総来訪者数が1000人となりました

本日、当ブログへの総来訪者数の合計が1000人となりました。

ご覧くださった全ての皆様に感謝申し上げます。日ごろ見てくださっている方がいらっしゃることは、本当に励みになります。

静かにひっそりと、そして細く長く日記を書き続けていこうと思います。
スポンサーサイト
.31 2009 未分類 comment0 trackback0

貴音的オシャレなオフのすごしかた。

【ニコニコ動画】【ノベマス】貴音の休日【短編】

ハリアーP

サムネを見ていただければわかるとおり、かなりひどい(ほめ言葉)内容なので、キャラいじり系ギャグが苦手な方は回避してください。爆笑できますが。

~あらすじ~
休日をのどかに楽しんでいた貴音。そこで発生した思わぬトラブルに、響、伊織、春香の力を借りようとする。それが彼女の運の尽きとも知らず・・・。


貴音が世間知らずなのを良いことに、やりたい放題の三人娘マジ外道。「不機嫌りっちゃん」以来、急速にはまりつつあるPですが、その面白さはますます磨きがかかっています。この人表情描くのが本気で上手いと思う。
.31 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

時にはウサギの話を

アイドルマスター 『青空のカケラ』 伊織

けるまP

伊織という少女のなんたるかについては、某甲殻類のPあたりに語りをお任せするとして、私は彼女の登場するPVは深い世界観を持っていることが多いと感じます。

本作の場合、主人公は伊織・・・というよりウサギのほうだといってよいかもしれません。なぜなら、このウサギ、「演技する」のです。ウサギをオプションではなく、一人の出演者として配置することで、より大きな「絆」というテーマを描き出すことを実現しています。

けるまPは実写静止画との合成を多用するPとのことですが、こうした切り口の作品を生み出す発想力もかなりのもののようです。

昔に比べればPVもめっきり見る量が減ってしまったけれど、まだまだ素敵な作品と出会える喜びがありますね。
.30 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

「あ」からはじまるヒトコト

【Novelsm@ster】 あ 【短編】

靴下P

ノカデミー賞関連記事で大ポカをやらかしたものの、とりあえず落ち着いてきたので新作をチェックしてきました。

今日の面白かった動画は、この靴下Pの短編。タイトルが非常に短いですが、内容はなかなかに奇抜です。

「あ」というヒトコトをアイドル達に脈絡なく投げかけてみたら、彼女達はどんな反応をするのだろうか?というお話。一種の心理テストみたいなもので、このヒトコトへの反応から彼女達の性格が垣間見えます。

シンプルなお話ですが、アイドルの性格をよく熟知されている様子が伺えます。オチのつけ方もお見事。
.28 2009 アイドルマスター comment2 trackback0

ノカデミー賞移動記事(爾後P・「事後 最終話」)


*当記事について
この記事は、7月26日に投稿した2009年上半期ノカデミー賞の企画記事の一部を基にしています。



事後 最終話


爾後P
爾後Pといえば紳士力爆発の事後 一話が有名かと思いますが、私の考えでこちらを選択。どうも一話は小鳥さんの裸が話題として先行しすぎた感もあるので。むしろこうした作品のほうが爾後Pの本来の作風なのではないかと思います。

一話に比べればインパクトに欠けるかもしれませんが、落ち着いた展開の最終話だからこそ爾後Pの優れた文章の地力が発揮されているように感じます。本作で「ストッキング破りの爾後P」イメージを改めた身として、彼の新作も心待ちにしています。




この記事は2009年上半期ノカデミー賞のシリアス賞に応募するために書いた記事でしたが、いかんせん「シリーズ物は第一話を推薦」のルールに反していたため、こちらの個別記事に移動しました。

爾後Pはやはり一話のインパクトが強く、その時はあらたな紳士系Pの誕生と認識していたのですが、数日後に投稿されたこの最終話をみて考えを改めました。

まあ一話のセルフパロディである

を見て盛大にひっくり返りましたが、


を見て、また興味深く思ったり。

一話も冷静に読むと、かなり真面目な作風なんですよね。小鳥さんの裸体とストッキングの破壊力が強すぎるので、あんまりそういう気がしないのですが。

それはともかくとして、私はやはりこの最終話が気に入っています。今回は残念ながらノカデミー賞への登録は相成りませんでしたが、この人の作品が好きなことだけはお伝え出来たかと思います。

ノカデミー賞記事では本当に失礼なことをしてしまいました。申し訳ない限りです。

今後ともPの活躍を願っております。
.27 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

(緊急)ノカデミー賞の記事に関するお詫び

先日投稿した、2009年上半期ノカデミー賞の記事ですが、爾後Pの


は本企画レギュレーションの

「シリーズ物を選ぶ場合は第一話を推薦」


ルールに反していることに気づきました。

爾後P、立案者のtenten氏と、そして記事をご覧くださった方々には、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ございません。私のレギュの把握が不足していました。

タイトルに大きく「最終話」を書いてある時点で気づくのが普通なのですが、一週間以上も気づかずに記事を推敲していた自分のあまりの鈍感さが情けないかぎりです。


私は、4つある爾後P作品の中では、この最終話をもっとも好んでいます。できれば、処女作のインパクトの影に隠れがちなこの作品をプッシュしたい、そう思って記事を書きました。

重ねてお詫びを申し上げます。

7月27日21:50追記
爾後P作品の記事を個別紹介記事に移動しました。
.27 2009 ノカデミー賞(ノベマス) comment0 trackback0

ノベマス界に新たな風~DS三人娘もついにグラが完成~


【Novelsm@ster DS】 ニセモノ星 【短編】

にわP

なんかにわP投稿ペースが速いような気が。嬉しいので問題なしですけれども。

QYK(急に 歪さんが きたので)ということで、先日歪氏が公開されたDS三人娘のグラフィックが用いられたノベマスが投稿されるようになりました。にわP作品のほかにもいくつかあがっています。愛や絵里のグラもすごい可愛く出来てて、今後のノベマスでの起用が楽しみですね。

まあ今のところ、圧倒的に涼が活躍の予感ですが。

「彼」がアイマス界に与えた影響は大きいですな・・・。
.27 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

2009年上半期ノカデミー賞

『2009年上半期ノカデミー賞』告知CM


ブログ「産業商会」のtenten氏のところで告知されていたノベマス版上半期ベストに参加してみます。レギュレーションなど、詳しい概要はリンク先のtenten氏のブログをご覧ください。

今回紹介した作品は、こちらのマイリスにまとめてあります。


<記事構成>
1シリアス賞
2コメディ賞
3ほのぼの賞
4技術演出賞
5シナリオテキスト賞
6紳士・上級者向け賞
7支援感謝賞
8ノカデミー賞選出にそえて



では参ります。「続きを読む」からどうぞ。





.26 2009 ノカデミー賞(ノベマス) comment2 trackback0

甘いドーナツと現実戦記

【Novelsm@ster】 ドーナッツ・トーク 【短編】

にわP
最近、サムネとタイトルでにわPの特定が余裕になってきました。

やはり、上手い。最初の10秒の文章でがっちりハートをつかまれてしまう。

私は恋愛小説に関してはそれほどの造詣はないけれど、ノベマスP達の中でも際立って大人っぽい話を書く人のように思う。あと、にわPが劇中にお菓子を出してきたら、たいてい傑作になる法則が。甘味の使い方美味しいです。

タグに百合M@sがついてますが、この人の場合ノベマスによく見られる百合とはまったく趣きを異にする気がします。本当に実力のあるPです。




0から始めるアイドルマスター 第7話 「765ダイバー」

アッテムトP
なんとなくエヴァっぽいタイトルの理由は本編を見ていただければ理解できるかと。しかしアッテムトP、練り物苦手だったんかい・・・。

アイドルプロデュースの極意を盗むべく、765プロに潜入した律子たち。そこに待ち受ける765プロの壮絶な実態とはいかに?

いやあ、次回が気になってしょうがない。毎回楽しみなシリーズです。
.25 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

東風谷早苗さんが黄昏新作に参戦

東方非想天則(黄昏フロンティア公式リンク


東方緋想天など、ZUN氏監修の東方ゲーム製作で知られる黄昏フロンティアから新作の発表がなされました。公式のスクリーンショットやtwitterでのZUN氏の発言などから、完全新作というより東方緋想天の番外編的なゲームになる模様です。Project12.3ということは星蓮船の後ですから、体験版キャラなら参戦の可能性はあるかも。地霊殿からも出そうですね。


リンク先を見ていただければわかるように今回は「東風谷早苗」「チルノ」「紅美鈴」がメイン級に抜擢された模様。新規書下ろしの早苗さんが素敵です。しかし、巨大ロボってなんだ早苗さん・・・。ますます常識から離れていってるような。

美鈴も書下ろしですよね?なんか可愛さがUPしてる気がします。チルノは相変わらずセリフが面白い。
.24 2009 東方プロジェクト comment0 trackback0

高校球児たちのアツい夏


【ミラー】荒ぶる高校球児たち


先日、残念ながら縁のある高校が三回戦で敗れたらしいので、これを見て元気出すことにします。




「時は2098年

高野連はある重大な決定を下した。

“ボークの廃止”

高校球児の創造性を尊重するためのその決定が

甲子園を魔境へと変えたっ・・・!!」
大百科記事より抜粋


もうどうしようもなく腹筋を責めさいなまれる動画です。大百科の充実っぷりも笑えますが、やはり動画に書き込まれたコメントと共に楽しむのが一番でしょう。

いやあ、生きのいい高校生達だなあ(遠い目)
.24 2009 ニコニコ動画 comment0 trackback0

昔、ジーンシャフトというアニメがありましてね・・・

【アニメOP・ED】アクエリオンで有名なサテライト作品メドレー


【ジーンシャフト】戦闘系BGM集


ジーンシャフト:TVシリーズ 全13話 (2001年4月5日~6月24日) WOWOWノンスクランブル


先日、カフェPとコメントをやり取りしたときに、唐突にジーンシャフトの話題が出たため懐かしくて記事にしてみました。

今でこそマイナーアニメの一角扱いされているものの、当時はなかなか刺激的と思って見ていた作品です。あまり、この話題が通じる人は少ないのですが。

製作は「地球少女アルジュナ」で注目を集め、後に「創聖のアクエリオン」を世に送り出すサテライト。

監督は「天空のエスカフローネ」で名を馳せた赤根和樹氏。

さらに声優陣も豪華な顔ぶれで、かかずゆみさんや坂本真綾さん、桑島法子さん、櫻井孝宏さんなど、名のある人たちが多数出演しています。個人的には浜田賢二さんを知った作品でもありますね。

極めつけは日本が世界に誇るトップレベルのギタリスト高崎晃氏が音楽をつけているという反則仕様。これで話題にならないことはない・・・はずなのですが、1クールに収まりきるストーリーでなかったせいか、はたまたテーマが難解過ぎたせいか、メジャータイトルになることもなくアニメ史の中に埋没してしまった感があります。

ほぼ毎週誰かしら名前のあるキャラが死ぬという容赦ない展開を突き進めるあたり、ただの美少女アニメではなかったのはすごいと思ってるのですが。

SF設定も相当練られていた様子ですが、いかんせん「レジスタ」だの「イモータル」だの難しい単語を説明なしに連発されたこともあって、世界観の理解にはかなりの時間を要しました。この辺も惜しいところだと思います。





今は書店で入手困難でしょうが、パラレル的位置づけのコミック版「未完兵装ルナシャフト」の方がとっつきやすい気がします。こちらは今でも作者の金子良馬氏&山口恭史氏が設定資料集をWeb公開しているので、興味があればご覧になると良いでしょう。正直、こんなに設定があったのかと驚くくらいです。


.23 2009 TV comment2 trackback0

とりあえずビールP復活!

アイドルマスターネタ25 千早歩道訓

とりあえずビールP

久しぶりに新作が見れて良かったです。

しかし、DSで急所をタッチするゲームとか・・・需要あるのだろうか?ちなみに「松風」とは首と肩の間にある人体急所のひとつですね。首周りの急所は脳が揺さぶられるたり、息が詰まったりするのであんまり食らいたくないです。それでも折られるよりはましですが。

それにしても、このシリーズ、アイドル達の正座姿が美しい。惚れ惚れしてしまいますね。
.23 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

子どもと全力で遊べる大人って素晴らしい

【2ch】 7歳の従弟が頭目となって謀反を起こすので。【コピペ】前編


後編


2ch自体はあまり好きではないけれど、時にこういう面白いのが出てくるので無視できないものです。

この動画は子どもたちと過激(笑)に遊ぶ、素敵な魔王様が登場するおはなし。実際、親戚の子どもの相手とかすると、こんな感じだったりするから困る。流石にここまでやんちゃな子は現代じゃ珍しけれど。

前半だけでも大爆笑できますが、後編もサプライズがあって楽しめることこの上ないです。

こういうふうに子供と同じレベルで遊べる大人って意外にいないものです。子どもと同じ精神レベルに戻れるというのは、実は本当に精神的に成熟した人でないと無理なんではないかと思います。
.22 2009 ニコニコ動画 comment0 trackback0

見える・・・このりっちゃんからは負のオーラが見える!

【ニコニコ動画】【ノベマス】不機嫌りっちゃん【短編】

ハリアーP
寸劇シリーズの人。今回は初の手描きノベマスを投稿なされました。なんというか、普通に絵の力が威力を発揮しています。PCに付箋を貼ったりとか、いかにも仕事してる事務員っぽいリアルな演出をしてます。

とりあえず、雪歩がなにやら可愛そうなことになってますが、もう誰もこのりっちゃんは止められないでしょうね・・・。2:36の律子のインパクトは最凶すぎる。

どこぞの動画で765プロのドラえもんなどとも呼ばれる律子ですが、基本的にアイドルマスターの世界では有能なキャラの筆頭に上がりますよね。しかし、この作品みたいに暴走すると絶対手がつけられん。

なんにせよ、楽しませていただきました。また、手描き作品も見てみたいです。
.21 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

早苗さんと空を翔ける日が来ました(星蓮船Web公開)


seirennsennsamune.jpg


博麗神社神主ことZUN氏のブログで、ようやく東方星蓮船のWeb体験版が公開されました。

さっそく早苗さんでプレイします。

いやあ、公開まで長かった。早苗さんが自機昇格という奇跡のニュース公開からもうだいぶ経ってしまいました。2面ボスの可愛さが話題になったり、3面ボスのスペカが鬼畜と評判だったり、とにかく早くやってみたかった。

私は基本的にゲームが不得意なので、STGは特にダメダメなのですが、体験版くらいはがんばってノーコンクリアしたいと思います。
.21 2009 東方プロジェクト comment0 trackback0

あずさ誕生祭は私のターニングポイント(あずさ誕生祭3)

18日の敷居さんラジオ、面白かったです。続空のカズマさんがゲストということで、待っていた甲斐があったというものです。しかし、優希Pの話題が出たときに掲示板に書き込んだら、もう話題が流れてて泣いた・・・。あ、そういえばRidgerPもいらっしゃってたみたいですね。なんかすごいラジオだったなあ。

あずさ誕生祭作品、思ったよりも数が多くないような・・・。
今回はこちらをピックアップ。

アイドルマスター [Mythmaker] あずさ誕生祭ver

じぇみにP
今回のあずさ誕生祭の中でもひときわ衝撃的だった作品。本当にルーキーなのか、この人。にわかに信じられないです。あるいは・・・。

なんというか、アイドルと画面全体が、ひとつの画として整っている様子が素晴らしい。抜きステージもさることながら、なにより明暗の使い方の練りようが只者じゃないなという印象を受けます。

あれか、これが一昨日のラジオで聴いたところの「高級感」というものなのか。




今年、尊敬しているディープPがいらっしゃらなかったのは、やはり残念だなというのが正直な気持ちではあります。もっとも、私もこの一年間を振り返れば、とてもそんなことを言える資格はないのですが。

私は今の時代だからこそ、ディープPの作品をもう一度見てみたい。度を越えたわがままなのは承知の上ですが、いつか彼がまたこの世界に戻ってきてくれる日を待ち望んでいます。
.20 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

やっべ、肝心なことを言い忘れていたZE!


三浦あずささん

誕生日おめでとうございます!


これを言わなくてどうする。
日付が変わらないうちに気づいてよかった。
.19 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

そうだ、カフェ「梓」に行ってみよう(あずさ誕生祭2)

カフェ「梓」へようこそ 特別編:バースデイ・イブ


カフェ「梓」へようこそ 第13話

カフェP

13話の感想記事を書いては消し書いては消しを繰り返した結果、今日まで全く記事にまとめられなかったため、カフェPには失礼なことをしてしまいました。

あずささん誕生祭にて、カフェ「梓」が久しぶりに開店したため、この機会にまとめてみたいと思います。


さて、最新作バースデイ・イブは、カフェ「梓」の原点回帰とでも言うべき作品。やよいがお姉ちゃん大好きっ娘になっています。あ、それはいつものことか。いつもより二人の絡みは濃いですが。

本当にいつもの通り、ののほん、のんびり、まったりとした優しい作品です。それが変わらない魅力で安心します。





13話のほうですが、こちらはシリーズの区切りにあたる作品で30分近い長さの作品になっています。見ていただくとわかりますが、今までのシリーズ作品とはちょっと違った構成です。あずささんはカフェ梓そのものということを表した良演出だと思います。


カフェ「梓」は、登場人物同士の人情味豊かな交流が魅力ですよね。
だからこそ、こんな喫茶店で一日過ごしたいなあというファンタジーに酔いしれることが出来るのではないでしょうか?

この連休、カフェ梓でゆったりした時間を過ごすのもよさそうです。
.19 2009 アイドルマスター comment2 trackback0

さあ、あずささんの誕生日がやって参りました(あずさ誕生祭1)

09年7月19日、アイドルマスター三浦あずさ誕生祭り特集。


さて、この日がとうとうやってきました。りっちゃんの誕生日はほとんどニコ動を見れませんでしたが、今回は奇跡の3連休。すでに良作が上がっていることもあり、楽しみにしています。

それにしても昨年のあずさ誕生祭から、もう一年経ちましたか・・・。
今年はどんな作品に出会うことが出来るのでしょうか?
.18 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

パチュリーが好きになる動画(東方)

【東方手書き・百合】8月のセレナーデ【歌ってみた】


【東方手書き】坂の途中/スガシカオ【歌ってみた】

blueberry氏

東方手書き動画の作者であり、歌ってみた系の人でもあるblueberry 氏の作品より。歌って描けるマルチな才能の持ち主です。




blueberry 氏というと、


・・・まあ、こちらの系統の動画の方が有名な気がします。以前も、東方手書きコミュの合作動画に出てギリギリなネタを披露しておられました。pixivに投稿されている絵を見ても、やはりこっちのほうの絵が多いようです。

しかしながら、上の二つの動画はそうした要素はほとんど含まれない、万人に薦められる作品になっています。

スガシカオの名曲に載せて、情景豊かに描かれるPV。そして、ぷにぷにして可愛らしいイラストレーションと、男性ながら甘く優しい歌声がその魅力です。最初に聞いた時はCDの音源そのものかと間違えたくらいクオリティが高く、作品を追うごとの上達も見逃せません。

わがままですが、個人的には感動路線の作品も楽しみにしています。
.18 2009 東方プロジェクト comment0 trackback0

邪気眼遊戯・・・じゃなかった(CANAAN)

アニメCANAAN公式HPリンク

2週間ほど遅れてしまいましたが、ようやく録画したTVアニメ「CANAAN」の一話と二話を視聴しました。

第一話「洪色魔都」
第二話「邪気乱遊戯」


このアニメはWiiなどで展開されているゲーム、「428 ~封鎖された渋谷で~」のルートの一部をベースにアニメ化したもので、シナリオ原案を那須きのこ氏、キャラ原案を武内崇氏の「竹箒」コンビが担当しているという話題の作品です。

原作のゲームをやっていないせいもあるかも知れませんが、ちょっとストーリーがわかりにくいです。まあ、上海の町を美しいヒロインたちが駆け回るというだけでも、十分見ごたえがあるのですが。



カナンSS1話カナン
カナン(CV沢城みゆき)。
主人公。意外におちゃめな性格でした。いかにも武内キャラらしい造形です。背中が美しい。口にくわえているのは何だろう?お菓子?

カナンSS1話マリア
大沢マリア(CV南條愛乃)
どうやら原作ゲームでも重要な役回りだった様子。最近明るくて無邪気な女性キャラに惹かれるのはなぜなのだろうか。マリアの表情を見るだけでも、CANAANの視聴が楽しみ。

カナンみのさん
みのさんこと御法川実(CV浜田賢二)
CANAANを見るきっかけは浜田さんが出演していたから。「ジーンシャフト」のマリオ=ムジカノーバ、「GUNGRAVE」のハリー=マクドゥエルなど、印象的な演技をされる声優さんです。

とりあえず、味方っぽい人たち。二話のタクシー運転手の人も良い味だったのですが、絶対レギュラーじゃないですよね・・・。しかもCV中田譲治さんとか豪華だなあ。

視聴前はかなりシリアスなものを想像していたのですが、意外にもコメディタッチな描写が多く、画面作りもアクション映画のパロディ的です。そのため、いかにも「娯楽アクション映画」っぽい雰囲気に仕上がっています。カーチェイスやガンアクションも週一のアニメとしてはかなり高水準なのではないでしょうか。


「428 ~封鎖された渋谷で~」もやってみたいと思うのですが、肝心の対応ゲーム機を持ってないので残念です。




ちなみに同原作のノベマスも以前投稿されていますね。
【アイドルマスター】765~封鎖された渋谷で~

哀川翔P・しかばねP
こっちみて予習するか・・・。
.17 2009 TV comment0 trackback0

ニコマス今昔物語

底辺P祭り2009 ~ヒトコトm@ster再び~ 開催告知CM


なんとも懐かしい祭りの復活を聞いてしまった。

あの熱い時代の興奮が、またよみがえるだろうか。
.16 2009 アイドルマスター comment2 trackback0

ヴァンプリのラスボスが、たかはし智秋さんだった

最近はアイマスとヴァンプリを交互に記事にしている気がする。

ヴァンプリは基本的にネット声優さん達が声を当てていますが、唯一ラスボスだけは格闘ツクール付属のボイスが当てられています。そのボイスの担当がチアキングこと、たかはし智秋さんであったことがわかりました。アイマスでは三浦あずささんを担当している方ですね。

使用キャラの一人、リリスが伊織に似ているという話もありますが、意外なアイマスとの共通項があるものです。

リリスコンボ集ver1.01

伊織に似ているとの評判。小さい外見に似合わぬパワフルな投げキャラ。


ヴァンガードプリンセス 対戦動画0711の1

忘れがちなサポートキャラの使い方の参考にしています。特にプロキシガードは今まで全然成功しなかったのですが、この動画を見てようやく使い方のイメージが出来るようになりました。

もっとも、私はいまだにガチャプレイから脱却できていないのですが。


フリー格闘ゲーム「ヴァンガードプリンセス」実況プレイ

宮川リョウタ氏
とっても嬉しそうにゲームをしている様子が好印象。こういうのはやっぱり楽しまないとね。

私も大概ゲームが不得意なのですが、やるのは好きです。格ゲーは上手でないとプレイヤーとして認められないみたいな意見を聞いたことがありますが、下手でも何でも楽しく遊ぶのが一番良いと思うのです。
遊んでいて楽しい、それがゲームの本来あるべき姿なのではないかと思います。



余談。あやねルートはガチ百合だと思う。
.15 2009 ヴァンプリ comment0 trackback0

太も☆MAD、だと・・・

太ももももも!!

ペデューサーP

【太も☆mad】 小鳥さんと夜の事務所で太ももスリスリスリスリスリスリ

陽一P

太も☆MAD支援 FSS!FSS!

レオハルトP

新たなる祭りの予感。全力で支援するしかない。

この業界、ノリのいい人たちが多いから、うっかり発言すると包囲網が出来てしまって困る。
.14 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

ヴァンプリをDxRec2で録画する方法

ヴァンガードプリンセス
はるかVSサキ88(バーティカル・レイ)
はるか姉さま神々しすぎる。


先日も記事にしたヴァンプリですが、いい感じで忽那はるか姉さまにはまっています。バーティカル・レイ(421AorBorC)の近・中・遠距離の撃ち分けがとっさに出来ませんが、アクションが可愛すぎてたまりません。

姉さまの動きを録画して鑑賞中ですが、ヒトコマずつ送ってみるとキャラとエフェクトの書き込みの精密さが尋常でないことがわかります。これ、本当に無料で遊んでよいのかな・・・なんか申し訳なくなってくる。


さて、私はPCゲーム映像の録画にはDxRec2というソフトの試用版を使っています。理由としてはVistaでも動くということと、うちのPCの録音機能の問題、動作性、画質などの面からこれを選択しています。

ヴァンプリの場合、ウインドウモードだとDxRec2のターゲットに認識されず、録画が出来ないという問題がありましたが、これはフルスクリーンにすると認識してもらえる様子。ほかの録画ソフトでも似たような現象が起こるかもしれないので、録画が出来ない場合はフルスクリーンに切り替えて試してみてください。デフォルトだとF4キーで変えられます。

録画したら、ぜひコマ送りにしてスゲノ氏の書き込みのすごさを鑑賞されるとよいでしょう。私のようにお気に入りキャラのモーションを徹底的に追いかけても幸せな気分になれます。
.13 2009 ヴァンプリ comment0 trackback0

そのとき、新たな境地が拓けた!(アイマスDS)

あんまりにも部屋が暑いので、せめて自分のブログだけでも清々しくしようとデザインを変えてみました。私の部屋にはエアコンもないんですよ・・・。しっくりいかなければまた戻しますが。



さて、「問題」のこちら

【ニコニコ動画】ディアリーステーション第1回(1/4)

ええ、予想されていたことではありましたが、まさか本当だったとは。どうやら新たな境地を開拓してしまった人々もおられる様子。ある意味アイドルマスター史上最大級の衝撃かもしれません。RidgerPも新作を発表なされましたし、7月の第2週は何かとアイマスに衝撃が走るジンクスがあるらしい。







ゆき☆P大予言ですね。
.12 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

ヴァンガードプリンセスはじめました。


スゲノトモアキ氏製作

現在、ネット上で話題急騰中のフリー同人格闘ゲーム「ヴァンガードプリンセス」をはじめてみました。

まずは上の公式デモプレイをご覧ください。
このゲームが話題となっている理由のひとつとして、これだけのクオリティの作品をスゲノトモアキ氏ほぼ一人で、3年間かけて作り上げたということがあります。
もちろんダウンロードはフリーで、無料で遊ぶことができます。すごい時代です。

ゲームの完成度ですが、さすがに商業作品に比べれば多少手が行き届いていない面はあります。しかし、システム面やグラフィック、ドット絵の動きの滑らかさなどは感動的で、格闘ゲームとして完成度が非常に高いことは疑いありません。細かなバランスやユーザーの不満点などは今後のバージョンアップで改善されていくでしょう。6月30日の公開以降、ネット対戦の整備や攻略Wikiの製作が有志の手で実現しています。



キャラクターのほうですが・・・なんだかドット絵がやたら大きいなと思ったところ、どうやら「揺れる」のと「見える」のを重視しているようです。「揺れる」と「見える」の主語が何なのかは御察しください。そこいらの美少女ゲームが裸足で逃げ出すほど細かいところまで作りこまれています。



管理人一押しのキャラはこちらのお姉さん

2009y07m10d_224218853.jpg

忽那(くつな)はるか
リボンの人もそうでしたが、私は「はるか」という名前に補正が入るらしい。主人公の姉。職業、魔法少・・・女?いえ、お姉さんキャラなら大好きですので無問題。

攻撃のリーチが長い飛び道具キャラ。癖があるものの、慣れれば楽しく迎撃プレイができます。
あとダッシュ回し蹴りのときの「らら~ん♪」が理性を崩壊させる可愛さ。必殺技の爽快感がもっと高ければ血糖値がさらに上がったのですが、そこは今後の展開に期待ということで。ちなみに(動画サムネの左が忽那はるか嬢)


ストーリーも他キャラに比べてシリアスですし、人気が出てほしいところであります。




本作「ヴァンガードプリンセス」ですが、VECTORもしくは、ふりーむ!からダウンロード可能です。近日中にバージョンアップがあるらしく、VECTORでは一時公開が停止している模様です。スゲノトモアキ氏のブログ経由で更新が確認できるので、そちらで情報を得ていただければ良いと思います。


スゲノ氏ブログへのリンク↓
ヴァンプリバナー



最後に一言。製作者のスゲノトモアキ様、すばらしい作品をありがとうございます。
.11 2009 ヴァンプリ comment0 trackback0

ニコマス武術部

アイドルマスターネタ24 千早和音剣

とりあえずビールP

最近は新作にお目にかかれていませんが、とりあえずビールPといえば、この千早武士道シリーズで有名だと思います。

その作風から明らかに古武道、おそらくは鹿島新当流について知識をもたれているPだと思います。理由といっても、13話の千早&真の鑓留めの動きが鹿島新当流の動きに近いことだとか、稽古風景の木刀を霞に立てて使っている様子などからの連想にすぎないのですが。24話だと「剣術→柔術」につなげる鹿島神流などで見られる使い方をマニアックに描いていますし、Pご自身がなんらかの武道をやってらっしゃる可能性は高いです。

アイマスDOGA(15)菊地真さん剣客姿披露

国綱P

神道流の形を再現した映像などで有名な国綱P。一応、国綱Pご自身は香取神道流門下ではないそうですが、大竹先生の映像をよく作品に取り入れてらっしゃると思います。真かっこよすぎ。

まこゆきの中国武術入門 第六回

ふみP

中国武術の修行者、ふみPの作品です。以前も紹介しましたが、実体験も含めて初心者にも入りやすい教養講座になっています。

そのほかにニコマス関連ですと、「花見川@ニコニコ部」などでのアイマス動画紹介で知られるch1248氏も合気道を長く修行されている方だそうで、彼のはてなブックマークの武道動画は非常に面白いものがそろっています。

あまりニコマス界隈で武道の話が出ることは稀ですが、剣道や柔道の経験のあるPは結構いらっしゃるのではないでしょうか。なんとなく、そんなことを思った次第。
.10 2009 アイドルマスター comment0 trackback0

誰がために咲く花か(にわP作品)

【Novelsm@ster】 この手で手折る 【短編】

にわP

にわP作品を知ったのは5mium@sからなのですが、この人の創る物語は非常に大人っぽくて、ノベマスの中では独自のポジションを得ている気がします。物語はシンプルではありますが、情景造りの巧みさと、細かな言い回しへの配慮から見て、かなりの実力派Pであることは間違いないはずです。


いや、なんで貴方の雪歩はこんなに可愛いんですか?と思わず質問攻めしたくなるような魅力あふれる描写にまずは感服。雪歩の、というよりアイドル達の魅力の引き出し方のメソッドを豊富に持っているのかもしれません。雪歩の唇つんつんとか理性を保てませんね、はい駄目な大人ですみません。


美しい花は野に咲いている限り、万人がその魅力に触れることが出来ます。でも、もしその花を誰かが手折って、持っていってしまったら? その花は、一人だけが独占してしまうことになりますね。

まさに今、アイドルとして大輪の花を咲かそうとしている雪歩の笑顔を、「誰か」が独り占めしても良いのだろうか。決断すべき日の足音が近づくのを聴きながら、それでもいつもどおり過ぎていく日々の甘酸っぱい空気を描いた、傑作短編だと思います。





雪歩が好きな人ならば、身もだえするほど彼女が愛らしく描かれているので、まず無条件にお勧めできます。また、ノベマスファンにとっても、彼のお洒落な作品は魅力的に映るのではと思います。






.07 2009 アイドルマスター comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(641)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者