のノベマスで、楽しませていただきました。サイヤ人=リボン持ちという設定もにやりとしますね。ウソM@sの例にもれず第一話のみの製作だそうですが、これは2話以降の配役を考えるだけでも色々と楽しめそうです。


逢魔ヶ刻“黒”異変 【第三次嘘大師譚】


ガルシアP

 百合根Pの「偶像町幻想百景」の世界観を共有した作品です。偶像町シリーズは多くのPが派生作品を手掛けてらっしゃいますが、多くはSSとして作られており、動画として投稿されたのは本家以来ではないかと思います。
 偶像町に迫る最大の危機を前に、動き始める妖の住人達。この「いざ総力戦!」という勢いに心が熱くなりますね。見ている方も古刀を一本携えて参陣したくなります。


第三次ウソm@s祭り】アイドルマスター×ダイヴアラート【ネオポケ】

焼き肉P

はるいおノベマスの第一人者としての地位を確立された焼き肉P。地球上の大半が海に覆われた未来世界を舞台に、数少ない人間の生き残りとして潜水艦でさすらう伊織と、彼女をサポートするナビゲーターコンピュータ―の春香の旅を描いた架空戦記、になりそうなウソM@s作品です。元ネタのゲームは知らなかったのですが、続くとしたらなんとも海洋ロマンあふれる作品になりそうな予感がします。


【第三次】アイドルは炬燵で推理する プロローグ【ウソm@s】


ヘンリーP

 長かった第3次ウソM@s祭り記事のラストを飾るのは、こちらのヘンリーPの力作です。このお祭り記事を締めくくるにあたって、ぜひこの作品までは紹介に収めたいと思っていました。

 新人アイドル募集中の765プロに、唐突に送られてきた一本のカセットテープ。その中には天性の才能に祝福された歌声が録音されていたのでした。この逸材を逃してなるものかとスカウトマンとして派遣された新人Pでしたが、彼が出逢ったのはなんと腹話術師の少女。
 かくして新人Pと、腹話術師を目指す春香さん、そして一体の人形とが織りなす奇妙な物語が始まったのでした。

 1作目のみの製作ではあるものの、もし続きが来たとしたら間違いなく名シリーズになると私の勘が働いています。


.18 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

すでに2週間経ってた(第3次ウソM@s その6)

 長かったウソM@s特集も次回で締める予定です。

【第三次ウソm@s祭り】やよいはべろちょろが守る! 1/3

【第三次ウソm@s祭り】やよいはべろちょろが守る! 2/3

第三次ウソm@s祭り】やよいはべろちょろが守る! 3/3

bya氏(アイマスMAD処女作)

 べろちょろが擬人化するという異色のノベマス。独特のグラフィック改変が可愛らしい雰囲気を漂わせてますが、ストーリー的には結構シリアスで、しかも思わぬ「敵」が出現するという意外性も持っています。
 ウソM@s第1話ではありますが、この作品はこの作品として完結しているように思います。次回作がどんなものになるのか、期待されるPです。

【im@s×アクトレイザー2】 アクトマスター2 第01話 【ウソm@s3rd】

井川KP

 よもやアクマスをまた見られる日が来るとは。井川KPの名作、アクトマスターが2になって登場するというサプライズでした。グラフィックはアイマス2準拠の立ち絵に更新され、あの名ナレーションも健在です。ぜひ続いて欲しいですが、どうやら原作のゲームがやたら高難易度らしく、連載は難しいかもしれないとのことです。残念。


【第三次ウソm@s祭り】 我那覇響の狩猟生活? 【NovelsM@ster】

綾丸P

 響にとってはドでかいモンスターも可愛いペットにしか見えないようです。
 というわけでこちらはモンスターハンターとアイマスがコラボした架空戦記。モンハン装備にグラフィックを改変したアイドル達が大変セクシーです。特に響は似合いすぎますね。主に脇が良い。


【ウソm@s】アイマスビンカン選手権! 1stStage


あいうえおP

 バラエティ番組企画風の楽しいノベマスです。私みたいな元ネタの番組を知らない人でも十分楽しめると思います。いわゆる間違え探しの一種ですが、視聴者も一緒に推理を働かせることが出来る仕掛けになっているのが良いですね。高得点のまちがえには最後まで全く気付きませんでした。



 
 
.17 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

続きもどんどん来ているみたい(第3次ウソM@s その5)

 第3次ウソM@sの記事は、あと2回くらいでまとめ終える予定です。

【ウソm@s】アイマス×メタルマックス 鋼の豆タンクOP【手描き】


【アイマス×メタルマックス】鋼の豆タンク第1話


HHH氏(アイマスMAD処女作)

 今回の第3次ウソM@sでは数多くの処女作が生まれましたが、その中でもメタルマックスの手描きOPで話題になったのがこちらの作品。しかも、まさかの続編投稿と相成りました。
 この表情豊か手描き立ち絵が、とてつもなく可愛いです。しかもポーズが原作の立ち姿に準拠しているのが良いですね。無人の荒野にキュートなアイドル達という構図は実に映えます。


【第三次ウソm@s祭り】いしかわりょう物語 第1話【Novelsm@ster】


KY0-G氏(アイマスMAD処女作)

 こちらもウソM@sデビュー枠より。涼と石川社長がメインのノベマスです。原作ではほとんど詐欺同然の手口で涼を女の子デビューさせた石川社長ですが、本作の社長は超個人的な好意で涼をデビューさせる憎めないキャラとして描かれています。こういうみのりん像も良いかもしれないですね。
 こちらも現在続きが造られる予定があるとのことで、とても楽しみです。


【おざちは】ロード・トゥ・オールドホイッスル【ウソm@s】


平蜘蛛P

 これぞ新境地、おざちはの作品です。平蜘蛛Pのモノクロームアイドル第二話はかなりカオスな展開になっていますが、こちらの作品はモノクロームアイドル第一話に近い、シリアスな作品です。尾崎さんという複雑な人生を歩んできた女性が、千早の成長にどうかかわっていくのか、とても興味深いですね。


【アイドルマスター】二人の思い出 第01話【第3次ウソM@S祭り】

ボン太くんP

 はるゆき派の私でも、はるちはの驚異的破壊力には屈服せざるを得ない。
ボン太くんPの描く春香と千早の関係は、ひたすらに甘い蜜月だけではなく、ピリリとした緊張感も描いているところが素晴らしいと思います。優しく見守ってあげたいけれど、どこかハラハラしてしまう二人の関係が見ものです。

 このシリーズもまさかの第2話が投稿されています。『二人の思い出』というタイトルが、なんとなく別れのイメージを想像させるのですが、はたして彼女たちの未来はどうなるのでしょうか。
.15 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

はるゆきサンドイッチ

 さてさて、初回封入特典の写真とやらが公開されたわけですが、
 
【スクープ!】初回生産限定封入特典「撮りおろし宣材生写真」限定公開&秋葉原に特大パネル!の画像(URL:http://ameblo.jp/project-imas/image-10733177595-10910468238.html)

 こ、これは……(ガタッ

 見ていただければお分かりの通り、春香と雪歩が響をサンドイッチしているという、はるゆき派のNPにとってご褒美すぎる一枚がサンプルとして公開されていました。この静止画だけでも、こんなに可愛いとは。やはりアイマスのモデリング技術はレベル高いんだなあとつくづく感じます。

 そういえばイカ娘生写真にもクオリティが高い(なんでも非常に高価な印刷素材を使っていたとか)との評判が集まっていましたが、今後はソフトウェアの特典にこういう写真系のおまけが付くことが増えるのでしょうか?


.12 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

ホーム・スウィート・ホーム

 ここしばらくウソM@sばかり見ていたので、久しぶりに通常の投稿作品の方で紹介記事を書きたいと思います。


【Novelsm@ster】千早の家 第9話 arcadia【完結】


おしるP

 この度めでたく完結しました、おしるPの「千早の家」シリーズです。千早が一人暮らしを始めたというところから始まって、紆余曲折を経ながらも幸せな居場所を手にしていく素敵なお話しでした。
 「千早の家」というタイトルは、全編を通してみると非常に深い意味合いがあったことが分かります。「家」とはかつて千早が失くしたものであり、そしてこの物語を通じて見つけることのできた幸せそのものなのではないかと思います。きっと千早にこそ『帰れる家』が必要だったんじゃないかと思いますね。

 何はともあれ、おしるP完結おめでとうございます。 

Novelsm@sterシリーズ「千早の家」の一覧



千早妄想録 ~帰宅編~

弓削P ごまうP chopper.P

 これまた千早の一人暮らしを描いた作品ですが、こちらはシリアスな作品ではなくて千早が妄想と煩悩を炸裂させまくる良合作となっています。いつの間にか家に上がり込んでいた春香を前にして、これでもかと都合のよい想像を膨らませる千早。これはまさしく「恋」ですね……若干暴走している気もしますが。

 弓削P一流の脚本とフォント演出に加え、ごまうPのイラストと物語、chopper.Pのドット絵などが合わさって、プチ・シネMAD的な豪華な作品となっています。


【NovelsM@ster】俺の日高舞がこんなに可愛いわけがない!0話


【NovelsM@ster】俺の日高舞がこんなに可愛いわけがない!1話

 ※2話も投稿済みです。

妄涼P

 某事務員さんの所業をきっかけに、舞さんとお見合いすることになった765プロのプロデューサー。捕って食われるんじゃないか、という心配は杞憂だったようで、舞さんともいい雰囲気になっていきます。はたして二人の未来やいかに。

 1話の方を見たときに、完全に第3次ウソM@s作品と勘違いしてしまいましたが、れっきとした新連載作品でした。今の所、0話~2話まで投稿されていますが、非常に面白いです。デレ舞さんの魅力値は半端ではないですね。


 
.11 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

ようやく走りきった(第3次ウソM@s その4)

 一週間かけてようやく第3次ウソM@s作品群を一巡することが出来ました。流石に全部に目を通したわけではありませんが、それでも半分くらいは見た……と思います。おかげで寝不足の一週間になりましたが、悔いはありません。


【第三次】彩音と玲子プロデューサー【ウソm@s】

ハリアーP

 今回のウソM@sでは、ハリアーPが一挙4作品投稿で大活躍されていました。他の3つの作品ではウソM@sならではの大がかりな舞台設定が魅力的でしたが、本作はそれらと一線を画す身近な世界を舞台としています。サイネリアと尾崎さんの壮絶なメンチの切りあいが見ものです。

ウソm@s】765地下鉄建設計画 第1話


K特P

 おそらく今回のお祭りで最多の投稿数を成し遂げたのがK特Pではないかと思います。その中からこちらをセレクト。
 「通勤がしんどい」という春香の悩みをきっかけに、「765プロから春香の家まで直結の地下鉄を作っちゃおう!」という一大プロジェクトが立ちあがってしまうぶっ飛んだノベマスです。この採算をどこかに置き忘れてきたような計画に、765プロのみんなが実現のために一所懸命頑張る姿に惚れ込んでしまいました。


【第三次ウソm@s】765 School Life 第1話 新学年の朝

しょうひらP

 新学期に遅刻しかける→食パン少女とぶつかる→まさかの転校生!? という究極の王道を突き進んだ作品です。妹キャラが意外な人に設定されていたり、担任の先生があの方だったりと、主人公の身の回りがやたら羨ましいですね。アイドル達との学園ライフを満喫してみたいものです。


【第三次嘘m@s】R-TYPER YUKIHO episode00 「オーディション」

四月P

 名作STGのR-tpyeの世界観にて繰り広げられる架空戦記作品です。原作からして悲壮感の漂うゲームではありますが、本作では雪歩と春香の明るさが物語に希望の光を映し出しています。もっとも、そこはかとなく悲劇の伏線みたいなもの張られていて、すごく続きが気になるのですが。
 個人的にはコクピットシーンでの演出と会話が好きです。

.10 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

無限に楽しめるんじゃないかという気がしてきた(第3次ウソM@s その3)

 すでに第3次ウソM@s作品が400を突破してる件について。

キル ラッキィP【原作:Kill Doctor Lucky】
 
腰痛P

 元ネタのボードゲームは存じ上げませんが、なんともヤンデレな雰囲気をかもしだすゲーム感覚ノベマスです。出だしからして殺気だってるアイドル達ですが、それでいてどこか楽しそうな様子なのが何とも。最初から最後までテンポ抜群の楽しい作品です。

【第三次ウソm@s祭り】僕らはきっと魔法を使う  最終話

覆面作家P

 覆面作家Pのノベマスはファンタジックでどこか切ない。覆面先生の描く春香作品は、どれも私のストライクゾーンに入ってくるんですよね。春香をトップに導くPの意外な正体や、思いがけない形で登場する雪歩など、魅力的な要素をちりばめつつ、透き通るように美しいラストシーンにまで収束していく作品です。


エアアイドル・マスター 【第三次ウソm@s祭り】


アデリーP

 地球的レベルでアイドルコミュニティが広まった時代。世の中は栄光と名声を手中に収めたトップアイドルと、無残に消え去っていく無名アイドル、そしてトップアイドルの影武者として活動する「エアアイドル」に3分されていました。
 そしてまた一人、才能を開花させられなかった少女が、トップアイドルの影として生きる道を選ぶことに……。なんとも儚い世界観の良ノベマスです。


世界が愛したFランク【第三次ウソm@s祭り】


胸厚P

 世界に愛された「Fランクの歌姫」のお話し。胸厚Pの作品は、千早ファンにぜひともお勧めしたいです。
 日本人シンガーとして、アメリカのヒットチャートを席巻していた千早は、ある時突然「歌声」を失ってしまいます。失意のまま帰国した彼女でしたが、なんとか復帰を目指そうとアイドル活動を始めることに。
 そんな千早を見守る人々の声援に、胸が熱くなる作品です。

【第三次ウソm@s】置き去りセカイ 第一話

レストP

 あらゆるものから「色彩」が失われた世界に生きるあずさと伊織。滅びゆく無彩色の世界の中で、それでも力強く生きていこうとする二人の命が、見えない極彩色となって輝いているように感じます。
 ノベマスとして、本格的に色彩美の世界に挑んだ力作です。
.07 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

休憩中

 第3次ウソM@sを大絶賛中のNPですが、紹介しきれるのかだんだん心配になってきました。そしてこういう時期に限って忙しいという。
 まだ記事に上げていない作品については、投稿が古い順から随時チェックしてマイリストに入れている最中なので、とりあえずそちらの方を参照ください。まだ全然最新に追い付いていませんが。

 それにしても、今回のお祭りは本当に素晴らしいです。

.06 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

まだ半分も追い付いてない件について(第3次ウソM@s そのに)

 おかしいな……目の錯覚でなければ昨日300件だったウソM@sが帰ってきたら350件に増えているような……。流石に全部の動画に目を通しているわけではないものの、結構ハイペースに見ているつもりでしたが、まだ先は長そうです。投稿日時が古いものから順番に見ていますが、最新に追い付くのはいつになるやら。



第三次ウソm@s祭り】妹、レイコ


なんくるなるさP

 姉・絵理と妹・尾崎さんによる禁断(?)の生活。ロリ尾崎さんを言葉巧みに追い詰める絵理がかなりのツワモノです。おざえりは良いですね。


【shadow】嘘m@s2本立て【仮面幻影殺人事件】


瑞穂P

 ファンタジックな魔法物と、ダークな雰囲気を漂わすミステリ物の2本立てです。どちらも幻想的な物語になりそうで、連載されたら面白くなる気がしますね。ミステリ好きとしては【仮面幻影殺人事件】の方が興味あります。

【映画】 GUNHEDM@STER 【予告風】


ふみP

 古き良きSF映画を彷彿とさせるような作品です。原作であるガンヘッドは全くの未見でしたが、本作を十分に楽しむことが出来ました。重厚なSF的世界観と良質なBGMを活かした構成が素晴らしいです。

秋月りん(予定)の甘噛 第1話【第三次ウソm@s祭り】


山東P

 涼と魔王エンジェルの朝比奈りんという、これまた珍しい組み合わせが登場する作品です。りんがトレードマークと言える髪のツインを外してショートヘアにしているのですが、非常に似合っています。もうほとんどゴールイン寸前の恋人同士な二人ですが、はたして順風満帆と行くのでしょうか。

【スラムダンク】SL@M DUNK 第一話 【アイドルマスター】


縦揺れP

 言わずと知れた名作スラムダンクを再現した漫画風の作品です。原作のスラムダンクらしさの再現度が非常に高く、キャラクターの表情も井上先生風味で面白いです。まさに我々スラムダンク世代が喜びそうな作品に仕上がっています。





 これ、紹介が本当に終わるのか心配になってきた。一ヶ月くらい第3次ウソM@sの話題だけで持ちそうな気がする。
.04 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

第3次ウソM@sは、広くアイマスファンにお勧めしたい。(第3次ウソM@s そのいち)

 12月3日は第3次ウソM@s企画の開催日でした。

 昨今、アイマス界隈には暗い話題も多いですが、そうした重い空気をぶっ飛ばすバイタリティを持った名作ノベマス&架空戦記が、大洪水の如く投稿されています(いま確認できるだけで300件以上)。個人的な見解ですが、ウソM@sに投稿される作品は世界観が深く練り込まれているものが多い気がします。1話のみの投稿ゆえに、設定を綿密に決める方が多いのかもしれません。

 量だけでなく、各作品の質も極めて高いです。このお祭りでデビューされたPも多く、どれもレベルが高い印象でした。第3次ウソM@sデビューP特集だけでも、良い記事が一本書けそうな気がします。

 それにしても、ここ数ヶ月分のニコマスPの創作エネルギーが、一気に解放されたのではないかと思わされる位、素晴らしい充実ぶりです。私はまだ50作品くらいしか見れてませんが、時間をかけて楽しみまくりたいと思います。とにかくどの作品を開いて見ても面白く、このビッグウェーブを楽しまねば損というものです。

 当ブログでも今月いっぱいかけて、出来る限りフォローしていければと思います。




 12月はあまり時間もないので、全部は紹介しきれないと思います。まずは少しづつ自分の見た作品の中から記事にしていきたいです。

【アイドルマスター×銃夢】機械仕掛けのアイドル 第01話
 
二酸化硫黄P

 二酸化硫黄Pの本気を見た。

 名作と名高いコミックス「銃夢」の世界観をベースに、サイボーグ化された体を持つ真と、優れたサイバネティクス技術を持つ律子を中心としたハードSFです。ペープサート・アニメを彷彿とさせる映像作りと、緊迫感のあるアクションにより、一本の映画のような見ごたえある作品に仕上げられています。

 1話で終わるのが本当に惜しまれる作品です。

 
天海春香の消失 プロローグ


そいP

 この作品を見て、そいPの実力はやはりすごいと思った。

 3本立ての作品で、1本目はタイトル通り「天海春香」が皆の記憶から消え去ってしまった世界を描いたお話し。Pの視線の揺れ動きが画面演出に取り入れられており、彼の心情を描き出すのに大きな成果を上げているように感じます。
 2本目は「退屈な世界に愛が響く」最終話の予告映像。3本目はなんとPV界に参戦することを示唆した映像となっています。

 私はそいPがPVPになったらかなりの成功を収めるのではないかと思っているので、最後の映像は吉報そのものでした。応援しています。


【第三次ウソm@s】夢の中で… 最終話


ネガP
 
 努力のアイドル生活を経て、晴れてランクSに上り詰めた雪歩。しかし、仕事の疲れて眠ってしまった雪歩が目を覚ました時、急に今までのことは全て夢だったのではないかと不安になります。慌てて向かった事務所で彼女を待っていたものは?

 765プロオールスターで送られる、心温まるノベマスです。最後の映像が、とても心に残ります。


【第三次】NIGHT HE@D -ナイトヘッド- 1【ウソm@s祭り】


藤花P

 アイマス×ブギーポップ作品で知られる藤花Pの作品。生まれ持った超能力ゆえに、普通の暮らしが出来なくなってしまった千早とやよいの「姉妹」の物語です。森の奥の研究所に連れていかれた彼女たちは、ある人物の死をきっかけに自由を求めて脱走を図ります。脱走が成功するかと思われたその時、急に足を止めてしまうやよい。一体なぜ?

 これから始まるであろう二人の苦難に満ちた逃避行の末に、幸せな日々が訪れることを祈るばかりです。

艦砲射撃! とかち丸

小豆P

 とてもシリアスな作品ばかりを紹介してきたので、本日最後はネタ動画枠よりこちらをセレクト。まるでネタの絨毯爆撃のような密度を持って、視聴者を楽しませてくれる作品です。

 基となっているゲームは公開されているFlashゲームだそうですが、とにかく一回では追いきれないほど畳みまれてくるネタが秀逸。動画につっこんでいるうちに、あっという間に見終わってしまいました。

.04 2010 アイドルマスター comment0 trackback0

如月家のひととき

【Novelsm@ster】千早の家 第8話 星屑涙

おしるP

 人間としての千早の成長を丹念に描いた名シリーズ「千早の家」。その中でも本作は屈指のエピソードとなりました。千早の家族というシビアなテーマを取り扱ったお話しですが、その着地点が実に見事。この8話を見てようやく「千早の家」というタイトルに込められた深い意味に気付いた次第です。千早には本当に幸せになってもらいたいな。

 私がおしるP作品に決定的に惚れ込んだきっかけは、『幸せなあずささんを見たくなった』というコンセプトで造られた「幸せの隣に」を見たためだったのですが、本作からも近いニュアンスを感じます。やっぱり幸せになるアイドルを見るのが、一番好きですね。


【NovelsM@ster】あいおりstoryダッシュ! ~走る! 魔王様~


アイオリアP

 愛ちゃん&伊織という強力な組み合わせでノベマス界に躍り出た、期待の新鋭アイオリアPです。今回から魔王エンジェルまで登場し、いっそう賑やかになりました。内容の方ですが、伊織と愛ちゃんが幼馴染設定→伊織と麗華は公式幼馴染→あれ、じゃあ愛ちゃんと麗華も幼馴染に? →大勝利! という感じのお話しでした。実に、良いです。

【ばかます】おふぃす☆らヴ【のべます】


利休P

 利休Pの恋愛ノベマスはとにかく一筋縄ではいかないストーリーが印象深いですが、本作も結構強烈でした。作中で描かれている恋愛がオフィス・ラヴであることには間違いないのですが、でも絶対それオフィスラブじゃないぞと主人公Pにつっこみたくなる作品です。良質なブラックジョーク的作品という感じでした。


【NovelsM@ster】Crossro@d of Sinners ep1

はにわ氏(アイマスMAD処女作)

 少々長いノベマスですが、本格ミステリ風の重厚な雰囲気が漂う良作です。はにわ氏は本作が処女作とのことですが、かなり実力派かもしれません。登場人物が多い作品なので、人物像を逐一まとめながら視聴された方が良いと思います。

 P名も募集中とのことなので、この機会に良き名前を考えられた方はコメントしてみるというのはいかがでしょうか。

.02 2010 アイドルマスター comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。