【ミリオン3rd・名古屋公演感想】 尾張名古屋と夢の時間

 ミリオン3rdライブの初日、名古屋公演が大盛況の内に終了しました。キャストの皆様、現地・LVで参加されたPの皆様、お疲れ様でした。

ミリオン3rdライブロゴ

 さて、今回のライブ、私はライブビューイングでの参加となりましたが、現地に行けなかった悔しさを払拭して有り余るくらい、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。私の一番好きな徳川まつり役:諏訪彩花さんが出演しているから、というのは無論あると思いますが、何よりライブ参加への期待が極めて高かったことも幸いしてか、歴代のライブ体験の中でトップクラスの満足度だったように思います。


 まず今回の名古屋公演を見ていて、非常に強く感じたのが、ライブ会場の盛り上がりと一体感が、過去の1st、2ndライブと比較しても格段に素晴らしかったということです。たまたま私の参加したLV会場が、物すごく雰囲気の良い会場だったので、そのバイアスもかかっているかもしれませんが、映像越しに現地会場の盛り上がりが、地響きのように伝わってきたのが、今回最大の印象でした。

 これは会場のPのモチベーションの高さにプラスして、キャストの方による、フロアの雰囲気作りが上手だったからということがあるかと思います。

 ライブ開始直後、ソロ曲のトップバッターだった諏訪彩花さんですが、かなり緊張した面持ちをされていました。実際のところ、3rdライブの最初の公演ということで、キャストの方達も相当に緊張されていたことと思います。
 ただ、今回のリーダーである伊吹翼役:Machicoさんと、矢吹可奈役:木戸伊吹さんの明るいMC、そしてキャストの皆さんのパフォーマンスが、自然と会場を良い雰囲気に染め上げる方向に発揮されて、序盤以降はキャストの方の緊張もかなりほどけていたように感じられました。公演の後半に、春日未来役:山崎はるかさんや、ジュリア役:愛美さん、所恵美役:藤井ゆきよさんらが見せてくれたリラックスした笑顔が、そのことを雄弁に物語っているのではないでしょうか。

 こういう「会場の雰囲気づくり」という力は、あまり数字や形に現れにくいものではあるのですが、フロアの一体感が形成されるほど、キャストも観客も、どちらもやりやすくなるはずなので、ライブの成功を左右する重要な要素となりえるだろうと思います。
 やはり、これまでの1st、2ndライブ、そして月ごとのリリースイベントなどで積み重ねられてきたライブパフォーマンスの経験値が、非常に良い形で継承されたのが今回の3rdライブだったのではないかと、私は感じます。

***

 キャストの活躍と言えば、大神環役:稲川英里さんは、今回のメンバーの中でもとりわけ存在感のある方でした。ナンバリングライブへの出演は今回が初のはずですが、それを感じさせない堂々たるパフォーマンスで、完全に環が乗り移っているかのようでした。

 馬場このみ役:高橋未奈美さんも、その歌唱力の高さを存分に発揮されていて、諏訪さんとの「decided」デュオも期待以上の美しさに感じられました。

 冒頭のMCで感極まりそうになっていた宮尾美也役:桐谷蝶々さんですが、以降は完全に持ち直し、初恋バタフライでの印象的な世界観をよく表現されておられました。逆に最後のMCのほうで感極まった周防桃子役:渡部恵子さんは、オーバーマスターのカバー等で桃子のイメージを大きく広げるようなパフォーマンスにも挑まれていて、本当に良いものを見せていただくことが出来たと思っています。

 総じて、キャスト陣の明るく前向きな個性が、とても良い形で現れたライブといえるのではないでしょうか。メンバーの人選も、今にして思うとベストといえるのではないかと。

***

 今回の名古屋公演、3rdライブの先駆けとして、これ以上を望めないほどのスタートを切ることが出来たと言って良いでしょう。
 ライブで発揮された、上質な会場の盛り上がりが、来週以降のツアー会場にも継承されていって欲しいと切に願います。
 
 この夢の時間が、まだまだ始まったばかりであることを、何よりも嬉しく思います。

 

スポンサーサイト
.31 2016 アイマスライブ comment0 trackback0

(取り急ぎ) リリイベから帰宅しました

 12月20日に開催された、ミリオンライブLTD03発売記念イベント(夜公演)から帰宅しました。

 帰りの道中に、メモ帳にレポ記事の原稿を書きこんでいたのですが、家に着いたら尋常じゃない眠気に襲われたので、今日は簡単な報告のみにしておきたいと思います。

 端的に言って、ミリオン3rdライブの前哨戦というべき、密度の濃いイベントとなり、大変素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。詳細などはまた後日このブログに記録しておきたいと思います。

 とりあえず、私はもう寝ます…… イベントに参加された皆様、お疲れ様でした。

 
.21 2015 アイマスライブ comment0 trackback0

ミリオンライブ・ハッピーパフォーマンス 記念雑感(ライブ1日目編)

 ミリオンの1st単独ライブにご参加の皆様、お疲れ様でした。

IMG_1536.jpg

 ものすごく残念なことにパンフレットが売り切れで手に入らなかったので、特典のプレイボタンのほうを写しました。
 まだまだ興奮冷めやらぬ心持ちではありますが、殴り書き程度でも今回の感想を書き留めておこうかと。
 正直、私も今回はだいぶポカをやらかしてしまったので、その反省も忘れないうちにしたためておきます。

* * *
1日目 都内某所ライブビューイング
※初日開演直後にて
2014y06m08d_232306809.jpg

 今回のライブの最大の反省点というか、もっとも悔しかったのは、初日のライブまっただ中で私が体調を崩してしまったことでした。ここ最近、日付が変わるまで仕事を続ける日常になっていて疲労が蓄積していたことが原因かと思うのですが、ライブ当日も参加ギリギリまで残務処理をしていて、体調が万全でないまま参加してしまったのは、本当に駄目だったと反省しています。
 
 初日は開演直後あたりから耐え難い腹痛に見舞われてしまい、途中2回ほど中抜けせざるを得なくなりました。曲をいくつか聞き逃してしまったことも残念ではありますが、それよりも隣席の他のプロデューサーさん達にはかなり迷惑をかけてしまったことは、本当に申し訳なく思います。

 ただそれでも「お大事に」と声をかけてくださった隣席の方たちの言葉は本当にありがたかったですし、また曲の合間に離席させていただいたとき、隣席の列の方がサイリウムで暗い映画館の足元をスッと照らしてくださった、ということがあり、そのさりげない気遣いに感動しました。
 
 ライブ後半あたりから体調もどったので復帰できましたが、やっぱり体調を万全にしてライブに望むのもファンの義務かもしれぬ、というのは強く感じました。

 そんなことがあったので、あまり初日の記憶が残っていないのですが、それでも実に良いライブであったことは間違いないでしょう。


 今回のライブ初日は「ころあず」こと、田所あずささん(最上静香役)が喉を傷めたため欠席ということでアナウンスがありました。私も先週のホリプロのライブ配信を見ていたとき、ころあずがしゃべるのも辛そうにしてたので、無理はしないでほしいと思っていたのですが、やはり大事をとるということになったようです。
 ミリオンスターズの中でも、とりわけ歌唱パフォーマンスに定評のあるころあずが欠席ということで、正直残念と思ったのは事実ですが、この件に関しては2日目に驚きの展開がありましたね。

 初日のメンバーのパフォーマンスで特に印象的だったのは、愛美さん(ジュリア役)のステージでしょうか。SSAの時に話題になった通り、ソロ曲の時は生ギター演奏を披露。そして山崎はるかさん(春日未来役)と一緒に登壇したrelationsのステージは圧巻でしたね。歌が半端なく上手いというのもありますし、それ以上にダンスの美しさとセクシーさが光っていました。撮影チームが下から攻め上げるような変態的カメラワーク(褒め言葉)で、愛美さんのガーターベルトを狙おうとする情熱には敬意すら覚えます。
(この撮影チームは麻倉ももさん(もちょだよ~(o・∇・o)の人)にも2日間にわたって際どいアングルで迫ろうとするあたり、訓練の行き届いた変態職人集団(最上級の褒め言葉)であると確信しています)

 もちろん他の出演者の方たちのステージもそれは見事なものでした。本当はひとりひとりのステージの雑感も書いていきたいのですが、腹痛のため記憶が飛び飛びなこともあり、書ききれないのでご容赦ください。

 今回のライブで出演者の皆さんが見せてくれた笑顔とパフォーマンスが、体調崩した私には大きな励みとなりました。山崎はるかさんのステージ上の姿に、春日未来の姿がダブって見える瞬間があったのは、私の意識が薄れかけていたからという理由だけではないと思います。
 初日に出演された方々と、スタッフの皆さんには、ここで感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

* * *

 さて、初日のライブを終えて感じたのは、シンデレラガールズに対してミリオンライブは明確に違う方向性を示してきたのかなということでした。あくまで独立国家路線を固めつつあるシンデレラに対し、ミリオンは765プロダクションの次世代・後継という路線で行くことを、はっきり打ち出してきたように感じます。
 シンデレラの1stライブがシンデレラ城をモチーフに、夢と希望とネズミの国・舞浜で行われたのに対し、ミリオンの1stライブがアケマスの原点・中野で行われたのは、そういった方向性を示しているように思いました。
 さらにシンデレラの時にはなかった765プロ楽曲をカバーする企画もあり、その点でも「我らミリオンライブは765の後継なり!」というスタンスを強く感じましたね。

* * *

 2日目の感想も今日の内に書こうかとも思ったのですが、あまり遅くまで起きていて無理をしてはまたまずいことになりそうなので、続きはまた次の機会に。
 初日の感想はこんなところで締めたいと思います。
 
 終わりだよ~(もちょ風)

 

.09 2014 アイマスライブ comment0 trackback0

シンデレラガールズ1stライブビューイング:2日目千秋楽

 昨日は万全の体調の元、シンデレラガールズの1stライブ最終日を楽しんできました。
 ライブビューイングでの参加でしたが、非常に素晴らしい瞬間に立ち会えたこと、光栄に思います。

あいうえおP、ランプキンP、ATPのデレマスライブ感想生!


 昨日はこれを聞きながら眠りに落ちました。やっぱり、これだけのライブを見せられると、誰かと感想を共有してからでなければ眠れませんでしたね。
 出演キャストの皆様、スタッフの皆様。そして本会場である舞浜アンフィシアターに参陣された方々、全国のライブビューイングで応援された方々、2日間お疲れ様でした。

IMG_1352.jpg


* * *


 さて、2日間のライブでしたが、千秋楽となる昨日は初日以上に楽しむことが出来ました。土曜日は人生初のアイマスライブということもあって、熱烈に盛り上がるLV会場のノリを様子見しつつ、ずっと映画館の椅子に座って応援しているだけでしたが、この日は少しだけコールにも参加してみたり、立ち上がっての応援もやってみたりと、会場の雰囲気に順応できたのが大きかったですね。

 キャストの皆さんも初日・2日目昼の公演を経て緊張がほぐれたのか、非常にのびのびとしていたように思います。そして思いの詰まった千秋楽だけあって、後半は涙涙のMCになっていったのも、この日の公演ならではの光景でした。

* * *

 私が「アイマスライブ初参加」であることを前に記事でも書きましたが、今回行ってみてアイドルマスターが何故これだけ長い間支持され続けてきたのか、今まで自分に見えていなかった秘密の一端に触れることが出来たと感じています。
 アイドルマスターはゲームを出発点として、ホビー、コミックス、小説、ドラマCD、アニメ、映画、ソーシャルゲームなどといった領域に次々と展開していった作品であり、また二次創作の世界においても稀有なパターンの広まり方をした作品であると思います。

 ただ当たり前の話ですが、これらの作品群はあくまでも「虚構」の物語の世界であって、虚構を虚構として楽しむ中に、我々が感動を味わうものです。ゲームのアイドルたちはあくまで電子媒体上に構築されたデータですし、私が愛してやまないNovelsM@sterにしても創作された「お話し」なわけで、身も蓋もないことを言えば「こういうアイドル達は現実には存在はしていないよね」という事実を前提としたうえで、楽しむものだと思います(※逆にアイマス系のラジオは媒体の特性上、かなり現実寄りのエンターテイメントだと思いますが)。


 しかし、このアイマスのライブというのだけは少し様子が違っていて、虚構の世界の産物である「アイドルマスター」と、現実の声優さんたちのパフォーマンスが交錯する、言うなれば「虚構」と「現実」が触れ合う境界線上に生まれるダイナミズムを楽しむエンターテイメントである、と感じました。こういった楽しみ方は、他の媒体では味わうことのできない「今、この瞬間に生み出される先の読めない感動」、あるいは「キャストと観客が、同じ時間と空間を共有する感動」を持っているわけで、これこそライブ独特のポイントであると思います。


 なんというか舞台裏の話を聞けば聞くほど、不思議なほどにアイドルのキャラクターと、現実の声優さんの人生がリンクしてきているんですよね。
 だから、たとえば今回の五十嵐裕美さん(双葉杏 役)や松嵜麗さん(諸星きらり 役)のMCにあったように、いろいろ辛いことや不安なことが多かったけれども、アイマスの役を通じて今までにない世界に立つことが出来たんだ、という言葉に、虚構ではない、本当の人生のドラマの存在を感じてしまって、それがまた大きな感動を呼ぶのではないでしょうか。
 「アイマスは人生」という標語がありますが、実際にアイマスを仕事にして人生観が変わってしまった声優さんたちって、結構いるんじゃないかと思います。
(→こんなのもどうぞ:4gamer.net「二人二色の声優人生。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の双葉 杏,諸星きらりなどで活躍する声優,五十嵐裕美さんと松嵜 麗さんにインタビュー」
 

 ことに今回の「WONDERFUL M@GIC」は、シンデレラガールズ勢の初の単独ライブということもあり、非常に初々しいものがありましたし、この先の展開への期待をつなげてくれる、希望にあふれた公演となっていました。おそらく今は円熟したパフォーマンスを披露されているであろう765アイドル担当声優さんたちのライブも素晴らしいに違いないと思いますが、今回のシンデレラ勢のような初期ならではのライブを見ることが出来たのは、非常に良かったと思っています。

 私も決心してこのタイミングからライブに途中参戦できたのは、むしろ幸運だったと思いますね。

* * *

 2日目の感想は長くなりそうなのでここまでにしておきたいと思います。
 あと、時間があればキャストさん個人個人へのコメントも書いておきたいですね。
 

 


.07 2014 アイマスライブ comment0 trackback0

シンデレラガールズ1stライブビューイング:初日を終えて

 先ほどライブビューイングから帰ってきたので、取り急ぎご報告を。
 仕事が長引いて、危うく行けなくなるところでしたが、何とか開演2分前に到着出来ました。

IMG_1350.jpg

 私もアイマスに出会ってから早7年が経過しますが、実はアイマスのライブやイベントには今まで一度も行ったことがなく、今回のライブビューイングが実質初のアイマス関連イベント参加ということになります。アイマスに限らず、そもそもこういったゲームやアニメのイベント事に参加してみよう、という発想自体がなかったので、アイマスのライブも興味はあったのですが、どこかで自分とは遠い世界の話……のイメージを持っていたように思います。

 ただ、こないだの埼玉スーパーアリーナライブが随分良かったという話を聞いていて、やっぱりアイマスに関わる以上、一度はこの目でライブの様子を見ておきたいなということで、初参加してみることにしました。
 とはいえ、まさか本家765プロのライブより先に、シンデレラガールズのライブのほうを見に行くことになるとは思ってもいませんでしたが……

* * *

 今回のライブ(といっても映画館でのビューイングですが)に行ってみようと思ったきっかけはいくつかあって、その一つが初日に上坂すみれさんが、2日目に早見沙織さんが出演されるということでした。
 上坂さんは個人的にとても応援したい声優さんでして、今日のライブでも上坂さんの歌唱パートは実に見事でした。正直CDで聞いたときよりも、ライブのほうが良かったと感じるほどです。明日の早見さんも、歌唱力には定評のある方なので、とてもとても楽しみですね。

 もちろん、この二人だけが楽しみというわけではなくて、例えば私のお気に入りの「Twilight Sky」なども、青木瑠璃子さんのパフォーマンスは想像以上に素晴らしいものでしたし、個人的に一番印象的だったのは、ミステリアスな雰囲気が光った白坂小梅役の桜咲千依さんのステージだったりと、 新たな発見も多いライブでした。
 
 あ、それと原紗友里さんの外側にピンと跳ねた髪型がすっごく可愛いかったですね! (あのFF8のセルフィっぽい髪型)

 ええとそれから何時でも営業熱心な千川ちひ(ry

 ……
 ……
 ……

 なんかライブでよかったところを書き出していくだけでも際限がなくなっていくことに気付いたので、今日はここまでにしますが、本当に見どころ満載の、充実した時間を過ごせたことに感謝です。

* * *

 今日唯一にして最大に残念だったのは、隣の席に座られた方が、なんというかあまり身なりが清潔でない方だったというか……要するに匂いがちょっときつい方がおられて、それもあったせいかライブの前半ごろから体調を崩してしまい、あんまり集中できなかったというのが、本当に悔やまれます。

 明日も私はライブビューイングで参加するので、なんとかそれまでには調子を戻しておきたいところなのですが。

* * *

IMG_1351.jpg

 薄れゆくサイリウムの光の残滓に、ライブの余韻を味わいながら、今日はゆっくり休むとします。
 明日のライブも、どうか素敵なものでありますように。
 

 
.05 2014 アイマスライブ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

NP

Author:NP
 NovelsM@sterの紹介をメインに活動している「NP」と申します。動画サイトでは「ニコラスP(NicholasP)」名義を用いています。

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(14)
  • はじめに(2)
  • NP氏の本棚ポータル(1)
  • アイドルマスター(639)
  • アイマスライブ(5)
  • 武道(45)
  • ニコラスP(19)
  • 徳川まつり(24)
  • ニコニコ動画(32)
  • 日常の徒然(15)
  • ファルコム(4)
  • 社会(9)
  • TV(16)
  • コミックス(1)
  • 東方プロジェクト(15)
  • 声優(5)
  • 本(2)
  • 音楽(9)
  • ゲーム(4)
  • ヴァンプリ(3)
  • 艦隊これくしょん(1)
  • イラスト紹介(0)
  • RWBY(2)
  • 月別動画蔵出し(5)
  • ノカデミー賞(ノベマス)(2)
  • ノベマス特集企画(5)
  • ニコマス20選(15)
  • ノベマス・過去作ふりかえり紹介(2)
  • novem@s exchange!(2)

来訪者